JABODETABEK COMMUTERS NEWS

JABODETABEK COMMUTERS NEWS イメージ画像
インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KERETA COMMUTER INDONESIAの最新情報をお届けします。オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

更新情報

先週末のゲート前 大変お待たせいたしました。遅れておりました先週分のマンガライレポートです。小ネタを含めてこの週は何かと動きがありまして、限られた時間で追いかけるのにはなかなか苦労してしまいました。さて、前回まで7121Fの生き残りがお尻を見せていたゲート前で
『週刊マンガライレポートVol.71』の画像

疎開のため、Manggarai駅に現れたハエ20 撮影 Adam様 いよいよ、ジャカルタは雨季本番に突入しました。別段スコールのような雨が降り続くわけではなく、フツーに朝から晩までシトシト雨が降り続くのですが、これこそが、ジャカルタ洪水を引き起こす最大の要因!降水量自
『今年もBUDバンジル(1月13日)※画像追加』の画像

ハエ1編成もジャカルタへ! 1月10日夕刻、12月26日に新潟東港を出港していた貨物船がTanjungPriok港に着岸。翌日にかけて30両がBukitDuri又はBalaiyasaManggaraiまで輸送されました。今回は残念ながら土日にかからなかったため、画像は少なめですが、初となる小窓の元ヤテ車
『ハエ1,31,20 Yokoso!TanjungPriok!(1月10日)』の画像

先日、橋の下に降りてゆっくりと撮影する機会がありましたので、久しぶりの単体デポック通信です。なお撮影日は12月下旬ですが、便宜上1月分として更新いたします。もはやBalaiyasaManggaraiへの潜入は絶望的(去年の正月以来入れていないんですね・・・)になってしま
『不定期更新 月刊デポック通信(1月分) BUD拡大版』の画像

先週末のゲート前。動きなし。 改めまして、新年あけましておめでとうございます。2014年1発目のマンガライレポートですが、年末年始に工場がさほど稼動するわけも無く、目立った動きはありませんでした。しかし7121Fがこの場所に入ってから2週間近く経つわけですが、一体何
『週刊マンガライレポートVol.70』の画像

試運転が続くハエ15編成 Selamat Tahun Baru 2014!新年明けましておめでとうございます、ジャカルタも日本より2時間遅れて新年を迎えました。本年もJABODETABEK COMMUTERS NEWSをよろしくお願い致します。 といってもネタは前年度の消化不良分から。
『205系ハエ15編成、試運転再び(12月31日)』の画像

先週末のゲート前 昨年に引き続く露天商の強行撤去そして完全掃討、KFWの運用開始、Maja電化開業、IC乗車券の供用開始とPSO適用、Nambo線の復旧・・・・・等々々と怒涛のように過ぎ去った2013年ですが、おかげさまで今年もほぼ毎週の更新が達成出来ました。一年でここまで変
『週刊マンガライレポートVol.69』の画像

先週末のゲート前 編成札が撤去されているため、編成番号がわかりませんが、おそらくハエ11??そして倉の中には事故当該の7121Fのうち、被災度合いの低い7221以下7両が突っ込まれています。部品取りでもしているのでしょうか。
『週刊マンガライレポートVol.68』の画像

唯一となる?オール4扉のハエ26、ジャカルタ上陸 12月15日夜、12月上旬に新潟を出港していた貨物船がTanjungPriok港に着岸。30両積載のため、快速便で予定通りの入港だったのですが・・・。今回到着したのはハエ4,26,23編成でうち、ハエ26は初の6扉なしという注目編成です。しか
『205系ハエ4,26,23 Yokoso! TanjungPriok!!(12月15日~)』の画像

現地化改造のため、Depokへ配給されるハエ24 前回のマンガライレポート、つまり日曜日のお話の続きです。長くなりそうだったので、別記事にてお送りします。 12月15日、現地化改造及び、BukitDuri電車区に空きをつくるため、第三陣でジャカルタ入りしていた205系ハエ24編成
『ハエ24、Depokへ・ハエ15Manggaraiへ(12月15日)』の画像

賑やかなゲート前 左からTM6112F,TMG6271F,205系ハエ11,TMG6161F 大変おまたせいたしました。12月15日付けのマンガライレポートです。今週もさほどの動きはないと高をくくり、7121F追悼特集でお茶を濁そうかと思い、すでに準備ししていたのですが、予想外の大収穫。
『週刊マンガライレポートVol.67』の画像

さよなら・・・7121F 開設以来トップ画像として使用している7000系並びからもわかるとおり、どうも私自身7121Fと縁がなかったようで(あの並びは7117F,7122F,7123Fです)、ロクな写真が出てきませんでした。もっとしっかり掘り起こせばあるのかもしれませんが。トップ画
『7121F追悼特集』の画像

人知れずジャカルタ入りしていたHolecAC Ts3 撮影:Bayu Sulistyo 最新ニュース欄でも良かったのですが、画像の提供を受けましたので、HolecACの日中試運転の様子を(まだ日中走行は上げていませんでしたよね??記憶が曖昧・・・)。というわけで掲題の通り、12月10日、
『HolecAC Ts3 日中試運転 (12月10日)』の画像

TM7121Fが事故当該、7121号車が脱線炎上 撮影:Andi氏 すでに一部報道期間が日本でも報道しているようで、ご存知かもしれませんが、昨日12月9日午前10時50分頃、Serpong線PondokRanji~Kebayoran間の踏み切りで、Serpong発TanahAbang行き1131列車が踏み切りを渡りきらずに
『Serpong線Pondok Ranji~Kebayoran間で踏切事故(12月09日)追記あり』の画像

新入りと古株が並ぶ 先週末のゲート前、先日搬入されたハエ25がそのままの状態で留置中で、隣には出場間近のTMG6161Fの姿が。なおDepok電車区では出場した05-110Fに代わり、TMG6181Fが8連のまま入場(これにより混色編成は再度消滅)しているようです。
『週刊マンガライレポートVol.66』の画像

念願のJatinegara大カーブにて 但し今回は推進運転にならず・・・※編成番号を誤表記するという大失態を犯していました。お詫びして訂正申し上げます。正しくはハエ24。港湾内での画像が思いのほか多くなってしまいましたので、今回、本線走行シーンは別記事でお送りします。
『205系第三陣ハエ24編成、その後』の画像

インドネシア入線1ヶ月で早くも改造明け試運転実施!!撮影:Faris様 引き続き、所定の180両に向けて着々と川越車両センター~新潟東港~TanjungPriok~Depok間で輸送が実施されている元埼京線の205系ですが、そのうち第一陣の編成は現地化改造が終了し、運用開始に向けた試
『205系ハエ15編成,ハエ11編成Percobaan(12月3,4日)』の画像

trans jakarta車両にお出迎えされるハエ24 205系第三陣となるハエ13・24編成を積載し、新潟を11月中頃(15日あたり??)に出港していた貨物船が、12月3日朝、TajungPriok港に入港しました。日本を出港したと聞いたときから、今回の船はダメだ、と嫌な予感がしていたのですが、
『205系ハエ24・13, Yokoso! TanjungPriok!!(12月3日)』の画像

史上初のチャンプルー編成登場!? 先週末のゲート前。6112Fがいよいよ機器修繕に入るのか?と思いきや、後ろの車両よ~く見てください。7000系(7121F?の余剰中間車)、さらに後ろは05系(107F??)です。しかもアタマがここまで手前にあるということは、さらに後ろが繋がっ
『週刊マンガライレポートVol.65』の画像

前代未聞の同時並行で着々とKCJ色に染まりつつある205系(手前はハエ11) 前回のマンガライレポート(デポック通信)にて、側面の帯の張替えが終了し、あとは前面帯を残すのみ!だったデポック電車区で現地化改造中のハエ15,11,7編成でしたが、完成版を早く見たい!!というこ
『205系第一陣、デポック電車区にて現地化改造進行中!』の画像

先週末のゲート前 踏切事故による損傷の修繕のため緊急入場していた05-109Fが出場したのを受けて、205系ハエ14編成が通称Manggaraiの森からゲート前に移動してきました。既に第一陣はDepok電車区にて現地化改造が始まっていますので、第二陣も税関審査等が済み次第、Depok電車
『週刊マンガライレポートVol.64』の画像

これより先、撮影ご遠慮願います!“Jangan foto foto di sini !” そんなわけで、今週のマンガライレポートはお休みです。ついに日曜日までガードマンが配置されるようになり、マンガライレポートも、もはやここまでかっ!!
『週刊マンガライレポートVol.63』の画像

初めの1両、クハ205-122が夜空に舞い上がる 11月16日夜、205系第二陣を載せ10月25日に新潟港を出港していた貨物船がTanjungPriokに着岸しました。途中寄港が多かったため、第一陣に比べ、1週間ほど日数を要しての到着です。今回は完全に週末にかかったため、20両全てのジャカ
『205系ハエ14・25, Yokoso! TanjungPriok!!(11月16日)』の画像

スマトラに渡るCC2040601【YK】(手前)とCC2041105【YK】(奥) 205系ジャカルタ到着という、今年一番のイベントの裏で、CC204のスマトラ転属へ向けた作業も時と場所を同じくして、人知れず実施されておりました。
『CC204スマトラへ(11月2日~3日)』の画像

深夜のJatinegaraに停車中の205系ハエ15編成早いもので、205系第一陣のインドネシア上陸から1週間以上が経ってしまい、最新ニュース欄でお知らせしている通り、11日には1本目のハエ15がBukitDuriから、さらに翌12日にはManggaraiからハエ11がDepokに配給されました。またBukitDuri
『205系第一陣、その後』の画像

↑このページのトップヘ