DSC_0298_R
薄っすらと読み取れるJNRの文字

国鉄民営化時のJNRロゴ消し作業を覚えている方なら、皆様ご存知かと思いますが、前面にデカデカとガラスケース入りで!!通勤型車両として珍しくJNRマークを掲出していた203系は、ガラス部分を黒く塗りつぶすことでJR発足を迎えています。つまり、ガラスの下にはずっとJNRマークは眠っていたわけです。(ハートMの下の営団Sマークと同じですね)
DSC_0299_R
ごしごし磨いて完全露出を!

が、そのJNRマークを覆うガラスが当地に来てから破損し、前回2016年の入場時にガラスを交換。実は全検箇所のBalaiyasa Manggaraiから、最終チェックの為Depok電車区に自力回送される際は、堂々とJNRマークを掲げて走行したのですが、結局Depok電車区で黒塗りされてしまい、再び眠りにつくことに・・・。が、しかし、その黒塗料がしょせんインドネシア製の安物で、3年目の雨期を迎え、塗料の剥離が進んできてるのです。ちょうど、JNRが読み取れるように剥がれてるのは不思議でなりませんが、今年度中に次の全検入場が予定され、再び塗装されてしまうことも予想されるだけに、あと一息!の完全露出を密かに期待しています。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット