Dsc_0842
本運用前に窓が割れるなんてことはとりあえずなかったみたいですね

先日お伝えした、Holec改造のKRDEが充当される長距離急行KaligansaEkspres。実は27日で運転終了になっておりました・・・。おっとっと様からコメントを頂きまして(情報提供ありがとうございます)改めて調べてみると、どうやらレバラン対応の臨時列車として設定されていたようです。しかしほとんど宣伝されていないものですから、客が定着するまでもなく、利用率の低いままひっそりと姿を消したことでしょう(Tegal側ではもうすこしPRされてたかもしれませんが)。JakartaにHolecが帰ってきた!なんてこのブログで書いてしまいましたから、次回訪問を楽しみにされている方も多かった(?)のではないかと存じますが、Holec改造のKRDEは現在Jakarta圏に顔を出しておりません。申し訳ございません。

さて運用を外れた5連2本の今後の去就ですが、これまたびっくり。なんとスマトラ送りとか・・・。どうやらMedanに配置され、空港連絡線に充当されるそうです(Woojin製車両の製造遅れの為)。ならば、輸送時にSerpong線経由でMerakから船積みするのではと淡い期待を抱いたのですが、無念、Surbayaから海上輸送だそうです。←Tanjung Priokから航送されました。


Dsc_0845
抜かすほう側が抜かれるほう側になったもの、ほんの2週間ほど。

つまり、別設定の列車で引き続きJakarta圏に顔を出すことも無い、というわけでもう少し記録しておけばよかったなぁと後悔しております。TanjungPriokだけ客扱いシーンを撮るべくは行っておくべきでした。

Dsc_0906
Ancol連絡線をゆくHolec気動車

現在、Holec改造のKRDEは全て出場(計5本)したため、INKAには種車が居ません。おそらくDepokに居る状態の良さそうな20両くらいがいずれ送られることになるのでしょうが、それにしても新たに生まれかわるのは1年以上先のことになるでしょう。←全てPurwakarta送りになりました。ですから、今回のようにKRDEがJakartaに顔を出すのは極めて異例だったということになるのかもしれません。しかしながら、もうJakartaでHolecの顔を拝めないとかというと、実はそういうわけではないのです。KRDE Holecと全く同じ顔のとある車両が、INKAにてひそかに改造中なのであります。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット