DSC_0089_R
ようやく10連復帰を果たしたH11編成

かれこれ2ヵ月以上暫定8連化されていたH11編成が車輪交換を終え、10連に復帰しています。なお、車輪交換明けの試運転は1月4日に実施しています。さて暫定8連時に、将来の形態変更を見据えた組成で8連を組んでいましたが、この間に新形態のスタンダードが「4,7号車サハ」から「2,9号車サハ」に変更されてしまい、H11編成の10連復帰時の組成が注目されていました。
DSC_0091_R
中間6ドアは貴重な姿になるか?

で、御覧の通り、暫定8連時の準備組成を反映して、もはや時代遅れの「4,7号車サハ」で運用復帰となりました。車輪交換はDepok電車区で実施しており、8連から10連化の作業もDepokが担当。しかし、一連の形態変更プログラムはBogor及び一部Bukit Duriの管轄ですので、DepokはDepokの仕事をしたに過ぎず、今後Bogor電車区での月検査時に再度形態変更が実施される可能性があり、注目です。

DSC_0096_R
車輪交換が実施されたMM'202
同時にMGの撤去も確認されています

加えて、横浜10連編成の一部で中間MG撤去(3MG→2MG化)が一部編成で進んでおり、こちらの調査も今後進める必要がありそうです。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット