DSC_0598_R
茶・銀・白の三色団子となったArgo Parahyangan22号

既にお知らせしています通り、12月頃から定期Argo Parahyangan編成のエグゼクティブ車が大窓K1からステンレスK1に置き換えられています。これにより、一部の臨時便を除き、ほとんどのArgo Parahyanganのエグゼクティブが最新型のステンレスK1で運行されることになりました。
DSC_0395_R
一番いい時間帯に被られました・・・

そんなわけで、ステンレス車登場時から白銀編成の登場を熱望していましたが、まさかこんなにお手軽に撮影できることになるとは思いませんでした;;しかしながら、いざ待ち構えると、ドン曇りに被り・・・と散々な結果でなかなか撮らせてくれません。お手軽に撮影するならGambiri8:40発の22号、その後の10:30発の24号ですが(いずれもPriority連結)、先日も22号が被り、で24号でリベンジしたものの既に日が高く、白と銀の色の違いがよくわからないという結果に・・・。

DSC_0604_R
4度目の正直くらいで、やっとこさ撮影;;

ちなみに、これまで基本的に客車ながら編成単位で使われてきたステンレスK1ですが、バンドン地区に集中投入されており、各列車共通運用になっているのか、車番は既にチャンプルー状態でした。

DSC_0407_R
ついに2018年分は160両目に到達

とりあえず上の編成の車番を記しますと、K1 0 18 134 BD, K1 0 18 157 BD, K1 0 18 79, K1 0 18 159 BD, K1 01 18 160 BDとなっており、確認している限りでは最新の160両目が充当されている一方、79など、既にバンドン~スラバヤ間なので使用されていた車両も組み込まれていました。

DSC_0583_R
24号になると日が高すぎて、色がよくわからない状態に・・・

また、別日に撮った24号の組成を見ると、さっそくステンレスK1にも広域転配が発生しているようで、定期列車でありながら、所属表記がバラバラでした。K1側のみ車号を上げておくと、K1 0 18 50 SDT, K1 0 18 69 BD, K1 0 18 151 BD, K1 0 1 18 01 JAKKという感じで、各所の余剰となっている予備車もBandungに回しているということなのでしょう。なお、Argo Parahyangan専属編成は3運用で回されていますので、必要なステンレスK1は予備を含めて15両程度ということになります。

おまけ
DSC_0250_R
午後の23号(23号はPriorityの設定なし)

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット