JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

DjokoTingkirに牽引され、チンドコ編成が行く5月上旬より205系埼京線ハエ23編成が暫定8連化されていますが、欠車したサハ204-40,12が5月7日、ボゴール電車区からデポック電車区に配給されています。今後デポック電車区で車輪削正or車輪交換を受ける見込みです。サハ204-12
『205系ハエ23編成6ドア車、デポック電車区へ配給(5月7日)』の画像

メトロ5000系が運用に入らない今、大ベテランの域に達した東急8500系ジャカルタで東急8000/8500系が走り出して早いもので15年が経過、先代にあたる都営6000、メトロ5000、東葉1000、それに103系亡き今、東急車が最古参の系列となっています(製造年で言えば、圧倒的にメト
『【噂の真相】あの電車の屋根を見てみよう東急8500系8610F』の画像

埼京編成に再び暫定8連が発生4月上旬頃より、205系埼京線ハエ4編成が車輪限度割れの為8連化されています。12連のハエ24編成が暫定10連化されているのは既にお知らせしている通りですが、10連モノではここしばらくの間、横浜線編成を含め、全てが元組成に復帰していました
『205系埼京線ハエ4編成暫定8連化』の画像

3両編成になった白イモムシフォグランプも増設Rail Two(現Kereta Istimewa)に続く巡察車として【2018年8月に登場したRail Three】ですが、今年に入り、所属先のTanah AbangからYogyakartaに回送されており、中間増結車を組み込みのための小改造を実施していました。この度
『【日車KRD】幹部巡察車 Kereta Inspeksi3 増結(5月3日)』の画像

無事12連に復帰したマト52編成【4月13日に発生したMG故障の影響で再び暫定編成になっていた203系マト52編成】ですが、4月下旬、晴れて12連に復帰しています。MGは割と修理が可能(問題はSIVでしょう)なんですね。意外に早い復帰(8連での営業は実質数日間しか行われていない
『【祝!!】203系マト52編成12連復帰』の画像

定刻で来たのにドン曇り4月29日、205系武蔵野線第9陣編成のうちM2編成がDepok~Manggarai~Bogor~Depok間で社内試運転を実施しています。なお、前日28日にはM25編成が同じく社内試運転を実施しており(当方未撮影)、これで第9陣3本全ての社内試運転が完了しました。当初、
『205系武蔵野線M2編成、社内試運転実施(4月29日)』の画像

8003Fついに運用復帰【先週水曜日に全検明けの出場試運転を行って以来】、音沙汰の無かった東急8000系8003Fですが、試運転から丸一週間、4月29日より運用復帰が確認されています。Cikini以南が毎度のドン曇りでしたので、久しぶりにJuandaに足を延ばしました。さすがにこ
『東急8000系8003F全検出場&運用復帰』の画像

ハエ12編成に地味な変化が・・・3月中旬頃、205系埼京線ハエ12編成が組成変更を行っています。変更後すぐにSerpong線に入っており、ようやく戻って来ましたのでアップします。埼京10連モノに組成変更のしようがないはずなのですが、何故かMM’327とMM'328のそれぞれ1両ずつが
『205系埼京線ハエ12編成組成変更』の画像

このご時世どうなるかわからないので、とりあえず記録撮影4月17日に運輸省試運転を実施していた205系武蔵野線M33編成ですが、翌18日からタンジュンプリオク線で異例のデビューを果たしています。その後も、ずっとタンジュンプリオク線に入ったままになっており、同線専属
『いきなりトホホ??205系武蔵野線M33編成ジャカルタデビュー(4月18日)』の画像

晴れなきゃマズい17年塗装、やっと晴れてくれました車輪限度値割れの為、【3月中旬頃から暫定8連化されていた205系武蔵野線M15編成】が4月上旬頃より12連に復帰しています。車輪が交換されたのはMM'5029の2両でした。なお、暫定8連時にサハ位置の変更を伴う組成変更が実施
『205系武蔵野線M15編成12連復帰』の画像

早くも第9陣も試運転開始運輸省試運転を終え、先週末3本同時にジャカルタデビューを果たした205系武蔵野線第8陣の3本ですが、今週からは早くも第9陣の社内試運転が開始されています。初回となる24日(23日の予定が設定取り消し)に試運転を実施したのは、M21編成。珍しくタ
『205系武蔵野線M21編成、社内試運転実施(4月24日)』の画像

青い床下になって再登場2020年3月分の全検編成としてBalaiyasa Manggaraiに入場していたメトロ6000系6106Fがようやく運用に復帰しています。既報の通り、出場試運転を4月21日に実施していますが、その直後にタンゲラン線の予備車としてTangerang留置となっており、24日か
『メトロ6000系6106F全検出場&運用復帰』の画像

M5編成もジャカルタデビュー【4月15日に運輸省試運転を実施していた武蔵野線205系第8陣M5編成】ですが、4月18日より運用を開始しています。なお、同日からM33編成も運用開始していますが、なんとタンジュンプリオク線でのデビューとなっており、未だ撮影しておりません。
『205系武蔵野線M5編成ジャカルタデビュー(4月18日)』の画像

あっさりと10連に戻り、上げ忘れていました・・・車輪交換の為、しばらく運用離脱していたハエ14編成ですが、6扉車を連結せずに8連で復帰したというのは既報の通りです。この時点で8両全車の車輪交換を済ませており、サハ204についても交換後復帰するものと思われていました
『205系埼京線ハエ14編成10連復帰』の画像

東急8000系8003F待望の全検出場!!目玉編成の全検入場が続く2020年ですが、3月分としてDepok電車区にて検査が実施されていた東急8000系8003Fがいよいよ出場、4月22日にDepok~Manggarai~Bogor~Depok間で出場試運転を実施しました。なお、前日の21日にはBalaiyasa Manggar
『東急8000系8003F出場試運転(4月22日)』の画像

運輸省試運転を通過し、まずは8連でデビュー4月16日に運輸省試運転を実施していた武蔵野線205系第8陣M1編成ですが、19日より運用を開始しています。残りのM5,M33についても先週末から運用に入っており、運輸省試運転以降は順調な流れで、無事3本揃ってジャカルタデビュー
『205系武蔵野線M1編成ジャカルタデビュー(4月19日)』の画像

2020年塗装x12連は幻で終わってしまうのか・・・【2020年1月の全検入場編成だったマト52編成】、不調が続きます・・・。元々車輪限度値割れのため、昨年は長らく8連での運用が続き、化粧直し後の綺麗な12連が見たい!!という期待が高まっていたにも関わらず、【検査明けに早速不
『【悲報】203系マト52編成8連化』の画像

今週もKCIはほぼ平常通り運行します4月10日から始まったジャカルタ特別州内の「大規模な社会的制限」(PSBB)、事実上の非常事態宣言なわけですが、蓋を開けてみれば、外出自粛要請として発出された従来の「緊急対策フェーズ」と何ら変わらず、外出OK、通勤OKと言う、何じ
『【コロナダイヤ】電車を止めるな!!コロナウイルスは人口抑制の起爆剤!?※21日からのダイヤ追加』の画像

最終回は日車KED、Djoko Tingkirで施行※画像はイメージです。画像は16日に運転された不定期配給。今年1月に様々な憶測を呼んだ203系マト69編成を使用しての車両限界測定試験。この測定目的がE217系のダブルデッカー車の支障範囲の確認というところは既に知られたところ
『【続】本当にE217系はインドネシアに渡るのか?全線測定完了(4月17日)』の画像

逆光ですが、一応M1編成なので撮影・・・【前日のM5編成に引き続き】、205系武蔵野線第8陣到着編成のうちM1編成の運輸省試験がDepok~Jakarta Kota~Depok間で実施されています。15日と打って変わって、朝から良好な空模様。せっかくなので定番ポイントでの朝練をやってから
『205系武蔵野線M1編成運輸省試運転(4月16日)』の画像

床下混色編成がまた増える【205系横浜線H25+24編成、再組成変更】でお知らせしている通り、3月下旬頃にH25+24編成のMM'67とH7編成のMM'210が差し替えられています。これにより、H7編成が全車車内広告ディスプレイ未設置、H25+24編成が全車車内ディスプレイ設置済への統一
『205系横浜線H7編成組成変更』の画像

無念の12番入線・・・まあ撮れたからいいか・・・コロナ禍の影響で施行が延期になっていた205系第8陣となるM1,M33,M5編成ですが、前回お知らせしている通り、4月13日に疎開先からの返却が実施されており、運輸省試運転の再設定を匂わせていました。そんな中、15日にまずはM5編成
『205系武蔵野線M5編成運輸省試運転(4月15日)』の画像

手旗信号に誘導され、ブカシ駅上り本線に進入するM1編成205系武蔵野線第9陣の到着を受けて、旧Bekasi電留線、Bogor電車区、Parung Panjang電留線にそれぞれ疎開していたM1編成、M5編成、M33編成が4月13日に一斉にDepok電車区に返却されています。近日中に運輸省試運転の実
『205系武蔵野線M1,M33,M15編成、疎開先から返却(4月13日)』の画像

余裕の朝練(笑)4月10日からジャカルタ特別州内で実施されている大規模な社会制限(PSBB)ですが、全く効果は上がっていません。名称ばかりは大袈裟ですが、制限されたものといえば、レストラン、カフェの店内飲食が禁止となり、持ち帰り専用店に出来ない場合は、休業となる
『【コロナダイヤ】ジャカルタ都市封鎖出来ませんでした!!KCIダイヤ再修正』の画像

ハエ24編成、再び10連化3月下旬より205系埼京線ハエ24編成が車輪限度値割れの為、10連化されています。ハエ24編成はたびたび形態変更、10連化、それに車両差し替えを実施しており、もはや何が何だかわからない状態です。H19編成からMM'221を組み込んでからは初めての暫定1
『205系埼京線ハエ24編成10連化』の画像

↑このページのトップヘ