DSC_0243_R
Depok Baru中線にパン下げ留置される6129F

武蔵野線205系第二陣3本の受け入れのためDepok電車区が満線になっている関係から、メトロ6000系6129Fが10月下旬よりDepok Baru2番線に疎開しています。編成入れ替えがあるわけでもなく、1週間ずっとこの状態が続いています。機器不調でもあるのか、心配になります。
DSC_0246_R
いつDepok電車区に戻れるのでしょうか?

2013年に205系埼京線編成が怒涛の如く入線してきたときも、一時Depok Baru疎開が実施されていましたものの、Ekonomi用のRheostatikや、都営6000系等の廃車を進めることで、最終的に留置スペースは確保されました。しかし、もはや廃車にする車両もほとんどない中、これから約300両近い車両が到着するわけで、どのようにスペースを確保するのでしょうか。もちろん、既存の電車区や電留線の拡張も順次進めていますから、なんとかはなるのでしょうけど、そちらも当分時間がかかりそうで、その場しのぎの綱渡りがしばらく続きそうな予感です。

DSC_0250_R
下りホームから。Depok Baruのこの不思議な配線は、本当に謎です・・・

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット