Dsc_0311_r
205系で埋め尽くされています

気づけばもう、4月も下旬。日本ではゴールデンウィークもすぐそこですね・・・。学生さんなんかを除けば、205系が運用に入ってから初の連休ですから、ジャカルタにお越しの方もまたまた増えそうですね。というわけで、この前遅れていた3月分のデポック通信をやったばかりですが、4月分も上げておきましょう。橋の上からですので、マンガライレポートに組み込んでしまおうかとも思ったのですが、どうも今週末にTangerang線が複線化されるとの噂もあり、アップアップする前に先に別記事で上げておきます。

というわけで、まずは第三の橋から。冒頭の画像の通り、予想通りの光景が広がっておりました。いい感じにRheostaticも紛れており、まさに過渡期の情景です。この前書きそびれましたが、INKA製のゲテモノ牽引車も稼動を開始しているようです。また上の2本のRheostaticは当面の間、構内での牽引車及び電車区間の配給用として、デポック電車区に残る模様だそうで。しかしこの前まで、ここには非稼動編成がずらっと並んでいたのですから、隔世の感がありますね、ホント。まあ一部の205系はこのまま非稼動編成化してゆくのでしょうけど。1090Fはおそらく入場待ちでしょう。検切れが2014年3月末だったはずですから(数週間、検切状態で走っていたわけになります)。なお205系は左から、ハエ26,20,18,13,1,12です。うちハエ13は既報の通り、24日から運用を開始しています。さて、気づかれた方はもうわかったでしょうが、ここにいる205系、既に全てKKWラッピングされてしまっているんですよね・・・。つまり今後運用を開始する編成は当初から全てラッピング付きになるわけです・・・。

Dsc_0030_r
改造線にズーム

改造線には最後の2本、ハエ22,32が入っています。この先は後がつかえていませんから、ややペースダウン??

Dsc_0025_r
そして気になったのがこちら

休車ゾーンの主となりつつあるJALITAが、ピットに頭を突っ込んでいます。ただ検査に入れるという話は聞かず(メーカーに発注したとかいう話は結局立ち消えになったようですね)、部品取りか何かでしょう。ちなみにこの奥には皆様が気になっている103系E22編成がいるわけですが。当然、私もまだ現物を確認しておらず、どんな仕上がりなのか気になって仕方がありません。

20140423_104726
赤い103系!!  撮影:技術士S様

というわけで、先だし画像。既にAsianRailwayPlaza様がアップされていますので、もうご存知の方も多いでしょうけど、皆様の感想は如何でしょうか??個人的には、共産趣味カラーが103系だとなおさらしっくり来て、嫌いではありません。203,205との並びを頂きたいところです。

20140423_104509
残りはまだピットで塗装中 撮影:技術士S様

1枚目の画像では車輪削正線に乗っていますが、この通りまだ検査が完了していない車があることを考えると、出場はしばらく先のことになりそうですね。ただ、Depokで検査している以上、前回のように床の張替えや冷房の一部改修など大規模修繕は入りませんから、数ヶ月に渡るということはないでしょう。お仕事中ながら、撮影のリクエストに応じていただきましたS様には御礼申し上げます。いつもありがとうございます。

そうこうしていると、ヤードに205系が戻ってきた??こんな時間に電車区に戻る運用はないはずなのだが・・・。

Dsc_0045_r
無理やりですが、205系が7並びに・・・

超ズームしてみると車番からハエ14と判明。通常運用に就いていたはずなのですが、何らかのトラブルなのでしょう。今のところ致命傷になる大きなトラブルはありませんが、冷房や補助電源系の不具合等、時折あるようですね。リセットして復帰出来るレベルのようですが。
ちなみにE21はまだこの位置で入場待ちの状態。東葉と103、どちらが先に入るでしょうか。

Dsc_0291_r
第二の橋より。こちらもKKWラッピングされています・・・

ハエ14が何故か入区してきまして、何か予感がしたので、第二の橋に移動。すると案の定ハエ25のパンタが上がりました。Bogor~Depok間を運休して車両交換するのでしょう。とりあえずこの時点で停車していた205系は手前からハエ31,7,23,25,30で、ハエ23はパン上げ、通電中でした。なおハエ31の隣の05系はマンガライを出場し、車輪削正のため回送された05-112Fです。今は営業に復帰しています。

Dsc_0453_r
出区してゆくハエ25。雨が降ってきてしまいました;;

Dsc_0289_r_2
逆サイドを臨む

こちらも見事に205系だらけなわけですが、気がかりなのはハエ30にのみKKWラッピングが為されておらず、しかも、一部のパンタが撤去されており(おそらく先日のハエ11のパンタ不具合の修理に供出)、今後の運用開始に響きそうです。試運転も行われていない編成ですので、部品取り化されているのかも、しれません。

おまけ

Dsc_0427_r
帰り道、線路を渡る陸橋下より。

ラッピングなしのハエ11編成。とにかく撮りだめておかないとね;;

以上