DSC_0026_R
改造線へ向けて?動き出したM13編成

今週末も相変わらず、クソな空模様で萎え萎えです。ですので、引き続きロクでもない画像が続きますので、たまには気分転換。ネタ画像でも上げておきましょう。あまりにも酷い天気なので、じゃあ久しぶりにDepok電車区の橋の上にでも行ってみるかと、足を延ばしてみたところ、なんとまぁ、ヤードに留置中だったM13編成が、ばっちりのタイミングでパン上げしたじゃないですか。
DSC_0046_R
え?行先はRangkas Bitung!?

現地化改造は、Depok電車区到着順にM36、M29、M13の順で実施しているようで、M36とM29については、ほぼ塗装も完了。あとは、試運転に出すのみという感じなのですが、ネットに上がっている画像等を見るにつけ、M13はまだオリジナル塗装のまま。そんなわけで、それが撮れりゃいいや、と橋の上ウォッチングをしてみたのですが、側面帯が既にKCI色化。そして、表示器にも既に現地化幕がセッティングされているという・・・。どこの在庫から、引っ張り出してきたのでしょうか。オリジナル顔に現地幕、これはアツいぞ!

DSC_0075_R
側面はチャンプルー状態
ちなみに、側面幕も入っています(今回はやる気があるな)

DSC_0095_R
改造線へ向かうのかと思いきや、満線状態のためここで停車

DSC_0147_R
曇ったおかげで、逆サイドのお顔も拝めました

VVVF車と識別するためにも、この状態のままで運用入りしてくれてもいいんじゃないかと思うくらいですが、残念ながら週明けにはお面も赤く塗られてしまっていることでしょう。それにしても、この入れ替え作業はなんだったのか。続きは、月刊マンガライレポートでお知らせします。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット