JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

検査明け直後のピカピカな田窓編成、6105Fかれこれ、試運転から1ヵ月近く経ってしまいますが、ようやくまともなカットを撮れました。とにかく11月は雨やら曇りやらで天候に恵まれず、さらに205系を追いかけSerpong通いに明け暮れ、かといってBogor線で待ち構えていると故障で
『メトロ6000系6105F(検査明け運用復帰後)』の画像

約1年ぶりにKCJロゴが復活11月下旬より、205系ナハ11,12編成が車輪限度値割れの為、ナハ12側4両が丸々欠車し、ナハ11編成のみの単独運用に就いています。先週一番のネタものと言えた、この編成。滅多に日の目を見ない中間運転台が先頭に立っただけでなく、黒色のKCJロゴ、さ
『復刻!!205系ナハ11編成KCJ仕様』の画像

知り合いの運転士がサービスしてくれました前に、KKWラッピングの05系は消滅と書いた記憶があるのですが、05-110Fの存在を忘れていました・・・。マンレポ9・10月合併号をまとめているときに気づきました・・・。そちらには既に書いていたのですが、改めてお詫びを申し上げま
『メトロ05系110F(お詫び)』の画像

もはやパラヒャンガン、カオスです10月末頃?からオールエコノミなのにArgoを名乗るバンドン線のネタ列車、Argo Parahyangan PremiumにPriorityが連結されています。初め見たときは、ヲタが奇をてらって、PremiumにPriorityを連結したのでは?と思ったのですが、改めてネット
『特急Argo Parahyangan PremiumにもPriority連結』の画像

気づけば最終陣、MRTJ11月下旬に豊橋港を出港していた貨物船が12月1日朝Tanjung Priok港着岸。昼頃から、深夜にかけて6連4本、計24両の水切り作業が実施されました。これにて、MRTJ南北線第一期Lebak Bulus~Bundaran HI間向け、予定96両の輸送が全て完了しました。第二陣以
『MRTJ第五陣(最終陣)Yokoso ! Tanjung Priok!!(12月1日)』の画像

唯一のオール4ドア横浜線、H28編成超ご無沙汰なH28編成です。乗ることも撮ることも滅多にないこの編成、例のポイントに立つとちょうどやってきました。横浜線時代から(厳密に言えば、その前から)お世話になったというか、ご縁のあった編成ですが、ずっとSerpong線運用にいる
『205系H28編成(えええ?)』の画像

わかりますか??時折晴れ間も出た、先週末。あまりにもSerpong線内の撮影ポイントが少ないので、なんとかならないかと思い試しに向かったポイントがこちら。11月も末となり、いよいよ太陽が南側に最大限傾いている為、一時よりも光線状況がマシになっているとも見え、行って
『205系ハエ15/32編成(え?)』の画像

ひっそりと?運用離脱していた6121F11月下旬頃より、メトロ6000系6121Fが一部車両の車輪交換を実施し、運用に復帰しています。特に編成短縮等にならなかった編成に一体何が?と思われるかもしれませんが、やはりこの編成にもブレーキ不緩解を思わせる事象が発生し、車輪削正
『メトロ6000系6121F(車輪交換明け)』の画像

証拠写真を撮るつもりが、被った!!10月度の全検としてDepok電車区に入場していたナハ43,38編成が順当に出場しています。検査明け試運転は、最新ニュース欄でお知らせしていますが、翌日から運用に復帰しています。が、11月18日にブレーキ不緩解と思われる故障が発生し、さっ
『205系ナハ43,38編成(全検出場運用復帰、しかし!)』の画像

最後の目玉商品、電車型クッションを放出しますちまちまと続けてまいりました電車グッズの在庫処分、おかげさまで小物類は先月末にて完売の運びとなりました。ご購入いただいた皆様、ありがとうございました。さて、その中でまだアップしていなかった商品がこちら。公式グッ
『ヤフオクでのグッズ販売終了のお知らせ』の画像

数カ月ぶりに10連に戻った6118F11月中旬、車輪限度値割れにより、長らく8連化されていた6118Fが10連に復帰しました。それにしても、車輪納入から、復帰まで長かったですね。そんなにDepok電車区がその他の業務で忙しいのでしょうか。引き続き、6116F、6117F、6119Fが8連のま
『メトロ6000系6118F(10連復帰)』の画像

3例目になるDepok Baru疎開11月中旬より、203系マト68がDepok Baru中線にて疎開処置が取られています。武蔵野線205系第2陣の到着にあわせて、実施されている一部車両疎開ですが、6129Fが2週間ほど留置されたのち、入れ替わりで6107Fが疎開され、それを狙って行ったのですが、
『203系マト68編成、Depok Baru疎開』の画像

陸送され、ズラリと並ぶMRTJ車両どうも、着岸時が不完全燃焼でしたので、懲りずにLebak Bulusへ。月・水・金と6両ずつ実施された今回の陸送、時間の取れた中日にちょっくら見てきました。この日に陸送されてきたのはTs4の6両でした。なんだか、こうやってトレーラーの載った
『MRTJ第四陣、ルバックブルス車両基地へ陸送完了(11月24日)』の画像

環状線内で撮りたいですね・・・車輪限度値割れの為、11月中頃から8500系8604Fが10連化されています。ご覧の通り、8000系の中間運転台サハが欠車し、12連化前に一時的に見られた10連の姿が復活しています。これが、本来の8500系の姿なのですけどね・・・。
『東急8500系8604F10連化』の画像

幕が見えているのが105F引き続き、現実逃避です。ときおり晴れ間を見せたのが、せめてもの救いだった先週末。嫌々行ったSerpongから戻ってきて、Sudirmanに降りると、日没間近の日差しが差し込んでいましたので、影落ちは覚悟で線路際を歩いていくと、05系が2本連続でやって
『兄弟車?メトロ05系108F&109F』の画像

お待たせして申し訳ございません。DLマーケットからの最新の情報によると、サーバーの修復まで短くとも2~3か月はかかるとのことです。当面の間、DLマーケットは使用出来ないと判断(このまま自然消滅か?)し、マンガライレポート9・10月号につきましては、既に作成してしまっ
『月刊マンガライレポート8・9月合併号の頒布について』の画像

当たり前の風景になってしまったステンレス特急10月29日より、特急Argo Jatiが新型ステンレス客車化されています。205のことを考えたくないので、現実逃避です(笑)従来、2009年、2010年製の小窓新製Argo客車を充当していたArgo Jati、特にこの小窓客車は居住性が高く、置き換
『特急Argo Jatiもステンレス化』の画像

形態変更したのに・・・11月21日18:10頃、Parung Panjang発Tanah Abang行き2051列車がCicayur~Cisauk間のカーブ上で脱線しました。当該はハエ14編成のサハ204-28。先月にもSerpong線内では脱線事故が起きたばかりで、再びの発生。しかも、いずれも当該が6扉車サハ204という
『205系ハエ14編成脱線事故当該(11月21日)』の画像

ハエ30だって、いつどうなるか・・・もう寝て起きたら、205が訳のわからんことになっています。もうそれだけで頭が痛く、夜も寝られません。毎晩うなされています・・・(滝汗)というくらい、収拾の付かない形態変更、とりあえず毎週末の度に、出来る範囲で組成チェックをして
『Bukit Duri入区運用の205系ハエ30』の画像

ハエ1もついに形態変更最期までオリジナル組成を保っていたハエ1編成が11月中頃、形態変更が実施されました。わずもがな、御覧の通りの組成です。これにより、205系埼京6扉組み込み全編成の組成変更が終了しました。が、これはほんの序章に過ぎませんでした。ここからがハマ
『205系ハエ1編成形態変更』の画像

午後の日差しを浴びて、Bogor線を上るM29編成11月19日午後、2018年譲渡分武蔵野線205系第二陣のうち、2本目に水切りされたM29編成がDepok~Manggarai~Depok間で運輸省試験を実施しました。朝スジのM32編成に引き続いての試運転です。先日の橋の上ウォッチングで確認出来なか
『205系武蔵野線M29編成、運輸省試運転(11月19日)』の画像

Tanjung Priokで並ぶ2つのINKA電車INKAで製造されていたLRT Palembang向け車両第8編成が11月18日~19日にかけてMadiung~Tanjung Priok間で甲種輸送されました。何を今頃?という気がするのですが、第7編成が輸送されたのが確かアジア大会の直前。つまり、約3か月もブランク
『LRT Palembang Ts8甲種輸送(11月19日)』の画像

大型試運転サボを掲出してBogor線を下る11月19日午前、2018年譲渡分武蔵野線205系第二陣のうち、最初に水切りされたM36編成がDepok~Manggarai~Bogor~Depok間で運輸省試験を実施しました。通常、社内試験からの運輸省試験という流れでしたが、事前情報他、証言などももとに
『205系武蔵野線M36編成、運輸省試運転(11月19日)』の画像

脱線事故当該のハエ12、新組成で10連復帰11月上旬頃より、205系ハエ12編成が10連復帰しています。既報の通り、10月13日に発生したSerpong線内にて、サハ204-25が脱線(怒涛の形態変更の引き金に・・・)。翌日から、6扉車を欠車した8連暫定編成で運用されていました。1カ月ぶり
『205系ハエ12編成10連復帰』の画像

↑このページのトップヘ