JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

出区する空港快速エアポートYIA用の新型KRDE(K1 2 18)先日投稿した通りグノースの罠を回避し、再びジョグジャに足を伸ばして来ましたので、ネタが陳腐化しないうちに、まずはこちらから紹介します。ジョグジャカルタ新国際空港(YIA)の建設と並行して進められている空港新線で
『ぶつけ本番運行の危機!?YIA空港線進捗状況レポート』の画像

今月も登場!!なんちゃって武蔵野線5月分の全検編成としてBalaiyasa Manggaraiに入場していた205系横浜線H23+H4編成が出場しています。6月14日に試運転を実施し、順当に16日から営業復帰となりました。撮影時(17日)には前面ロゴ無しの状態で、またもネタ編成の出現になりまし
『こちらはロゴ無し!!205系横浜線H23+4編成全検出場&運用復帰』の画像

今週末も密密先日のメダン行きに引き続き、怪社用務でもジョグジャ行きが舞い込んできまして、経費で落ちるのなら、せっかくですのでバスではなく夜行列車で行こうではありませんか。ただ、ここで究極の選択を迫られるわけです。どうして鉄道がこんなにも敬遠されるかと言え
『鉄道利用者離れの切り札になるか?恐怖のグノース実験体験レポート』の画像

今回は大人の事情でロゴが設置されてしまいました前回の更新でお知らせした通り、5月のデポック電車区担当の全検入場編成、205系埼京線ハエ14編成が運用復帰しています。6月12日にデポック~マンガライ~ボゴール~デポック間で出場試運転を行い14日から営業再開となりました
『ロゴ設置済・・・205系埼京線ハエ14編成全検出場&運用復帰』の画像

これもまた歴史の1ページにインドネシア政府は昨深夜、本日(6月17日)朝8:00からボゴール駅にて利用者向けのワクチン接種を開始すると報道機関にリリースしました。インドネシアにおけるワクチン接種は、特に首都圏において医療、公共サービス、教員等の現場従事者、大企業職
『駅でワクチン!205系も登板!!通勤客にその場で接種@ボゴール(6月17日)』の画像

乗客獲得に余念がありませんが、果たして効果は?どれほどの需要があるのかわかりませんが、ジャカルタ首都圏でネタが枯渇しておりますので、引き続きのメダンネタをお送りします。Railinkメダン空港線では今年5月頃より、メダン~バンジャイ間の普通列車(コミューター)との乗
『メダン空港線⇔ビンジャイコミューター乗り継ぎキャンペーンを利用してみる』の画像

行き先サボが出ないので、何が何だか・・・ですがレバランの混雑対策で突如設定され、6月以降も毎日運転の臨時列車として継続しているマンガライ~ドゥリ間の区間列車、通称ドゥリフィーダー。運転開始当初は暫定8連化中の205系ハエ31編成が充当されていましたが、その後は連日
『走行距離調整か?東急8500系8604F連日のフィーダー充当』の画像

05系に何の有難みも感じなかった時代が嘘のよう・・・この1年でサークルPに降格した05-112F皆さまご承知の通り、メトロ05系チョッパ車は2010年から2011年にかけて8編成が導入されています。数としては少なく感じますが、当時主力であった都営6000系、東急8000/8500系、そして同
『メトロ05系チョッパ車の今・・・稼働可能な編成はあと何本あるのか?』の画像

曰く付きの韓国宇進製電気気動車のお手並み拝見このスカート形状ではそもそも建築限界規定を満たしていませんよね(笑)先月末、久しぶりに飛行機に乗って海を渡り、北スマトラに初上陸する機会がありましたので、その際に利用したメダン空港線を紹介します。2013年にインドネ
『謎多きもう一つの空港特急、Railinkメダン空港線諸々事情』の画像

新仕様なのに10連・・・がさらに増える画像はナハ41+ナハ40編成このところ重いネタ続きでしたので、手抜きさせてください・・・。5月中旬頃より、205系南武線ナハ37+ナハ42編成、ナハ41+ナハ40編成が車輪限度値割れの為、相次いで暫定10連化されています。ちなみに、同時期に武蔵野
『205系南武線ナハ37+42編成、ナハ41+40編成暫定10連化』の画像

午後は100%曇り・・・先日の記事で紹介した通り、5月6日から大幅な修正が入ったジョグロ線ダイヤ。運用を解析したところで、さっそく修正が入りました(笑)。そんなものかとKAI/KCI統合時刻表をまだ上げていませんでしたので、今回6月1日からの時刻表を改めてアップいたします。
『【時刻表付き】またも修正!!6月1日からのジョグロ線ダイヤを考察する』の画像

一見ただの写真にしか見えませんが・・・デポック通信でお知らせした通り、デポック電車区6月分の全検(P48)入場は205系埼京線ハエ24編成で確定と見られていますが、昨日6月5日、ハエ24編成が欠車4両を組み込むため方転回送を実施しています。スディルマンで朝練を済ませマンガラ
『速報!!205系埼京線ハエ24編成、全検入場準備の動き』の画像

配給に備えKAI/運輸省規定の車両限界にスカートを切り詰められた8608クーラーは全て抜かれています全く天気に恵まれず1週間が終わってしまいました。ブログ更新材料も枯渇してきましたので久々のデポック通信です。日本からの新たな車両導入も無くなり、大きな動きの無いデポ
『東急8500系も廃車回送準備!!デポック電車区橋の上、6月上旬の様子』の画像

レバラン入って早々にラッピングは解除されました以前にもちらっと紹介した通り、レバラン期間中の越境禁止期間中、定期列車の大幅運休と引き換えに、速度向上試験を繰り返していたKAI、試運転では北本線の平坦区間において120㎞/h運転を行っていたようですが、パンチャシラ
『懐かしの食堂車も復活!!栄光の1列車、特急アルゴブロモアングレック最速8時間29分運転へ!!(6月1日)』の画像

ようやく、順光8連の205系を確保出来ましたKCIは4月下旬に、レバラン連休を含む5月1日から31日までのジョグロ線の運転計画を発表しており、当ブログでも5月3日の記事にてお知らせをしています。しかし、なんと5月6日には大幅な時刻変更、運用変更を伴うダイヤ修正が実施され
『本数削減でオール8連化!!ジョグロ線大幅な運用変更発生(5月6日~)』の画像

結局12連は幻に終わってしまうのか!?撮影:E103系既にお知らせしている通り、203系マト66編成が再び車両故障に見舞われています。5月24日朝、マンガライ駅で発車出来なくなるトラブルが発生し、ブキットドゥリ電車区で当日予備だった205系武蔵野線M17編成と車両交換する形で、
『また故障!!203系常磐線マト66編成、暫定10連化』の画像

M35編成、今度は5+5両化5月中旬頃から、205系武蔵野線5000番台編成が相次いで5両+5両組成で暫定10連化されています。当該はM35編成及びM10+M16編成で、直近で暫定8連・10連化されたばかりですが、再びの短縮となってしまいました。いずれも前回車輪交換が実施されていない車
『メルヘンも5両+5両!!205系武蔵野線M35編成&M10+16編成暫定10連化』の画像

結局6両+6両で12連に戻ったナハ10+ナハ13編成3月中旬より暫定10連化されていたナハ10+ナハ13編成ですが、5月上旬に12連に復帰しています。だいぶ欠車期間が長かったですが、車輪交換は実施されておらず車輪削正だけだったようです。そして、注目されていた8両+4両組成化も実
『組成変更なし!!205系南武線ナハ10+13編成12連復帰』の画像

こちらは晴れて12連のまま復帰4月中旬頃、中間4両の雨漏り対策工事を終え12連に復帰していた東急8000系8003Fですが、既報の通り、その直後に車両トラブルで編成丸ごと運用離脱しています。しばらく音沙汰なく、気がかりでしたが、5月中旬に12連のまま運用復帰しています。ジ
『【12両編成】東急8000系8003F運用復帰』の画像

わざわざこれだけの為にタンゲランに行きたくない・・・と思っていたら4月中旬頃から、205系南武線ナハ12+ナハ11編成のうち、クハ205-132の前照灯がLEDタイプに交換されています。LED化後、タンゲラン線から出ることなく1ヵ月以上が経過してしまい、直接確認出来ないでいたので
『今度は非チクビーム!!205系南武線ナハ12+11編成、前照灯LED化試験実施中』の画像

とりあえず朝のチキニで証拠写真だけ先にデポック電車区から全検(P48)出場している4月分の205系横浜線H17+H15編成に対し、遅れていたBalaiyasa Manggarai担当の205系南武線ナハ7+ナハ8編成。5月22日にようやく出場試運転をマンガライ~ボゴール~マンガライ間で実施し、24日
『またもロゴ無し!!205系南武線ナハ7+8編成、全検出場運用復帰』の画像

マト66編成の再12連化で去就の注目された203系マト52編成ですが・・・今年3月にMM’3、MM’6と立て続けに車両トラブルを起こしている203系マト52編成。マト66編成からMM’116から借り入れることで、何とか10連での運行を維持していましたが、当のマト66編成が5月3日に突如12連に
『不死鳥の如く復活!!203系常磐線マト52編成、MM’3を組み込み運用復帰』の画像

新仕様×旧ロゴのネタ編成、H22+H21編成に再びの小変化が4月上旬から1か月ほど姿が見られず、デポック電車区に取り込まれていた205系横浜線H22+H21編成が運用復帰しています。既報の通り、4月のデポック電車区分の全検(P48)入場編成はH15+H17編成であることから、このH22+H
『更なる新保全体系発覚!?205系横浜線H22+21編成の検査表記が更新』の画像

網無し6000系同士並んでくれました網が撤去されてからというもののメトロ6000系6132Fとはどうも相性がよろしくなく、今日もまた被りで終わるのか・・・と落胆してましたが、ギリギリ回避?いや、相手が6107Fだったということで事なきを?得ました。なかなか並びそうで並ばない新色
『被ったけどヨシ!新塗装で初登場!!網無しメトロ6000系6132F』の画像

入場前の姿です4月15日撮影前年度末に検査計画が立案され、デポック電車区及びBalaiyasa Manggarai(マンガライ工場)に月1本ずつのペースでコンスタントに入場が続く全検(P48)に対し、いまいち全容のつかめない要検(P24)。全検のように1ヵ月以上に渡り運用を外れるわけでもな
『気になる仕様は?205系埼京線ハエ30編成要検出場&運用復帰』の画像

↑このページのトップヘ