DSC_0876_R
先週末のゲート前

毎度更新が遅れましてすみません・・・。月曜に業務ネタが入るというのが原因なのですが。さて、ゲート前はH22,21がBalaiyasa内から出てくるところでした。これは車輪削正を終え、BukitDuri電車区に回送するところにたまたま出くわしたものです。3月全検分のマト52は先週中ごろに出場し、Depok電車区に回送されています(4月18日試運転済み)。またDepokでも、まもなく8612Fが出場見込みで、4月分の入場車はまだ判明していません。
DSC_0877_R
6101Fは引き続き車輪交換のため入場中

DSC_0884_R
廃車待ちのK3客車が工場内から溢れて出てきています

営業編成の動きが少ないので、こちらを先出ししておきます。

DSC_0935_R
マト66、10連化の動き

ちょうど先週、Depok通信をお送りしたばかりなのですが、その直後にマト51、4連の中間車、元マト69のMM’125の修繕が完了し、マト66に組み込み、10連化されています。

DSC_0943_R
残ったマト51のTc,Tc’は改造線に突っ込まれていました。今後の去就は?

てっきり、8+4で12連を組むのかと思いきや、です。クハ+クハって無理なのでしょうか??

DSC_0941_R
ちなみにマト52は既にDepok電車区に回送されていました。
しかし、前面塗りわけ、今回は問題ないじゃないの。

Depok通信やるタイミング、完全に間違えたな・・・。

さて、そんなわけで、週末は前回の宣言どおりKranji俯瞰してきました。

・(続)6000系VVVF車のBekasi運用、他

DSC_0642_R
いきなり田窓来たーーーー!!

DSC_0646_R
そして6131Fも来たーーーー!!

DSC_0692_R
その2本で、十分満腹だったところにさらに3本目、6118F!!

そんなわけで、全部で6本しかない(そして1本はBYM入場中)の6000系VVVF車のうち3本がBekasi運用という・・・。ついこの前までBekasi線入線禁止だったのが、いざ解禁されると続々入線ですね。どうやら、所属はDepok電車区ですが、6000系のVVVF車はダイヤ改正後、BukitDuri起点で運用されているようですね。そうなると、自ずとBekasi率は高くなるわけですね。

またダイヤ改正後、所定8連運用は2運用(1運用は土休日運休、もう1運用はPasarSenen経由)なのですが、6101Fが離脱していることもり、さらに2運用が8連での代走となっており、3本の8連車が運用されていました。

DSC_0601_R
後追いですが、05-110F

DSC_0667_R
これまた後追いですが、Senen経由Kota行き05-105F(Via PasarSenenの特製サボ掲出してます!!)

しかし、何故05系ばかり本番被るんだろ・・・。

DSC_0803_R
曇っちゃいましたね、6127F・・・

ここまで来たので、ついでに長距離客レでも久しぶりに。

DSC_0591_R
新型に置き換えられたArgoMuria

DSC_0605_R
続けてまた新型、ですがサボがない。おそらく臨時ArgoJati

DSC_0653_R
新型3連発!!ArgoDiwipanga

DSC_0628_R
ダイヤ改正でちょっと出世したの(罐の向きがね)?TegalEkspres

DSC_0670_R
ダイ改後も、Bisnisのまま残ったSawungalih

DSC_0723_R
特に変化のない、ArgoParahyangan。Ekonomi併結になってここで撮るのは初。

DSC_0788_R
で、Parahyanganと逆組成になるTegalBahari。これ撮って撤収しました。

・Bekasi線複々線化工事再開の兆し

DSC_0806_R
Kranji駅前ですが

どうせネタも枯渇していますし、Bekasiまで来たついでに・・・。ここ1ヶ月で、円借款案件で勧められていたものの、諸般の事情で凍結されていたJatinegara~Bekasi間の複々線化工事に動きがありました。既に本邦案件からは外れており、運輸省予算による自己改良になっています。凍結直前に、とりあえず敷設出来るところまではやっとけ!というノリで、途切れ途切れの増線部が続いていましたが、ついに手付かずだった駅部にも、工事の兆しが見え出しました。わかりますかね?上の写真。かつてあったAlfaMartが破壊されています。

DSC_0807_R
斜め向かいにあったIndomaretも撤退済み・・・

Bekasi線各駅では、このような事例が多々あると思われ、しばらくの間は不便を強いられますね。

DSC_0812_R
と思ったら、こんなのが来てました

DSC_0809_R
イメージパースによると、通勤線は島式ホーム、その脇に線路別で列車線を増設する形のようですね
(まあそうしないと、対向式では用地足りないですからね)

DSC_0815_R
Cakungはアンダーパス工事のため?ホームがBekasi寄りに移動しています
(ここは橋上化しないの??)

DSC_0819_R
KlenderBaru。駅前駐車場を廃止し、列車線の工事が始まっています。

DSC_0831_R
ドロドロだったBuaran付近。整地され、レール・枕木が準備されています。

なお、一部区間は既に列車線の敷設が完了していたものの、設計ミス?強度不足??が発覚したのか、レールを再度はがして、整地している箇所もありました。

DSC_0839_R
KelenderBaruも同様なのですが、列車線の来る位置に柱立てるんですか??

DSC_0848_R
そしてCipinang付近。国鉄用地を間借りしていたトラックヤードが消え、広大な敷地が出現
(そしてピット線??らしき建物の土台が出現しています)

この広さだと、Depok電車区に匹敵する広さですが、本当に機関区だけなんですかね??複々線化による増発と、Cikarang延長に伴う運用増を補うために、電車区も併設されるのでは?いや。BalaiyasaManggaraiが全面移転??元の日本案からは、この付近、相当変更があるように見えます。それとも2014年だかに円借款を付けている新しい電車区って、これのこと?

おまけ
DSC_0897_R
かつての定番ポイントが

Manggarai付近も着々と工事が進んでいますが、BukitDuri電車区からの入出庫線が近く付け替えられるようです。ここ、かつての撮影地ですよね。

・【悲報】駅構内セブンイレブン全店閉鎖へ

DSC_0867_R
ジャカルタで鉄活動する上での革命的事象だったセブンイレブンの存在・・・

先週中ごろ、JakartaKota,Manggarai,Jatinegara,Sudirman,PasarSenenで営業していたセブンイレブン店舗が突如閉鎖され、利用者を驚かせました。店舗にはなんの告知もなく、リニューアルのための閉鎖なのか、KAIとの間に、不和があったのかと、憶測が飛び交いましたが、結局は単純なところ利潤が出ないということのようです。あれだけ大繁盛していても、KAIの賃料が高すぎたようです。それでも競合他社は営業を続けている上でなく、新店開業も相次いでいます。これを見るに、セブンイレブンは他社との差別化を図るのを重視し(特にイートインの拡充)すぎて、初期投資の回収が間に合わなかったように思えます。日本のファミレスと同じドリンクバー、謎の巨大ウインナーグリル(これ、結局ほとんど稼動しないまま、無用の長物に)、スタバと同じ高出力オーブントースター、業務用電子レンジ、フライヤー、揚げ物陳列用ホットキャビン・・・その他諸々キリがないでしょう。しかも、その食品系の発注システム、調理量に相当問題が合ったようで、商品によってはかなりのロス廃棄(ドーナツとか菓子パン系は特にやばそうだった)が出ているとか。利用者にとってはこれほど便利な店はなかった(だいたいなんで葬式鉄のために;;24時間開けているんだよ!!)のですが、ただただ残念な限りです。インドネシアで、甘くないコーヒー、カフェラテが気軽に買え、安いコンビに弁当まであるというのは、革命でしたよ、本当に。そして末期にはおーいお茶(当然無糖!!)まで並ぶという新時代が到来したというのに、です。朝飯とサンドイッチも買えないとは、こりゃ痛いよなぁ。TebetとJuandaの駅ソト店舗は残っているのかしら??

・Kota~KampungBandanの三角地帯、一部破壊される

DSC_0967_R
ジャカルタ最後のスクオッター地区に、ついに開発のメスが入ったか?

前回、JOTコンテナに注視しるばかりで、こちらに注意が働いていなかったのですが、確かに前回煙が上がっていたんですよね。そのときに、さっさと急行しておくべきだったのですが、知る人ぞ知る?魔の三角州の一角が、軍により破壊されました。ジョーナン社長ですら、手の出せなかったこの地区、一体何が起きているのか。通常、この手の破壊があれば、ニュース報道もされるのですが、今回私が知る限りなし。先日も、MRTの第二期工事、KampungBanda延伸時の電留線確保で、まさにこの一角をめぐりKAIとMRTとで話し合いの場を持ったものの交渉決裂との報道が出ている通り、何かが住んでいるのですよ、この土地。だいたい、日本が電車区作ったのに、一度も電車は入らず、人間が住み始めたというのは、笑うに笑えない話。仮に電車区が完成していても、万年浸水で使い物にならなかったはずですが、未だに真新しく見えるコンクリート架線柱の下に住居が広がるというのは異様です。KAIは自社敷地というのを明らかに主張出来るはずなのですが。それとも、韓国コンサルによる北コタ総合駅の始動(あの計画が生きていればの話ですが)まで待ち続けているとでもいうのでしょうか。

DSC_0983_R
電車区村は未だに健在ですが、近いうちに焼失か?

電車と関係ない話ばかりでスミマセン。

・広告車の動き

DSC_0018_R
H22,H21が同日午後より、早くも運用再開

冒頭のH22,H21ですが、その日の夕方のBukitDuri出庫運用から運用に入りました。4月改正の運用増で、結構編成数が切迫しているようです。来週撮らなきゃな、なんて思っていたら、さっそくやってきてビックリでした。

DSC_0024_R
そのクハ204-81に映画ラッピングです

DSC_0030_R
ナハ39,40

DSC_0028_R
サハ204-124。C1000の新しい広告です。

DSC_0066_R
ナハ41,40にも同様のラッピングが

DSC_0070_R
サハ204-115

銀行ラッピングでないと、一週間で増える数もこの程度ですので、追いかけも楽ですな。





以上