JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

掲題の通り8日夜、KFWがTangerang駅で特攻し、車止めを破壊しました。Kotaの車止めなんて、しばしば推進運転の客車に破壊されてますので、別にお知らせすることのほどでもないとは思ったのですが、車両が車両だけにとりあえず報告しておきます。
『KFW Ts5,6、Tangerang駅で過走(3月8日)』の画像

ちょうど1週間前頃のDipoDepok、通称改造線 foto:Mas Adam 通常ですと、マンガライレポートの中の1つのコーナーとして存在するデポック通信ですが、先週末の更新分がKFW等でそこそこ中身が詰まってしまったこと、またデポック通信分もいくらかお知らせする情報が溜まっ
『不定期更新 月刊デポック通信(2月分)』の画像

何も居ない週末、再び。 5817Fが3月1日あたりから営業に復帰し、ガラガラのゲート前です。7123Fはまだまだ時間がかかる様子・・・。
『週刊マンガライレポートVol.26』の画像

(前回の続きです)乗船後、すぐに目に飛び込んできた二等船室の案内板。やはり日本から流れてきたこのフェリー、そうとわかれば、どこの船なのか知りたくなるというもの。さっそく船内探検開始。
『宇高連絡船を求めてスマトラへ②』の画像

今年で瀬戸大橋開業25周年!20周年記念では、スーパーサルーンゆめじ用の“211系”を引っ張り出してリバイバルマリンライナーを走らせ、さらに、宇高連絡船を求めてインドネシアへ行く!!というツアーまで組まれたのは印象的すぎて、ついこの前のように思えてしまいま
『宇高連絡船を求めてスマトラへ①』の画像

なんだか変わり映えがしませんねぇ・・・。 先週末のゲート前です。5817Fなかなか出場しません。なお最後まで残っていたオリジナル方向幕は見た感じ、抜かれたように見えます。また旧JABOTABEK事業部マークも消されてしまいました。そういえば最近、自連アダプターの各編成
『週刊マンガライレポートVol.25』の画像

KFW絡みで忙しく、更新が遅れてしまいました。先週末のゲート前です。 ゲート自体はあまり動きは無かったわけですが、なにかと小ネタが集まった先週の動きをどうぞ。
『週刊マンガライレポートVol.24』の画像

KFW営業一番列車となったTangerang6:00発CL775列車(第1・第2編成) 2月19日、これまで営業開始が延びに伸びていたドイツマネーによるKFWこと国産新型電車(主要機器はボンバルディア製)が突如、営業運転を開始。またそれに伴う送り込み回送が試運転を兼ねて実施されました
『【臨時更新】KFW、Tangerang送り込み&プレ営業運転開始!(2月19日)』の画像

カッパに引き続き、イモムシも8連になってBogor線デビュー! 本日、かねてよりマンガライ工場で事故修復が行われていたLohanことTMG先頭化改造編成6227Fが検査を終了し、かつTMG暫定6201Fの中間車4両を組み込み、運用入りしました。事故復旧の6227側のみ、腰回りのヘッドラ
『イモムシ8連になる、他(2月15日)』の画像

今更~な話題ですが・・・。前回のマンガライレポートでお伝えした、KFWのMaja入線試験、結局月曜夜はKAIから許可運行が降りず、Batal!そして今日の夜に延期とのことでしたので、朝から気合を入れて、今か今かと待ちわびていたわけですが、またもやBatal!またか・・・と
『6105F,6127F Yokoso TanjungPriok!③(2012年11月17日)』の画像

パラレルワールド中央線! 大変おまたせいたしました。中央線/Bogor線下りダイヤです。完成しそうになると修正が加わるということの連続で、ようやく完成にこぎつけました。といってもBogor線ダイヤのサクラダファミリア状態は未だ続いており、あくまでも参考程度にご利用下
『Bogor線/中央線下りダイヤ(2011年12月改正修正版)』の画像

祝Feeder Line復旧! これにてJABODETADEK管内全線での運転が再開されました。何故、ゲート前の写真じゃないかって??
『週刊マンガライレポートVol.23』の画像

前回のマンガライレポートでも触れている通り、TMG先頭化改造車6226Fが8連となって今週より運用に就いています。以前の緑に黄帯からDepokの標準色となりつつある、青に黄帯になって若干野暮ったさは拭われましたが、デザインはそのまま引き継がれているので黄色い口ばしと
『青ガッパ8連になる、その他諸々(改番情報追加)』の画像

先週末のゲート前。TanahAbangで浸水し、検査期限をちょうど迎えていた7123Fがいよいよ全検入場。そして5817F(67F)の検査も佳境を迎えておりました。東葉1060Fはすでに試運転を終了し、Depokへ戻り、月曜日から運用を開始しています。さらに右この右には6227Fが試運転に
『週刊マンガライレポートVol.22』の画像

堂々の8連がメインルートを行く! 1月上旬から動きが活発だった103系高運転台編成。今週日曜日からは連日朝夕運用に就いているのが目撃されています。
『103系E20・E22編成、快走中!』の画像

※許可を得て撮影 最後までBalaiyasaManggaraiに残っていた6105FがDepokへ配給されました。これにて2012年度譲渡編成の全ての輸送劇が完全に終了しました。つまりオリジナルの姿で残る6000系チョッパ車は完全消滅したことになります。
『6105F、Depokへ。(1月26日)』の画像

祝!1060F黄縁+青カラー続投決定! 先週末のマンガライゲート前です。年末に全検入場した1060Fが早くもおよその検査を終了し、新たな装いでお目見えしておりました。東葉1000系というと、すでに他の2本が赤縁+青かつ、全面青色部分拡大という残念な結果になっておりま
『週刊マンガライレポートVol.21』の画像

様々な形式が行き交うメインルート、中央線/Bogor線。 大変お待たせいたしました。Bogor線、2011年12月改正ダイヤ修正版、まずは上りから。完成したかなと思うと、微妙な修正が加わり、ま突如運休指定になったりと、はたまた女性専用列車(以後はRKF表記で統一しようと思
『Bogor線/中央線上りダイヤ(2011年12月改正修正版)』の画像

またまた更新が遅れてしまいました。長雨が開けたものの、列車は当駅折り返しで人影もまばらなManggarai駅。 日本でも報道がなされているかと存じますが、年明けから止まなかった長雨の結果がいよいよカタチとなって現れました。兼ねてより、今年度は5年に1度の雨年とい
『週刊マンガライレポートVol.20』の画像

本日回送された3本。向かって右からKRLI(TS2)、HITACHI、KRLI(TS1) BukitDuri電車区浸水のため、長らく車両故障により同所に留置されていたKRLI 第一編成:TS1(KRLI-01B0105,KRLI-01B0206,KRLI-01B0207,KRLI-01B0108)、そしてFeederLineの憎まれ者だった同第二
『HITACHI, KRLI、Depokへ疎開(1月16日)』の画像

Bogor線PondokCina駅で先日、主たる利用者であるUIの学生が立ち上がりましたが、今度は同駅にて商店主が蜂起しました。強制撤去を不服としたBogor線沿線の主人たちが利用者も巻き込み、線路を封鎖。そのため、12時30分頃から17時30分頃まで、約5時間に渡り、Bogor線は一
『Cinaの乱再び+スマトラ向けKRD試運転(1月14日)』の画像

まるで5000系と連結しているような05系。東西線ファンにはたまらない光景?先週末のゲート“内”です。※許可を得て撮影。 改めまして、あけましておめでとうございます。色々ネタが入り、更新が遅れてしまいましたが、新年1発目、1週間遅れののマンガライレポートです。
『週刊マンガライレポートVol.18(新春特大号)』の画像

まるでCOMMETのデザインみたいな状態の7000系 先週の今時分は、まだこんな状態だったTM7122FがDipo Depokを全検出場Mangarai~Bogor間で試運転を行いました。
『TM7122F 全検明け試運転実施(1月8日)』の画像

↑このページのトップヘ