JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

ついに譲渡車から廃車第一号が発生近日中に205系(横浜線)がDepokに配給されることから、至急空き線を作る必要性が生じ、9月17日終電後、長らくDepok電車区にて休車状態が続いていたJALITAこと8613Fが廃車回送されました。既に103系E20+E27と共に近いうちに廃車回送される
『8613F“JALITA”廃車回送(9月17日)』の画像

先週末のゲート前 今週も青色Holecが停車中。しかし良く見てみると、先週のとは別物で、倉の中にいるのが、先週の編成ではないでしょうか。マンガライの森の中には一体どれほどのHolecが隠されていたのでしょうねぇ。向かって右に見えるのは、先日マト51から抜き取られたサハ203
『週刊マンガライレポートVol.105』の画像

続々増える205系6月1日ダイヤ大改正以降、ダイヤ上は大きな変更はなかったBogor線。それでも6月中旬以降にてこ入れが行われたSerpong線,Bekasi線同様に、Bogor線も一部運転区間等の変更が実施され、公式より7月16日修正版として時刻がアップロードされておりました。その後
『Bogor線2014年6月1日改正ダイヤ(9月11日訂補)』の画像

青いHolec,再び・・・。そして1090Fと同時に1080Fも全検入り先週末のゲート前です。05-105Fは引き続き、入場中。一気に8連が3本も入場していることになります。DepokはDepokで引き続き、8607F,8611Fが入場していますので、編成数の割に、一時的ではありますが、稼動数が減っ
『週刊マンガライレポートVol.104』の画像

横浜線車両が仲間入り!久々のデポック通信。7月末に橋の下に降りたものの、多忙でアップ出来ず・・・。その間にも横浜線の改造作業は進んでおり、先日、再度橋の上からウォッチングを行いましたので、7月8月合併号としてお送りします(もう9月ですが・・・)。
『不定期更新 月刊デポック通信(7月,8月分合併号)』の画像

週刊マンガライレポート、おかげさまでVol.103!!皆様のリクエストにお応えして。最初で最後の巻頭103系スペシャルを、もう二度とジャカルタの地でお目にかかれないかもしれない東海色103系の姿と共にお届けします。先週お知らせしている通り、BalaiyasaManggaraiストックヤ
『週刊マンガライレポートVol.103』の画像

昨日に引き続き、H4も試運転!! 8月28日、第一陣到着のうち、Depok電車区まで直接回送されていたH4編成がH6に引き続き試運転を実施しました。区間は前日と同じく。改造明けすぐの試験ということで、運輸省職員は乗車せず、あくまでもKCJ独自の性能試験のようですね。駅の先で
『H4改造明け試運転(8月28日)』の画像

新津配給第一号、H6編成が装いも新たにいよいよ試運転!Foto:Mas Adam 7月13日に横浜線第一陣として到着し、Depok電車区に配給され、現地化改造が実施されていたH6編成が整備を終了し、Depok~Manggarai~Bogor~Depok間で試運転を実施しました。まあまずはとりあえず、運用
『H6改造明け試運転(8月27日)』の画像

マト69出場間近!!(8月28日実施済み) 7121Fの中間車が再び倉に突っ込まれた状態で置かれており、なんらかの部品取りをしているものと思われます。05-105Fがすでに入場していますので、それに伴うものかもしれません。またDepokにて入場待ちだった1090FがDepok入場せず、Bala
『週刊マンガライレポートVol.102』の画像

あれよあれよという間に第三陣! Foto:Mas Adam8月21日朝、新潟東港を8月6日に出港していた貨物船がTanjungPriokに着岸。H15,H13編成が上陸しました。早くもジャカルタ入りした横浜線は72両に!!しかしながら、今回平日の朝方着岸&2本積載ということで、理論上撮影は不可
『H15,H13 Yokoso ! TanjungPriok!(8月21日)※画像追加しました』の画像

紅白旗を掲げ、NRがゆく 8月20日、長らくDepok電車区で休車状態だった103系E20+27編成がBalaiyasaManggaraiヘ配給されました。廃車前提での疎開と思われ、後日Purwakartaへ廃車回送される見込みです。いつもお世話になっておりますFaris氏より画像を頂きました。ありがと
『103系 E20+E27 編成マンガライへ(8月20日)』の画像

先週末のゲート前。H9編成が止まっていました。向かって右横にKRLIが相変わらず止まっていましたがスルー。先週と変わり、205系が再び撮りやすい位置に来ていましたので、こちらを重視で。当地、本日17日は69回目の独立記念日!こんなときにマト69が運用開始、となれば気持ちが
『週刊マンガライレポートVol.101』の画像

久々の205系試運転。Percobannサボを掲げて走るハエ23。 8月14日ハエ23編成、翌15日にハエ22編成がそれぞれ運用開始に向けて、運輸省職員を乗せた試運転をDepok~Manggarai~Bogor~Manggarai~Depok間で実施しました。205系の運輸省試験は6月27日のハエ26以来。運用開始許可取得な
『ハエ23,ハエ22試運転実施(8月14,15日)』の画像

祝!マンガライレポート第100回記念撮影会(笑)※許可を得て撮影←205のアタマ出しありがとうございました!! 百日詣のご利益か、ついに念願のJR車3並びを賞味。横浜線205は既にフライング気味で上陸してしまいましたが、ここまで続けてきた甲斐があったというものです
『週刊マンガライレポートVol.100(8月1週,2週合併号)』の画像

横浜線、早くも計7本がジャカルタ入り8月3日夜、新潟東港を7月20日に出港していた貨物船がTanjungPriok港に着岸した。今回到着したのはH7,9,12の3本24両。前回のレバラン直前入港と打って変わって、港湾内は閑古鳥が鳴いていました。しかし、今回の船、だいぶ年季が入ってい
『H7,9,12 Yokoso!TanjungPriok!(8月3日)』の画像

緑滴るSerpong線大変お待たせいたしました。何とか夏休み本番に間に合いました・・・。Serpong線6月改正ダイヤ、7月1日修正版です。実は先日、KCJ公式からもようやく修正ダイヤが公式発表され、せっかく作成した努力も水の泡・・・だったのですが、KCJの時刻に掲載されない普
『Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補)』の画像

先週末のゲート前 KRLI再び・・・。修理する気ないのなら、もっと奥に押し込んでしまえばいいものを・・・。そしてH21は姿を消しました。しかしBukitDuriへの回送も目撃されておらず、内部に取り込まれたものと思われます。
『週刊マンガライレポートVol.99』の画像

特徴的なファンネルの形状、やっぱり・・・ ※情報頂きました金甲山様には改めて感謝申し上げます。 急行Kalimaya廃止疑惑が出た6月ダイヤ改正(結局このときには残ったものの7月1日修正で日中のRangkasBitung~Merak間が廃止に・・・・)前に、お名残乗車がてらフェリーウ
『元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・』の画像

先週末のゲート前このままレバラン突入、当分次期出場はなしってところでしょうか。H24は一旦場外に引き出された後、転線し、内部に取り込まれた模様。Rheostaticに動きナシですが、そのうち台車のみのPurwakarta配給も行われそうな感じですね。
『週刊マンガライレポートVol.98』の画像

先週末のゲート前 既報の通り、2014年度譲渡分の205系がいよいよ上陸。配給順序とは逆に、先に水切りされたH21,H24がBalaiyasaへ疎開。現地化改造は新津配給順、つまりシッピングマーク順に行われるようです。ですので、Balaiyasaに回送された2本はしばらくここで待機。しか
『週刊マンガライレポートVol.97』の画像

2014年度譲渡分、第一陣が着岸! 12日早朝、去る6月26日に205系32両を積載し、新潟東港を出港していた貨物船がTanjungPriok港に着岸。いよいよ横浜線もジャカルタ入り。まさにこの日を待っていた!!
『H21,24,4,6 Yokoso!TanjungPriok!(7月12日)』の画像

先週末のゲート前 203系が続々と全検入り。新たにマト69もBYM入場。そして既に入場しているマト68は外装整備で終盤を迎えており、まもなく出場と思われます。見て分かるとおり、前面黄帯はマト66と同様の細帯(元来のエメグリ帯内に白細帯を収めている)になっています。こ
『週刊マンガライレポートVol.96』の画像

惜別、HITACHI・・・・・・早いもので7月、もう今年もあと半分を残すのみになりました。しかし怒涛の勢いで変わりゆく鉄道風景、そんな中に身を投じていると、不思議なもので上半期の出来事が遠い過去のように感じられ、あと半年も残っているのかよ、というのが正直なところ
『プルワカルタ詣、2014年7月』の画像

先週末のゲート前マト51が出場し、再びエコノミー車両のみに。おそらくこのステンレスRheostaticは先日入替風景を目撃した87102と87114の中間車、87101と87103でしょう。Balaiyasaで朽ちていたHitachiと連結されたところを見ると、近日中に一緒にPurwakarta送りになることでし
『週刊マンガライレポートVol.95』の画像

2ヶ月ぶりのPurwakarta再訪。アスれーるチックが、いよいよガラクタ公園になりつつあります;;6月5日からのPurwakarta廃回の再開を受けて、先日Purwakartaへ足を延ばしてきました。お山に積まれてしまうと車番の確認が出来ませんので、確認がてら。もう詳細を書いていたらキ
『プルワカルタ詣、2014年6月』の画像

↑このページのトップヘ