JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAI COMMUTER JABODETABEKの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

KCIロゴになったハエ1編成月刊マンガライレポート12月号にて、205系のこれまでの全検期日一覧表を掲載しており、その中にラインデリア増設の有無を表記しておりますが、その中で2017年11月分出場のハエ1編成にラインデリアが増設されていることが確認されました。ラインデリ
『【お詫びと訂正】ハエ1編成ラインデリア増設を確認』の画像

姿を現したK3 18客車撮影:Rudy様多忙につき、更新が遅れまして申し訳ございません。ここ数日、E103系様にお願いしていたのも、このためです。掲題の通り、18年製K3客車がINKAを出場し、19日にMadiun~Cirebon間で試運転を実施しました。引き続き、17年製のPremium Ekonomi車
『ステンレスで出場‼18年式K3客車Madiun~Cirebon間で試運転実施(1月19日)』の画像

常磐緩行時代の緑帯が現れたマト66撮影:E103系引き続き、各編成においてKCJロゴから新KCIロゴへの変更が進んでおります。体感的には8割程度の編成は既に交換済みではないかと思います。
『203系マト66編成 ロゴ無しの姿に』の画像

巡回強化するPKDと共に、スカート無しのハエ25編成撮影:E103系こんにちは、ご無沙汰しておりますE103系です。1月13日、Serpong線内で発生した踏切事故の当該となったハエ25編成。今回はバイクとの衝突だったようですが、その際スカートを損傷したようでスカート無しの状態で
『ハエ25、スカート無し状態で運用入り』の画像

私が乗ると、空港線は壊れるのかね?地味鉄庵さんをご覧の方は周知のとおり、1月初旬から1週間ほど怪社命令で一時帰国?(本当はあんな寒い国に帰りたくないのだが‼)しておりましたが、一昨日ジャカルタ戻りました。そして、もちろん今回も空港線に乗ってきました。“プレ”が
『【続】空港線、切符買って初乗車‼(まさかの現金払い・・・)』の画像

報道陣の取材に応じるFadhila社長2016年の独立記念日イベントにて国営企業相によるKAI Edi総裁の任期延長否決の衝撃が、本邦の業界人を未だに揺るがしているものと思われますが、同じく11日の政府協議にて、KCI Fadhila社長(CEO)も同じく更迭されていることが、15日リニの口
『KCI  Fadhila社長の更迭が判明(1月15日)』の画像

画像はイメージです出張者へのお土産用にたんまり怪社のデスクにストックを持っていたのですが、不良在庫は抱えるなとの、外人気取り上司の大号令の下、デスクを空にする羽目になりまして、日本の方に委託し、欲しい方に販売することにしました。
『コメットカード(KMT)委託販売のお知らせ』の画像

向かって一番左、青いバティックの方がBudi Noviantoro新社長画像提供:KaoriNusantra様1月11日、2014年10月よりKAI CEOを務めてきたEdi Sukmoro氏が任期切れにより退任、後任にBudi Noviantoroが就任しました。なお、Budi氏はKA.LOG社長との兼任です。KAI総裁は、通例では社
『KAI総裁交代、新総裁はあくまでもつなぎか?(1月11日)』の画像

日本が作った電車用駅舎にはあえて入線しないCommuter(Cikarang駅)10月8日に電化延伸開業したブカシ線Bekasi~Cikarang間、当方も初乗りレポートをしたっきり、その他諸々の話は多忙にかまけて、すっかり忘却の彼方へ消え去っていたいたのですが、ふと思い出す事象があり、東
『新ジャボデタベックの七不思議?』の画像

イモムシのような緑のキモイKRDこれでも、元日車KRD,MCW302撮影:Nurachman Hafizh様昨年末、Balaiyasa YKを出場し、ジョグジャ地区で試運転を続けていた新しい巡察車、New Rail One(現地マニアの呼称)が、ジャカルタに姿を現しました。これはリニ国営企業相のGambir~Jatib
『New Rail Oneジャカルタに初見参(1月11日)』の画像

1080FにもKCJロゴ設置5817Fとは裏腹に、逆にロゴが設置されて、キリっとした印象になった1080Fです。東急車と同様に、ロゴがないと、なんだか微妙な顔つきでしたので。検査期限で行くとあと1年しか余命がないことになりますが、ロゴが付いたことで、果たしてどうなるでしょう
『東葉高速1000形1080F』の画像

新ロゴ、編成札設置のハエ22なんだか、久々に登場した感のするハエ22です。女性専用車ラッピングが、逆に希少になることになるとは思いもしませんでしたね・・・。さて、表題の通り、中間モハ全ての車輪が交換されています。
『ハエ22、中間電動車車輪交換』の画像

編成札設置、ロゴなし状態の8508F約1年間続いた東急車のロゴなし(8604Fのみ、KAIロゴが残存)の姿。どうも、顔が引き締まらず、なんだかなぁと思っていたのですが、旧車番部分にKCIロゴが付くことで印象が変わりましたね。まぁ、そのお顔は今後しばらく拝めるでしょうから、見
『東急8608F(ロゴなし)』の画像

おまたせいたしました。月刊マンガライレポート2017年12月号の準備が整いました。上記リンクより、ご購入いただけます。誠に勝手ながら今号より、¥200(税抜)での販売といたします。マンガライレポートの継続的な運営に、ご協力願います。表紙画像のオマケ付きはこちらからど
『月刊マンガライレポート2017年12月号発刊のお知らせ』の画像

12月31日時点で、まだKCJロゴだったマト664M6Tのまま活躍しているマト66、唯一女性専用ラッピングが残る203系でもありますが、残念ながらKCIロゴの姿を撮れぬまま、当方一時帰国(半分仕事・・・)となってしまいました。おそらく今年中に全検入場でしょうし、これもKCIロゴ姿
『203系マト66編成』の画像

ラッピング処理のKCIロゴは貴重?2017年中に入場できず、2018年の全検に繰り越しになってしまったハエ31。埼京編成で一番遅いデビューでしたので、まあ自ずと最後となってしまうのでしょうか。しかし、ロゴ更新だけはしっかりされており、あとわずかな期間、この姿の運用にな
『205系ハエ31編成』の画像

スマートな印象の05‐104Fどうしても、私が昔から東西線とは縁のない生活を送っていたことからなのか、当ブログでの05系の登場頻度が下がっている(それだけ何もトラブルがないという意味でもあり、良いことなのですが;;)わけですが、ロゴ更新した姿をアップしてくれと言わ
『メトロ05系05‐104F,05‐105F』の画像

今年中の入場は確定ですが、早くお化粧直ししてもらいたいナハ7,8ナハ7,8の広告が増えています。また、KCIロゴも掲出されましたが、相変わらず剥げだらけの前面です・・・。
『205系ナハ7,8』の画像

公式から拝借公式ニュースリリースにアップされている通り、1月4日、KCIの2018年計画が発表されました。また1月8日から一部営業規則が変更されることがアナウンスされました。詳しくは公式リリース、また各種報道をご覧いただければと思いますが、気になるところをピックアッ
『KCI2018年計画発表&営業規則一部変更告知』の画像

これはダサすぎる・・・現地ヲタからもクレームの嵐・・・。5817FヘのKCIロゴ掲出です・・・。現場の人だって、本来のロゴ位置は運転台窓の上、オデコ部分というのは知っているでしょうに、単なる手抜きです。これはいただけんなぁ。
『メトロ5000系5817F』の画像

曇りなので手抜き撮影地またJトラスト銀行の新しい広告です。それだけ・・・。
『205系ナハ43,38編成』の画像

定期列車を抑止させ、大混雑のDuriに入線する大統領専用列車(Ts8)撮影:Kucing様各種報道が既に為されていますが、昨日1月2日、当初予定通りジョコウィ大統領出席の下、スカルノ=ハッタ空港駅にて開業式典が執り行われ、空港線正式開業となりました。これにて、壮大なる人体
『開業式典開催、空港線正式開業へ(1月2日)』の画像

最初で最後?ロゴなしの姿上げそびれていたロゴなし編成があったのでアップ。最近、そもそもあまりネタとして上がらなかった6115Fです。次に撮るときはもうKCIロゴですね。
『メトロ6000系6115F,6133F』の画像

新ロゴ続々というわけで、12月23日のナハ10,13、ナハ39,34を皮切りにスタートしたロゴ交換ですが、その後急ピッチで進んでおり、他形式にも波及しています。が、急ピッチになればなるほど、貼りつけもいい加減になり、一部傾いているものがあったり・・・。もう少し、前倒し
『メトロ7000系7117F,7122F』の画像

行く年来る年~な並びこんな天気で、気乗りしませんが、Selamat Tahun Baru。あけましておめでとうございます。この国にいると、全く明けまして感がない・・・、のですが、前回の更新の通り、今年は新ロゴ切り替えもあり、ちょっぴり特別感あるTahun Baruでしょうか。激動の
『さようならKCJ、こんにちはKCI』の画像

↑このページのトップヘ