JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAI COMMUTER JABODETABEKの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

しばらく足の遠のいていた食堂車に行ってみました11月10日、KAI列車内での料飲事業を独占的に営業するKAI子会社、日本レストランエンタプライズ PT.Reskaが、車内レストラン営業にて、冷凍食品化前の従来メニューの一部復活を発表しました。その名も、「Reborn the Regend」
『旅行者に朗報?レスカ、非冷凍品の販売再開(11月中頃~)』の画像

先週末のゲート前東急が車輪削正のため?蔵の中に入っています。8618Fでしょうか??ARSの第一編成はもうこの位置のまま動きませんね。そして、一番右奥には205っぽい影が確認でき、H24,25の全検が順調に進んでいるものと思われます。
『週刊マンガライレポートVol.248』の画像

先週末のゲート前特に変化はありません。10月分全検入場中のH24,25も確認出来ず。大きな動きもない1週間でしたので、これまでの取りこぼしを回収しましょう。では、さっそく先週の動きをどうぞ。
『週刊マンガライレポートVol.247』の画像

先々週末の高架下E103系、パクアン急行共々バタバタしておりまして、更新が遅れまして申し訳ございません。10月23日~29日分のマンガライレポートです。ホームからではゲート内部は全く見えませんでしたので、高架化工事の状況でも。1階ホームを暫定的に空港線発着用に使う気
『週刊マンガライレポートVol.246』の画像

だそうですよ・・・当サイトでは先日、サイドバーにて、高速道路料金の支払い方法について、お知らせを出しておりますが、本日付けじゃか新1面が報じるところによると、予定通り11月1日より、原則的に全料金所での現金払いが停止となり、銀行発券の電子マネーカードを所持し
『【注意喚起】高速道路料金所での電子マネー払い義務化(11月1日)』の画像

またも脱線Foto:Mas Akashiro10月30日11時9分頃、Bogor発環状線経由Jatinegara行き1748列車がJatinegara入線直前、205系ハエ7編成3号車、前から6両目、サハ204‐38の両台車が、ダブルスリップ上で脱線しました(ハエ7編成は10月23日以降、車輪削正のためMM'256を欠車し、暫定
『ハエ7編成脱線(10月30日)』の画像

先週末のゲート前ハエ28、クハ204-107がようやく姿を現しました。Atacs絡みで、最後まで1本埼京線に残っていたハエ28ですが、昨年11月に長野配給。富士急譲渡の報の後、音沙汰なかったわけですが、帯を剝がされた裸の状態で姿を現しました。前例からゆくと、裸の状態で再度
『週刊マンガライレポートVol.245』の画像

日中の北本線をひた走る撮影:Rudy様10月23日終電後、BalaiyasaManggaraiで保管されていたオランダ時代の生き残り車両、Djoko Kendilが観光列車に転用するため、Manggarai~Solo Balapan間で回送されました。こちらのページでもDjoko Kendilの最近の動きをお伝えしており、度
『Djoko Kendil ソロヘ(10月23日)』の画像

このところ運用を外れている5809Fと、当日予備の6133F、日中留置の6121F撮影:Pascal様9月末の鉄道週間からの流れなのか、このところ現地鉄ヲタコミュニティの電車区見学が相次いでおり、いつもお世話になっておりますPascal様から画像を頂きましたので、橋の下からのレポート
『(不定期更新)月刊デポック通信(10月分)』の画像

先週末のゲート前定位置のARS系の隣にはハエ24編成と思しき車両が姿を現しています。近いうちに出場でしょうか。なお、Manggarai駅の高架化工事の進捗で、いよいよ高架橋が姿を現していますが、この高架下へのレール敷設が始まっています。完成後は二層式ホームになりますが
『週刊マンガライレポートVol.244』の画像

先週末のゲート前毎度、更新が遅れましてすみません。新人再教育係になってしまい、なかなか時間が取れません・・・。閑話休題、先週末のゲート前です。時期的にこちらのハエ24も、Depokのハエ12もまだ動きは出てきません。が、先出し情になってしまいますが、今週に入り、H9
『週刊マンガライレポートVol.243』の画像

綺麗に整備されたCikarang駅前ロータリーと近代的な駅舎10月8日、ブカシ線Bekasi〜Cikarang間がいよいよ電化開業しました。同区間にはBekasiTimur,Tambun,Cibitungが設置され、新設駅のBekasiTimur,Cibitungは島式1面2線の橋上駅です。Tambunは旧来のインドネシア式の2面4線
『ブカシ〜チカラン間 電化開業(10月8日)』の画像

見たくないマーク、そして見たくない大臣が・・・撮影:Farouq Adhari様翌日に控えたCikarang電化開業を前に、新設駅であるBekasiTimur駅にて開業記念式典が実施されました。RangkasBitung電化開業はKAI/KCJによる自前の整備でしたが、今回は円借款案件ということで、こういう
『Bekasi線Cikarang電化開業記念式典(10月7日)』の画像

再び5000系がこの位置で複線ドリフト撮影:Farouq Adhari様バックデート記事で大変恐縮です。既報のとおり10月3日7:40頃、Bogor発Angke行き1507列車がManggarai発車後最後尾車両後方台車が中央線下り線にはみ出る形で複線ドリフト状態となり、それに引っ張られる形で前後とも
『5817F脱線事故(10月3日)』の画像

いったいいつになったらメトロの交換車輪は届くのか月を跨いでしまいましたが、ネタに忙殺されておりまして、9月下旬のDepok電車区の様子をどうぞ・・・。大きな動きはありませんが。6101Fが10連に戻りましたし、8007,8008も8604Fに組み込まれましたので、第一の橋の下には67
『(不定期更新)月刊デポック通信(9月分)』の画像

先週末のゲート内9月28日のKAI創立記念日にあわせた鉄道週間の一環で、Manggarai工場のファン向け公開が実施され、参加させてもらいました。そんななわけで、電車の全検棟も撮影が許可されました。ハエ24が順当にオーバーホールを受けていますね。帯が黄緑っぽく見えるのは、
『週刊マンガライレポートVol.242』の画像

6120Fに引き続き、6129Fも試運転実施撮影:E103系様10月2日午後、6129Fが社内試運転をDepok~Manggarai~Depok間で実施しました。当方、フィリピン出張に出ていました(色々更新が遅れている要因です・・・)ので、画像はE103系様から頂きました。ありがとうございます。大窓で
『6129F社内試験(10月2日)』の画像

2017年度第3陣、試運転開始バックデート更新で恐縮です。9月30日午後、17年度導入編成分第3陣のうち6120Fが社内試験を実施しました。試運転区間はDepok~Manggarai~Depok。水切り通り順調に進んだ現地化改造&整備ですが、早くとも試運転は週明けだろうと言われていたのにも
『6120F社内試運転(9月30日)』の画像

試験を終えて、BukitDuriに帰る9月28日、Cikarang電化開業に向けた試運転が再度実施されました。今回、この試運転にはハエ13編成及び6131Fの2本が充当され、2本を続行で運転し、架線電圧等の測定が実施された模様です。平日Cikarangに行くのなんて、怪社の業務範囲を考えたら
『Cikarang電車入線試験3回目(9月28日)』の画像

ARS系(仮称)日中の中央線に現る9月28・29日、ARS系(仮称)第1編成がManggarai~Bekasi~JakartaKota~Manggarai間で試運転を実施しました。終電後の夜間試運転では既にJakartaKota乗り入れを果たしていますが、日中では初めて中央線区間を走行しました。なお、既に第2編成の試
『ARS系(仮称)第1編成中央線日中試運転(9月28・29日)』の画像

雨降るブカシ線を行く、ARS系(仮称)第2編成の初試運転撮影:E103系様9月27日、ARS系(仮称)第2編成がManggarai~Bekasi間1往復の試運転を実施しました。これまでの試運転は第1編成が使用されてきたたため、第2編成初の本線走行です。当初予定では26日予定でしたが、26日施行分
『ARS系(仮称)第2編成ブカシ線試運転(9月27日)』の画像

先週末のゲート前H18が車輪削正のため、ピットに入っています。隣は引き続き、ARSのTs1。Ts2は旧マンガライの森でブルーシートを剥がされてはいましたが、まだ試運転には入っていません。BalaiyasaManggaraiからはH27,H14が出場していますが、週末の時点で9月分の入場編成は
『週刊マンガライレポートVol.241』の画像

ロゴはそのままですが公式からも出ている通り、9月20日付けでPT.KAI COMMUTER JABODETABEKはPT. KERETA COMMUTER INDONESIAに社名変更されました。略称はKCJからKCIになります(おい、Kereta Indonesia Cinaかよっ!!響きが悪すぎ!!)。この社名変更の話は9月になってから、チラ
『PT.KCJ社名変更、PT.KERETA COMMUTER INDONESIAへ(9月20日)』の画像

2017年度分第三陣!!9月19日夕刻、8月24日に東京木材埠頭を出港していた貨物船がTanjungPriok港入港。19日夜から翌昼までにかけて、6120F、6129Fの順に20両の水切りが実施されました。これにて2016年~2017年導入予定数であるメトロ6000系VVVF編成120両の輸送が終了しました
『6120F,6129F Yokoso! Tanjung Priok!(9月19日)』の画像

↑このページのトップヘ