JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

Bukit Duri電車区より出区してきた8003F8月下旬頃から、車輪限度値割れにより10連化されていた8003Fですが、当該車両の車輪交換終え、Manggarai~Depok~Manggarai間で試運転を実施しました。なお、車輪交換はBalaiyasa Manggaraiで実施、Bukit Duri電車区で再組成を行ってい
『東急8000系8003F車輪交換明け試運転(9月22日)』の画像

いったい、いつまで走るのか6134F黄色ナンバーというのも貴重になってしまった6134F。KKFラッピングといい、前面スタイルといい、なんだか古き良きジャカルタを思い出させてくれる編成です。前回の入場が2015年の6月で既に検査期日を大幅超過中。もっとも、今年に入り、4年周
『メトロ6000系6134F』の画像

Serpong線からやっと帰ってきたH9編成もはや、独立記念日から1カ月も経過してしまいましたが、もう1本のメラプティラッピングとなっているH9編成をようやく撮影することが出来ました。まあ、いつものアングルですが・・・。
『205系H9編成』の画像

塗装統一化の流れで一度は消えた三色団子、ここに復活?一昨日の投稿でK3 Pに混色はないと書いてしまいましたが、検査等の突発的理由により、食堂車のみが一般車になるなんてことは、時折あります。噂をすれば何とやら?なのかこの日のArgo Parahyangan Premium、電源車がステ
『混色!特急Argo Parahyangan Premium』の画像

ヤツレ顔のクハ204-44を先頭にE103系氏が撮る撮る詐欺で、全然撮ってくれないので私が先にアップ。氏曰く、ガス曇りの下で撮影意欲ゼロとのこと。なんか、5817FもBalaiyasaに入って車削正か何かでしばらく運用に就いていないですし。いやいや、線路際には毎日立つというもの
『(ヤツレ顔の)205系M3編成』の画像

今月もお待たせしてしまい申し訳ございません。日本が連休だとはつゆ知らず。9月17日にアップされるだろうと思っていたのですが・・・。ようやく審査が終了し、月刊マンガライレポート2018年8月号の発売が整いました。上記リンクより、ご購入いただけます。いつも通り、¥200
『月刊マンガライレポート8月号発刊のお知らせ』の画像

久々に?0番台の205系です日本でもすっかりお馴染みになった?Jトラスト銀行のアニメキャララッピング。205系へは2編成への掲出かと思っていたのですが、実は3本目がいました。とはいえ、デザインは同じですけどね。はい、本日は手抜き更新ご容赦下さい;;
『205系ナハ37,42編成(痛電もう1本追加)』の画像

約9カ月ぶりに運用復帰した7123F車輪限度値割れにより長期休車中だった7123Fですが8月30日に試運転を実施、9月上旬より運用復帰しています。特に故障、部品取り等はなかったようで、車輪交換のみでの復活となりました。唯一、KCIロゴが高い位置に掲出されている7023号車側を
『東京メトロ7000系7123F運用復帰』の画像

オールK3 PremiumのWijaya Kusumaは見納めに2017年9月の登場以来、長らく毎日設定の臨時列車扱いで、Solo~Cilacap間を2往復(1往復はYogyakarta~Cilacap)していた快速Wijaya Kusuma。しかし、当初から乗車率は低迷しており、それでいながら収容力のあるK3 Pを7~9両程度ぶら
『さよなら快速Wijaya Kusuma(8月30日)』の画像

順当にBalaiyasa Manggaraiから出場したナハ41,408月度全検分としてBalaiyasa Manggaraiに入場していたナハ41,40ですが、9月7日に出場試運転を実施し、翌日から運用復帰しています。今回、8M4Tの6+6編成のため、組成変更は実施されず、入場前と変わりはありません。
『205系ナハ41,40編成運用復帰』の画像

前に同じようなアングルで撮っていますがKCIの前身であるKCJが設立されてから、9月15日で丸十年(会社登記が2008年。実際の事業開始は2009年)が経ちました。設立当初は、PT.KAI Divisi JABOTABEK時代と変わらぬ混沌の世界。果たしてKCJは看板倒れで終わるのではと当時は思われ
『祝!KCI創立10周年(9月15日)』の画像

金帯K1 Kelas LuxuryがArgo Bromo Angrekの証すっかりラグジュリークラスも定着した1レ~4レ特急Argo Bromo Angrekですが、8月下旬より一般車による代走が発生しています。これは、通常の下膨れボディのK9車に改修箇所が発生したためで、専用車としてSBIに配置されている3本
『特急 Argo Bromo Angrek、一般車代走』の画像

6111Fに引き続き、2018年仕様?で出場した6126F2018年8月分の全検として、Depok電車区に入場していた6126Fが出場、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。Manggarai駅でのお手軽撮影です。予備部品の枯渇しているチョッパ車のメトロ編成ですが、順調に出場してき
『メトロ6000系6126F出場試運転(9月14日)』の画像

5両+5両の203系、マト69編成先日のマト66編成脱線事故にちなんで、なかなかアップする機会のない203系を。4者4様の当地203系ですが、マト66と同じく4M6Tのマト69編成をアップです。そもそも4M6Tとかいう無理のある組成にした時点で、そう長く使う気はないというKCIの思惑が何
『203系マト69編成』の画像

マト66の最後尾、クハ203-106が脱線撮影:赤白様9月11日10:30頃、Angke発Depok行き1606列車が折り返し運転の為、下り副本線からシーサスポイントを渡りDepok駅2番線進入時、最後尾(10両目)のクハ203-106のBogor側台車が、ホーム側にせり出す形で脱線しました。幸い、低速での
『203系マト66編成脱線当該(9月11日)』の画像

みなさん、覚えていらっしゃいますか?このところ、第二チカンペック高速道路、及びインドネチナ高速鉄道工事の進捗により、チカンペック高速の渋滞が有り得ないことになっております・・・。まあ、チンタラチンタラ進む分、工事現場をじっくりと見ながら進めるのも、それは
『インドネシアンドリームの成れの果て・・・』の画像

都心区間で離合する05-104Fと05-108F東急車と並び、すっかり安定期に入ってしまいネタに乏しい05系です。まあ、撮っているには撮っているのですが、なかなかアップする機会がありません。そんなわけで、05系がたまたま先日並んだところを撮れましたので、それに乗じてアップ
『東京メトロ05系104F・110F』の画像

ステンレスのK1、K3併結編成がParahyanganにも登場16年製新型K3 Ekonomiの投入を受け、順次ビジネスクラスを置き換えていたArgo Parahyanganですが、第二事業部の車両不足を受けて、最後まで31レ・32レの1往復のみK2 Bisnisクラスを連結(厳密には2&3ボックスのボロK3も1両だ
『特急Argo Parahyanganからもビジネスクラス消滅』の画像

引きが足らず、カツカツになってしまった・・・9月6日に車輪交換明けの試運転を実施し、Bogor電車区に入区していた205系武蔵野線編成第一陣のうち、最後まで運用に入らずDepok電車区で休車状態だったM3編成ですが、7日夜よりひっそりと運用開始しました。それにしても武蔵野
『205系M3編成ジャカルタデビュー!(9月7日)』の画像

約3か月ぶりに本線上へ姿を現したM3編成2018年導入分の205系武蔵野線編成第一陣の3本のうち、当初からの車輪限度値割れの為、運輸省試験の後一度も運用に就いていおらず、Depok電車区で門外不出だったM3編成が車輪交換を終え、Depok~Manggarai~Bogor間で試運転を実施しまし
『205系M3編成車輪交換後試運転(9月6日)』の画像

その後の入荷なく、ロゴなしのままの8612F(剥がれたわけではなく、そもそも足りなかった)安定期に入ってしまった感のある東急8500系列。そうなると、どうしても露出が少なくなるのですが、現有編成は元気に活躍中です。さて、この位置からではほとんどわかりませんが、8612F
『東急8500系8612F(小変化)』の画像

ついに、Sawunggalihのビジネスクラスも廃止に9月26日より、ビジネス急行Sawunggalihがステンレス客車(K1,K2併結)による運転に切り替わっています。長らく朝のBekasi線のネタ列車として君臨(塗装統一化の流れで、最近の注目度は下がっていましたが、置き換えはやはり突然やっ
『ビジネス急行Sawunggalih、ステンレス化(8月26日)』の画像

再び8連化された6117F8月下旬より、6117Fが2両欠車の上運用に就いています。一度、車輪交換せずに10連に復帰していた同編成ですが、結局8連に戻りました。ほぼ全車車輪が薄くなりつつある中、今後の処遇が気になります。
『東京メトロ6000系6117F再8連化』の画像

Manggarai8番線を逆転発車する客車版NRマンガライ駅スタバよりお送りします・・・。このところ、来客対応が連日続き、事務処理をスタバでやりつつ、ブログの予約更新ストックも空になってしまい、何書こうかなぁ、とコーヒーをすすっていたところ、珍客がスタバ目の前に止ま
『マンガライ駅見たまま11:30』の画像

↑このページのトップヘ