JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

H19が姿を消しました 3週連続でほぼ動きのないゲート前・・・。1090F(これまで1090Fとお伝えしていましたが、先に検査に入ったのは1080Fでした)1080Fが試運転線上に移動しており、今週中にも試運転がありそうな予感です。またDepokでは6023Fが全検入りしており、こちらも
『週刊マンガライレポートVol.112』の画像

オフレールのときを待つ、6000系中間車 多忙につき、撮影したまま更新が出来ませんでしたが、立て続けの東葉1000/メトロ5000のPurwakarta廃回、そしてメトロ6000のCikaum廃回に合わせ、10月5日12日と、こちらも立て続けに訪問してきましたので、紹介します。1回目の1000/500
『プルワカルタ&チカウム詣、2014年10月』の画像

先週末のゲート前またも全く動きのない、Manggarai工場。こんな状態ですので、横浜線205系が運用を開始した以外は大きな動きはありませんでした。KCJを相手にしすぎていると、本当に胃が痛くなりそうですので、気分転換に先週末はスンダ海峡にフェリーウォッチングしに行きま
『週刊マンガライレポートVol.111』の画像

先週末のゲート前。205とBonBon時空を超えた出会い。 第五陣到着のH28,H19がひとまずBalaiyasaManggaraiに収容されています。となると自動的に残りの2本、H11,H22がBukitDuriに入ったことになりますが、H22は早くも週明け20日月曜日にDepok電車区へ配給されています。
『週刊マンガライレポートVol.110』の画像

現地ファンも待望?のH28もインドネシア上陸!! 横浜線第五陣4本を積載し、10月2日に新潟東港を出港した貨物船が15日夕方にTanjungPriok着岸。H11,28,19,22の32両が新たにジャカルタ入りしました。これにて現地入りした横浜線は17本。2014年度譲渡分は残すところあと5本。
『H11,28,19,22 Yokoso ! TanjungPriok !(10月15日~)』の画像

久々の平穏・・・、動きのない週末 稼働編成では久々に動きの少ない1週間でした。1090Fは冷房を換装して、最終チェック中でしょうか。ゲートの様子を見ると、Purwakarta廃回も当分の間なさそうですね。DepokからのPurwakarta/Cikaum廃回は引き続き行われそうな予感ですが。
『週刊マンガライレポートVol.109』の画像

先週末のゲート前お待たせしました。これにて遅延回復です。9/30~10/5分のマンガライレポートです。それにしても、ゲート前がスッキリ。青色HolecがPurwakartaに送られたようで、姿を消しました。そして、生々しいビンタロー事故の7121が場所を変えたのか、事故車置き場にBo
『週刊マンガライレポートVol.108』の画像

先々週末のゲート前 更新が遅れまして申し訳ございません。JALITA廃回後、“夜のお仕事”が立て込んでおりまして、流石に日中の業務に支障を来たすわけにも行かず、ブログの更新に回す時間がありませんでした。睡眠3時間の日々が続き、限界でした;;というわけで、遅れ
『週刊マンガライレポートVol.107』の画像

国産電車使用停止令後、初のINKA返却回送はHolecAC 周知の通り、JABODETABEK圏からINKA製国産電車が9月17日をもって離脱し、再改造のため、INKAへ返却待ち状態でしたが、その第一号としてHolecAC 第二編成がMadiunに向けて出発しました。Ts2といえば19日に、疎開のため、Tan
『HolecAC Ts2 INKAへ返却(10月3日)』の画像

深夜の廃回に向けてDepok電車区にて準備が進む東葉1000形中間予備車夜のお仕事第五弾・・・、だったのですが、流石に体力が持たず、日中の撮影で済ませました。まあそれに伴うイベントも発生しましたし。そんなわけで、9月26日、東急8613Fに引き続き、譲渡車両からの廃車第二
『東葉1000形中間予備車他、Purwakartaへ(09月26日)』の画像

旧塗装HITACHIがPurwakartaへ 夜のお仕事シリーズ、第四弾(笑)最新ニュースで済ませても良かったのですが、HITACHIのManggarai出発をお見送りしたことがなかったので、終電後のManggaraiに再出撃。ここのところ頻発している廃車回送ですが、前回に続き、またもPurwakarta
『HITACHI KL3-97220F他、Purwakartaへ(9月24日)』の画像

9月21日のゲート前 大変お待たせいたしました。遅れておりました、マンガライレポートVol.106、9月15日~9月21日の動きです。KFWの離脱、そして横浜線第四陣の着岸で、正に激動の渦の中に飲み込まれた感でした。当分夜のお仕事はしたくないです・・・。 さて、ゲート前には
『週刊マンガライレポートVol.106』の画像

初のHolec+Rheostatic混成の廃回。さらに後部はDjokoTingkirがエスコートという三色団子!9月22日終電後、横浜線車両の到着に合わせ、久々のPurwakarta配給が実施されました。今回廃車されたのは以下の8両。・KL3-94220,97241,97239,96206,78106,84113,78109,78111なお、Hole
『HolecKL3-94220F他、Purwakartaへ&JALITAその後(9月22日)』の画像

歴史に名を残す、史上最悪の水切りの始まり・・・ 9月19日早朝、同4日に新潟東港を出港していた貨物船がTanjungPriokに着岸。2014年度分第四陣として、205系H18,H14,H25,H23編成の4本が新たにインドネシアに上陸しました。途中、船体クレーンの故障を挟み、22日早朝まで、丸
『H18,14,25,23 Yokoso ! TanjungPriok !(9月19日~)』の画像

Tangerangに向けて最後の自走!? 19日終電後(20日深夜)、既に運用から離脱し、Depok電車区での留置後、DepokBaru中線に疎開していたHolecAC Ts2が205系4本の到着にあわせ、DepokBaruからTangerangへ、再疎開されました。3本中、唯一稼働可能な状態であったTs2ですが、こ
『HolecAC Ts2 Tangerangへ疎開(09月19日)』の画像

ついに譲渡車から廃車第一号が発生近日中に205系(横浜線)がDepokに配給されることから、至急空き線を作る必要性が生じ、9月17日終電後、長らくDepok電車区にて休車状態が続いていたJALITAこと8613Fが廃車回送されました。既に103系E20+E27と共に近いうちに廃車回送される
『8613F“JALITA”廃車回送(9月17日)』の画像

先週末のゲート前 今週も青色Holecが停車中。しかし良く見てみると、先週のとは別物で、倉の中にいるのが、先週の編成ではないでしょうか。マンガライの森の中には一体どれほどのHolecが隠されていたのでしょうねぇ。向かって右に見えるのは、先日マト51から抜き取られたサハ203
『週刊マンガライレポートVol.105』の画像

続々増える205系6月1日ダイヤ大改正以降、ダイヤ上は大きな変更はなかったBogor線。それでも6月中旬以降にてこ入れが行われたSerpong線,Bekasi線同様に、Bogor線も一部運転区間等の変更が実施され、公式より7月16日修正版として時刻がアップロードされておりました。その後
『Bogor線2014年6月1日改正ダイヤ(9月11日訂補)』の画像

青いHolec,再び・・・。そして1090Fと同時に1080Fも全検入り先週末のゲート前です。05-105Fは引き続き、入場中。一気に8連が3本も入場していることになります。DepokはDepokで引き続き、8607F,8611Fが入場していますので、編成数の割に、一時的ではありますが、稼動数が減っ
『週刊マンガライレポートVol.104』の画像

横浜線車両が仲間入り!久々のデポック通信。7月末に橋の下に降りたものの、多忙でアップ出来ず・・・。その間にも横浜線の改造作業は進んでおり、先日、再度橋の上からウォッチングを行いましたので、7月8月合併号としてお送りします(もう9月ですが・・・)。
『不定期更新 月刊デポック通信(7月,8月分合併号)』の画像

週刊マンガライレポート、おかげさまでVol.103!!皆様のリクエストにお応えして。最初で最後の巻頭103系スペシャルを、もう二度とジャカルタの地でお目にかかれないかもしれない東海色103系の姿と共にお届けします。先週お知らせしている通り、BalaiyasaManggaraiストックヤ
『週刊マンガライレポートVol.103』の画像

昨日に引き続き、H4も試運転!! 8月28日、第一陣到着のうち、Depok電車区まで直接回送されていたH4編成がH6に引き続き試運転を実施しました。区間は前日と同じく。改造明けすぐの試験ということで、運輸省職員は乗車せず、あくまでもKCJ独自の性能試験のようですね。駅の先で
『H4改造明け試運転(8月28日)』の画像

新津配給第一号、H6編成が装いも新たにいよいよ試運転!Foto:Mas Adam 7月13日に横浜線第一陣として到着し、Depok電車区に配給され、現地化改造が実施されていたH6編成が整備を終了し、Depok~Manggarai~Bogor~Depok間で試運転を実施しました。まあまずはとりあえず、運用
『H6改造明け試運転(8月27日)』の画像

マト69出場間近!!(8月28日実施済み) 7121Fの中間車が再び倉に突っ込まれた状態で置かれており、なんらかの部品取りをしているものと思われます。05-105Fがすでに入場していますので、それに伴うものかもしれません。またDepokにて入場待ちだった1090FがDepok入場せず、Bala
『週刊マンガライレポートVol.102』の画像

↑このページのトップヘ