JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

脱線事故当該のハエ12、新組成で10連復帰11月上旬頃より、205系ハエ12編成が10連復帰しています。既報の通り、10月13日に発生したSerpong線内にて、サハ204-25が脱線(怒涛の形態変更の引き金に・・・)。翌日から、6扉車を欠車した8連暫定編成で運用されていました。1カ月ぶり
『205系ハエ12編成10連復帰』の画像

ノーマークだったハエ1310月下旬より、205系ハエ13編成が形態変更を実施しています。アップするのが遅れてしまいましたが、10月中に既に形態変更を行っていたため、この編成はサハが編成中に均等に配置されています。
『205系ハエ13編成形態変更』の画像

6ドアを両端に配したハエ2511月上旬から、ハエ25編成が形態変更を終え、運用に復帰しています。デフォルトとなりつつある、サハを両端に寄せたスタイルになっています。ハエ25、そういえば検査明けてから全然撮ってなかったなぁ・・・。
『205系ハエ25編成形態変更』の画像

横浜線編成にも形態変更の動き10月下旬から、元横浜線編成のH9編成が形態変更されています。埼京編成が終わり、横浜編成へも波及か?と思われるかもしれませんが、何故かH9編成は10月下旬の早々に、埼京編成と共に変更されています。
『205系H9編成形態変更』の画像

夕立ち上がりの、怪しい空の下・・・11月上旬に豊橋港を出港していたMRTJ第四陣、18両が11月15日早朝、Tanjung Priok港に到着しました。未だに日中の吊り上げを撮れていないMRTJ車両、これまでのドンより空が嘘のように晴れ上がった今朝、行きたかったんだけどなぁ、6105Fの
『MRTJ第四陣 Yokoso ! Tanjung Priok !!(11月15日)』の画像

久々に晴れてくれてBagus!でした月刊マンガライレポートで先行的にお知らせする予定だったのですが、DLマーケットのサーバー不具合は依然として修復せず、実車の方が先に出てきてしまいました・・・。Depok電車区10月度入場分として、全検を受けていた注目の6105Fがついに出
『田窓復活!メトロ6000系6105F出場試運転(11月15日)』の画像

相変わらずのクソ天気・・・前回、オヤジ被りの10連203系をアップしましたが、わずか数日で12連に戻ってしまいリベンジならず・・・。というわけで、欠車していたMM'117は車輪削正だけやって、復帰しました。毎度の構図で、この天気。単なる証拠写真です。
『203系マト52編成(12連復帰)』の画像

大変お待たせしました。2か月ぶりのマンガライレポートとして、9・10月合併号を発刊いたしました。上記商品リンクよりお進みください。価格は毎度の¥200(税抜)での販売です。のはずだったのですが・・・。以下【重要なお知らせ】
『月刊マンガライレポート9・10月合併号発刊のお知らせ』の画像

貫通12連、ハエ24編成も形態変更12連車の形態変更と言えば、もう1本。ハエ24編成が11月上旬から形態を変更し運用に復帰しています。貫通12連、埼京編成と横浜編成の混成という、異色の存在でもあるハエ24ですが、こちらも6ドア車が両端配置になりました。
『205系ハエ24編成形態変更』の画像

組成変更の動きが、12連にも波及10月下旬より、205系H6,8編成が形態変更を実施しています。これまで、埼京6ドア組み込み10連編成の形態変更を集中的に行っていましたので、全く盲点だったのですが、同時期に12連も1本だけ実施されています。埼京編成終了後、横浜線10連・12連
『205系H6,8編成形態変更』の画像

この前、Buaranでついでに撮りました11月上旬より、205系ナハ10,13編成が8連化されています。この編成は2018年の入場予定車として残る2本のうち1本で、今月に入場かとも思われていただけに、このタイミングでの欠車は意外です。ただ、このまま12連に戻ることなく、Balaiyasa
『205系ナハ10,13編成、8連化』の画像

またも、横浜オリジナル8連組成が誕生10月下旬頃より、205系H22,21編成が暫定8連化されています。またも、車輪限度値割れか?と思われましたが、数日前に12連復帰しているのが目撃されており、車輪削正のための欠車だったようです。
『205系H22,21編成、8連化』の画像

Tangerang線運用の05-109F205系ばかりアップしていてもあれなので、たまには息抜きに。出場試運転を撮影して以来、すっかりご無沙汰だった05-109Fですが、しっかり運用に就いております。全然見かけなかったのは、検査出場後、すぐにTangerang線に行ってしまったからです。昨
『メトロ05系109F(検査明け運用復帰後)』の画像

今日も曇りのManggarai駅10月下旬より車輪限度値割れの為、H27,14編成が8連化されています。広告車の話題が多いこの編成ですが、ラッピングなしの姿はレア??また、組成的には横浜線オリジナルの8連のようになっています。今後、形態変更が進むとこのような姿も見れなくなるの
『205系H27,14編成、8連化』の画像

11月9日より、Buaran駅は新駅での営業Bekasi線複々線化工事の進捗に伴い、今年に入り各駅部の工事が本格化しているのは既報の通り。基本的に各駅は、従来の対向式ホームを島式化、さらに駅本屋を橋上化し、線増スペースを確保しており、10月以降、Cakung、Kelenderでは橋上駅
『さよなら、Buaran旧駅(11月8日)』の画像

Depok Baru中線にパン下げ留置される6129F武蔵野線205系第二陣3本の受け入れのためDepok電車区が満線になっている関係から、メトロ6000系6129Fが10月下旬よりDepok Baru2番線に疎開しています。編成入れ替えがあるわけでもなく、1週間ずっとこの状態が続いています。機器不調
『メトロ6000系6129F、Depok Baru疎開』の画像

曇りですが・・・ハエ1と共に、6ドアが2両連続挿入のまま残っていたハエ14編成、この前の日曜は終日運用で、夜までこの組成のままで走っていましたから、事実上最後のオリジナル組成の編成となってしまいました。10月下旬からスタートした形態変更ですが、あっという間に対象
『205系ハエ14編成(さよなら埼京オリジナル組成)』の画像

引き続き、クソみたいな天気が続きます10月末から突如始まった、205系形態変更の動き。今週末も、組成確認の為、忙殺されてしまいました。雨期特有の蒸し暑さ・・・かといって、まださほど雨も降らない為、1年で一番暑い時期。正直、マンガライスタバでまったり寛ぎながら、
『205系ハエ1編成、オリジナル組成で最後の姿』の画像

んん??早いもので、ハエ4編成オリジナル組成での最後の姿をアップしてから1週間経ってしましたが、予想通り、ハエ4編成はBukit Duri電車区に入り、形態変更をして翌日から運用に入っておりました。が、ここで新たな形態が登場!!これは、上越線内の諸事情に伴い組成された
『205系ハエ4編成形態変更』の画像

改造線へ向けて?動き出したM13編成今週末も相変わらず、クソな空模様で萎え萎えです。ですので、引き続きロクでもない画像が続きますので、たまには気分転換。ネタ画像でも上げておきましょう。あまりにも酷い天気なので、じゃあ久しぶりにDepok電車区の橋の上にでも行って
『205系M13編成、Rangkas Bitung幕で構内入替』の画像

しかし、酷い天気でしたね、先週は・・・10月下旬頃から、ハエ20編成が形態変更を実施しています。これは、ハエ23のような謎組成にはならずに、通常のMM'ユニット間に連結されています。もう、これで統一すればよいのに。
『205系ハエ20編成形態変更』の画像

わかりますでしょうか?引き続き、糞画像ウィークです。前の更新でルーティーンになりつつある、なんて書きましたが、そこはインドネシア。この国に、やはりそんな言葉は存在しないようで・・・。T車連続挿入の解消と言っておきながら、何ですかこの組成は・・・。
『205系ハエ23編成形態変更』の画像

画像はイメージです最強の秘密?そんなもん、秘密でもなんでもない。東京都市圏をカバーしているから、以上!!なんてことを言ったら、怒られそうですが、アンチJREの人間が何故か提灯記事を書いております。ノルマが山のようにある中で、船が2隻も続けて到着したり、てんや
『JR東日本 最強? の秘密』の画像

組成変更ネタばかりでは飽きますので、本日はオール4ドアのハエ30を10月下旬、車輪限度値割れにより8連化されていたハエ30が車輪交換を終え10連に戻り、運用に復帰しています。と、普段ならばそれだけの話なのですが・・・。今回の車輪交換は一味違う??
『205系ハエ30編成10連復帰』の画像

↑このページのトップヘ