JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

変な塗装は見納めに1月の要検(P24)編成として、Balaiyasa Manggaraiに入場していた205系ナハ41+ナハ40編成ですが、1月下旬に出場、運用復帰しています。前回のマンガライレポートVol.339にて、ゲート前に姿を現していた同編成ですが、このときに既にほぼ検査を完了していたよ
『【JR東】205系南武線ナハ41+40編成要検出場&運用復帰』の画像

変化にお気づきですか?1月上旬頃、205系武蔵野線M14編成に運番表示機が再設置されているのが確認されています。同編成は昨年7月中旬に元々の先頭車であるM35編成のクハと中間運転台化されていたM14編成をトレードしています。その際に先頭に出たクハ205/204-45は、何らかの理
『205系武蔵野線M14編成に小変化』の画像

ナハ41+ナハ40は要検(P24)入場です先週も大きな動き無く、平穏無事に??1週間が過ぎ去りました。中の人が先週中ごろに、Balaiyasa Manggarai1月の全検(P48)入場分の205系M52編成の画像を上げており、週末までに出場試運転があるかと思われましたが目撃情が無く、かといってゲ
『1月の全入場編成はどこへ?週刊マンガライレポートVol.339』の画像

被られたのでサイドからKAI公式からアナウンスされている通り、1月18日から定期Taksaka2往復が2023年製の新型ステンレスマイナーチェンジ客車(SSNG)が充当されています。既報の通り、この新型編成は年末年始の臨時Taksakaから先行投入されていましたが、臨時列車の運行が1月1
『さよならHype Trip!!特急Taksaka(定期)も新型車両へ(1月18日~)』の画像

最近、元編成より長い暫定組成が増えていますね1月上旬、車輪限度値割れ又は車輪削正の為、205系武蔵野線M21編成が暫定12連化されています。同編成は元々4M6Tによる10連組成でしたが、サハ205-117、サハ205-118を欠車し、代わりにM31編成のMM'5062、MM’5022を組み込んでいま
『え??205系武蔵野線M21編成暫定12連化』の画像

今回は郊外で1月22日から1月23日にかけてメトロ05系112Fほか6両がINKAでの更新改造(レトロフィット)の為、デポック~マディウン間で配給されています。1月17日に施行された6両に続くもので、これをもってTs01Rの12両がINKAに揃ったことになります。とは言え、業者選定が済ん
『【メトロ】B修始まる!?05系112F他6両、マディウン配給2回目(1月23日~24日)』の画像

編成札無しですか・・・1月のデポック電車区全検(P48)入場分の205系武蔵野線M19編成が出場、1月19日に出場試運転を実施し、週明け1月21日から運用復帰となりました。試運転時と同じく8連での運用入りで、修繕中と噂されているMM'5017の組み込みはありませんでした。組み込むなら
『【JR東】205系武蔵野線M19編成全検出場&運用復帰』の画像

先週末のゲート前先週の動きと言えばリニューアル改造(レトロフィット)1本目となる05-112Fの半分がINKAに配給されたことですが、それ以外は特に無し。この通り、Balaiyasa Manggaraiのゲート前も今月の全検(P48)入場である205系M52編成は姿を見せていません。画像に映ってい
『週刊マンガライレポートVol.338(兼月刊デポック通信1月分)』の画像

綺麗に蘇りました12月の要検(P24)編成として、Balaiyasa Manggaraiに入場していた205系武蔵野線M15編成が出場、1月6日に試運転を行い、7日から運用に復帰しています。M15編成と言えば、武蔵野第一陣編成で、早くもジャカルタ歴6年目とは、月日が経つのは早いものですね・・・。
『【JR東】205系武蔵野線M15編成要検出場&運用復帰』の画像

微妙な天気ですがとりあえず・・・12月の要検(P24)編成のうち、デポック電車区に入場していた205系武蔵野線M24編成が出場、1月3日に試運転を実施、1月5日から運用に復帰しています。同編成は昨年3月に本数不足を補うために8連化されており、11月に再度12連化されていました。要
『【JR東】205系武蔵野線M24編成要検出場&運用復帰』の画像

ホント、この時期は配給シーズンですね(笑)しかし、今回は廃回ではありません1月17日から1月18日にかけてメトロ05系112F他6両がINKAでの更新改造(レトロフィット)の為、デポック~マディウン間で配給されています。この編成はTs01Rの最初の6両となります。メトロチョッパ車の
『【メトロ】B修始まる!?05系112F他6両、マディウン配給1回目(1月17日~18日)』の画像

待望の運転時間拡大、しかし22時台で運行終了・・・1月15日、KAI LRT Jabodebek事業部は報道向けプレスで、1月16日からの運転時間拡大を発表しました。昨年8月に開業したLRT Jaboebekですが、諸々の事情で全ての編成が使えず、ラッシュ時3分毎の本格運行に移行できていないこと
『LRT Jabodebek運行時間拡大&速度向上による増発(1月16日~)』の画像

何もいないゲート前今週も特に大きな動き無く1週間が過ぎました。当面、ブログは2日1回ペースでの更新を続けます。タイトルの通り、1月の全検(P48)入場車がBalaiyasa Manggaraiに入場しましたが、既に姿なく、完全に取り込まれています。入場したのは205系M52編成と見られて
『1月の全検編成が入場!!週刊マンガライレポ―トVol.337』の画像

2か月ぶりの12連復帰10月のBalaiyasa Manggarai要検(P24)入場編成の205系武蔵野線M34+29編成ですが、既報の通り、クハ204-13,クハ205-13,MM'5058が車輪限度値割れの為、暫定8連で先行出場していました。12月下旬にこの4両の車輪交換が完了し、12連に復帰しています。M34編成
『ようやくの!!205系武蔵野線M34+M29編成12連復帰&組成変更』の画像

これで205系の旧塗装消滅です12月のデポック電車区全検(P48)入場編成の205系武蔵野線M5編成が1月上旬に出場、試運転を終え、運用に復帰しています。当方、正月休み中に試運転を行っている為、日付の捕捉が出来ておらず申し訳ございません。これまで、10、12連ものの205系の入
『【JR東】205系武蔵野線M5編成全検出場&運用復帰』の画像

赤罐復活先日、4両目のリバイバルカラーが衝突事故により失われてしまいましたが、昨年11月のYK全検入場にて、CC201 83 48 SDTが新たにリバイバルカラー化されています。しかし、従来のクリームに緑のいわゆるPJKA塗装ではなく、その後に登場し、現在でもスマトラ罐には引き
『リバイバルカラー5両目!!赤罐CC201 83 48 SDTジャカルタ上京(1月5日)』の画像

先週末のゲート前要検(P24)入場のM15編成もまもなく出場今更ながら、新年あけましておめでとうございます。新年一発目のマンガライレポートです。引き続き地味な更新が続くかとは思いますが、本年もどうぞよろしくお願いします。昨日の記事でお伝えした通り、12月のBalaiyasa
『12月の全検入場車が出場!!週刊マンガライレポ―トVol.336』の画像

久しぶりのメトロ車出場です12月のBalaiyasa Manggarai全検(P48)入場分のメトロ6000系6117Fが出場、1月上旬、運用復帰しています。年末年始でジャカルタを離れていた際に試運転も終えているようで、捕捉が出来ていなかったのですが、年末時点でBalaiyasa Manggaraiのゲート前
『【メトロ】6000系6117F全検出場&運用復帰』の画像

事故は忘れたころにやってきます撮影:Azmie様既にSNSや各メディア媒体から報じられている通り、1月5日朝6:00頃、バンドン(山)線チチャレンカ駅の西寄り(バンドン寄り)の場内信号付近にてスラバヤ発バンドン行きの上り特急Turangga65列車とパダララン発チチャレンカ行きの下り
『【第2事業部】チチャレンカ駅で正面衝突事故発生(1月5日)』の画像

車輪削正だけで早々に復帰12月中旬からMM'403を欠車し暫定10連化されていた205系武蔵野背M64+63編成が12月下旬、12連に復帰しました。車輪交換ではなく、車輪削正のみで1週間ちょっとでの復帰でした。さて、12月27日の記事でお知らせしている通り、MM’403が欠車したことで、
『205系武蔵野線M64+63編成12連復帰&横浜線H25+24編成暫定10連化』の画像

代わり映えのないネタで恐縮ですSelamat Tahun baru 2024. 新年あけましておめでとうございます。年末のマンレポで書いた通り、今年は本当にネタの無い1年になりそうです。昨年の1月にTwitter版の方に「2023年がインドネシアの鉄道の分水嶺になりそうな、先行き真っ暗なご時
『205系埼京線ハエ15/32編成&横浜線H19編成元組成復帰』の画像

ハエ24編成ではありません12月下旬、205系埼京線ハエ13編成、及びハエ18編成が編成組み替えを行い、暫定12連化されています。これは両編成の一部に車輪削正の必要が生じた為で、残った編成を組み合わせ、暫定的に12連を組んでいることに因みます。暫定組成では本組成より短く
『なんだこりゃ!?205系埼京線ハエ13/18編成暫定12連化』の画像

被られました・・・Argo Dwipangga、Argo Lawuとジョグジャ方面行きの特急に続々登場している23年製の新型ステンレス客車(SSNG)ですが、続いてTaksaka編成もデビューを果たしています。しかし、今回、Taksaka編成は、12月21日から臨時Taksakaに充当されており、年末年始の繁忙シ
『【モノクラス編成】2023年製新型客車、Taksaka色も運転開始(12月21日)』の画像

久々の登場、ナハ37+ナハ42編成12月上旬頃より、205系南武線ナハ37+ナハ42編成が何らかの理由により暫定10連化されています。欠車したのは中間運転台となっているクハ205-21及びクハ204-26。よって、一時的に8M2Tのハイパワー編成となっています。このところ暫定組成が増える
『205系南武線ナハ37+42編成、武蔵野線M64+63編成暫定10連化』の画像

↑このページのトップヘ