JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAI COMMUTER JABODETABEKの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

画像はイメージです※この記事は当面の間、先頭に表示するように設定しております。いつも当ブログにご訪問いただきまして、ありがとうございます。掲題の通り、マンガライレポートの更新を2018年12月を持ちまして終了といたします。長らくのご支援ありがとうございました。
『週刊マンガライレポートの終了と今後の扱いについて』の画像

Depok電車区で入れ替え作業中のハエ111月入場編成のハエ1,ハエ13の検査が急ピッチで進んでいます。入場後3か月弱ですが、既に出場間近の雰囲気です。Depok電車区の橋の上へウォッチングしに行くと、ちょうど入場中のハエ1の6号車~10号車が全検棟から引き出され、既に整備の
『11月度全検編成の動き』の画像

再び北本線を行くCC300 12 03Foto:Mas Rudy12月14日、先日の北本線スーパー特急化巡察に引き続き、CC300が運輸省幹部専用車をひっさげMadiun~JakartaKota間で回送されました。これは、近く行われると言われている空港線開業式典へのジョコウィ大統領輸送用のための送り込み
『CC300ジャカルタへ再び(12月14日)』の画像

やっぱり曇る6000系・・・せっかく無広告が続いていたメトロ編成ですが、6000系を中心に徐々に増えつつありますね・・・。特にアジア大会広告、かなりの数を出しているようで、205系だけに収まらず、6000系に波及しています。前に6133Fを上げていますが、6111Fでも確認。
『6000系6111F』の画像

被り・・・南武線でさよなら運転を行った車両も含む、ナハ39,34もいつの間にか編成ステッカーが剥がされ、現地仕様の編成札に。帯も通常仕様となり、前面方向幕が元南武編成であることを物語っています。
『205系ナハ39,34編成』の画像

編成札掲出。格好いいDepok仕様で完璧の仕上がり。編成札設置と、広告車のお知らせです。続々と編成札掲出編成が増えており、正直把握できておりません・・・。撮れ次第、順次上げていく方針で。ダブっていたらすみません・・・。
『205系ハエ14編成』の画像

結局、安物買いの銭失いだったわけ?205系の行先LEDの使用開始後、急速にいい加減になっていた在来車両でのサボによる行先表示ですが、最近再び掲出している編成が徐々に増えつつあり、営業部長がバイトのアナウンサーに一喝したのか、それとも破損・紛失で物理的に掲出出来
『行先サボ再納品される』の画像

前面側面とも全てのロゴを撤去して運用に就く6121F6000系VVVF編成6121F, 6132FのKCJロゴ撤去が確認されています。単純に外れただけかと思いきや、一夜にして全てのロゴプレートが撤去されています。ドア上LED設置(詳細は月刊マンガライレポート12月号でお知らせします)など、
『6121F,6132FKCJロゴ撤去(12月13日)』の画像

H12編成、Serpong駅。編成札は掲出済。曇ってきたので、上下ともイケてしまいます。BukitDuri所属の編成ですので、とうに編成札は出ています。
『205系H12編成』の画像

曇ったところに、色が焦りまくりのH1登場。チサダネ橋梁編成札もなく、LEDも故障中で、萎えます・・・。が、広告が地味に増えています。E103系さんが回収してくれないので、私がやるしかありません。
『205系H1編成,ハエ7編成』の画像

Serpong駅にてH7。編成札掲出済。と、いうわけで新カテゴリ―、撮影記録のトップバッターはH7編成。読んで字のごとく撮影の“記録”です。所謂、撮り鉄ブログではありませんので、クソ画像を量産してゆきます。
『205系H7編成』の画像

約1か月ぶりに本線上に戻ってきたマト68。編成札も設置。車輪限度値割れによる車輪交換の為、長らく運用を外れていたマト68が交換を終え、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を行いました。それだけ・・・なんですが。
『マト68、車輪交換後試運転(12月11日)』の画像

Manggarai8番線に入線もういい加減飽きが来る頃ですが・・・。そんなわけで、編成写真撮ってもしょうがないですから、開業前のManggrai駅(空港線ホーム)に入線する姿でも;; 12月に入り、プレ開業に向けた“真面目な”試運転が連日行われていますが、既報の通り12月5日の試運
『空港連絡線日中試運転再開(12月11日)』の画像

JABODETABEK COMMUTERS NEWSの新体制での更新準備を順次進めておりますが、12月分からPDF版に移行します月刊マンガライレポート11月分(無料お試し版)の準備が出来ましたのでお知らせいたします。Webでの更新と同時並行しておりますので、内容に関して全く新しいものはありま
『月刊マンガライレポート2017年11月号発刊のお知らせ』の画像

Serpong線特有のフランス式架線柱の下を行く5+5の203系こちらにも編成札設置されましたね!2016年5月10日のオール10連化以降、全運用が205系で統一されてきたSerpong線ですが、12月7日から4日間に限り、203系マト69編成が運用入りしました。車輪摩耗の調査なのか、詳細は不
『マト69、Serpong線へ(12月7日~10日)』の画像

測定用車輪を下ろしての運転12月9日、KAI所有のレール測定車を使用して空港線内の線路検測が実施されました。なお、今週に入り、一部区間の再バラスト散布、また8日にはCC201を使用した路盤慣らしも実施され、いよいよプレ開業が近づいてきたように見えますが、果たして・・
『空港線レール測定車入線(12月9日)』の画像

Tangerang線を行く6129F。一応、Tangerang行きですが、見えるかな。12月7日より、Tangerang線で10連運転が開始されています。これは、空港線開業に伴う、本数減に対応するための処置です。10連化されたのは、Tangerang線全4運用のうち、2運用で7日以降、6129F、6131Fが連日充
『タンゲラン線10連運転開始(12月7日)』の画像

約2か月ぶりに運用復帰した8003F長らくDepok電車区で休車状態が続いていた8003Fが車輪交換を終え、運用に復帰しています。復帰に合わせ、進路表示灯の設置も併せて実施されています。なお、今回より、試験的に新体系での更新としており、新たにカテゴリへ「編成情報」を追加
『8003F運用復帰(12月4日)』の画像

先週末のゲート前11月分全検入場として、Depok電車区にハエ1が、Balaiyasa Manggaraiにハエ13が入場しています。両編成とも満身創痍の姿でしたので、お色直しが待ち遠しいですね。蔵の中には205が見えますが、南武編成ですので、車輪削正でしょう。なお、空港連絡線は25日以
『週刊マンガライレポートVol.251』の画像

既報の通り、解体が始まった6113のっけから衝撃的な画像ですが、現地ヲタたちが中の人が撮った画像をSNSで拡散し、既に日本人の下に多数届いているようですので、大したことはないでしょうか?それより、こちらはこの煙の量と、床材が溶けているような異様な匂いに驚きました
『(不定期更新)月刊デポック通信(11月分)+α』の画像

先週末のゲート前最後の運輸省試験を終えたARS系Ts10がちょうど蔵の中へ入っていきました。H24,25が出場していますので、このタイミングでは入場編成なし。蔵の中に見える205系中間車はMM’206と思われます。なお、その後の情報によると、11月度分全検入場として、Manggarai
『週刊マンガライレポートVol.250』の画像

栄光の1列車ArgoBromoAngrek(画像は下り2列車)耳の早い当ブログの読者の皆様はもうご存知かとは思いますが、北本線スーパー特急化に関して溜まっていたものを、ご縁あって東洋経済さんの方に吐き出させていただいております。過激表現はだいぶカットされておりますが、肝の部
『どうなってるのか北本線高速化』の画像

信号さんが敬礼している相手は?KAIが宣言通り25日に、“開業”させたスカルノハッタ空港連絡線ですが、続いて28日、売国奴リニ国営企業相の巡視が実施されました。また、リニの同伴として、国鉄総裁も再度乗車、そしてやはり一般客(またしてもヲタがManggaraiからゾロゾロと
『スカルノハッタ空港連絡線国営企業相視察(11月28日)』の画像

ついにスカルノハッタ国際空港駅に入線を果たしたARS系(関係者立ち合いの下、特別に線路敷内から撮影)今回ばかりは、私が首を切られなければならないのかもしれません。仮にインドネシアにあったならば流行語大賞2017確定のHoax(噂、ガセ情→政権批判系メディアに対して誹謗
『スカルノハッタ空港連絡線、入線試験兼初客扱い(11月25日)』の画像

炎天下の下、しばし歩いてきましたさあ、いよいよXデーの11月25日を迎えます。相変わらず、情報は錯綜しており、未だに25日に開業するとするKAI側と、もはや諦めムードが漂ってきた運輸省側にはっきり分かれていますが、連日メディアを賑わしています。KAI側が24日までに用意
『開業前夜?空港連絡線進捗状況(11月24日)』の画像

↑このページのトップヘ