DSC_0281_R
再びM7が移動

前回の続きです。INKAのモーターカーが6116Fの移動を終了すると、再び全検棟の前の定位置へ。エンジンも切ってしまい、本日の作業は終了の模様。すると、先ほど洗浄線に突っ込まれたM7のヘットライトが点灯し、また動き出したではないですか。一体なんのために移動したんだか。
DSC_0307_R
いやぁ、休車ゾーンが武蔵野編成で大変なことになってしまいました・・・

DSC_0312_R
M9とM7。いずれも通電したままでしたので、
午後まで粘れば、さらに動きがあったかも。

DSC_0316_R
ちなみに、教育センターの屋根が出来てしまい、保存車の6181は見えなくなりました

とりあえず、奥の橋はこれで用済み。手前の橋に戻ります。歩いている途中、メトロ車の警笛がファーンと鳴り響き、これは7117Fが動いたかな?と期待大。

DSC_0330_R
おお。7117Fが6134Fの隣に移動し、M26がスタンバイしているじゃないですか

発車までの間、廃車置き場の車両ウォッチング。顔ぶれはここ半年近く全く変わりませんが、欠車されている6117F,6119Fの7,8号車がなんと車輪交換を終えています。

DSC_0318_R
グレー車輪になった6719

DSC_0323_R
同じく6817

DSC_0320_R
さらにハエ15/32のサハも車輪交換を終了

ここにきて、急ピッチで交換が進んでるではないですか!!しかし、6117F,6119Fは全車の車輪交換をする可能性が高く、当面8連のまま運用されそうな予感です。で、いよいよお待ちかねのM26編成の構内移動が始まりました。

DSC_0348_R
サービスで何か行先を出してくれないかと思いましたが、
回送のままでした・・・。

DSC_0361_R
側面はKCI色

DSC_0386_R
無理やりですが、5000との並びも

M26は、そのまま停車せずにヤードを通過し、先ほどまでM7がいた洗浄線へ。前面と屋根上の塗装は、さすがに足場のあるところでやらないとなりませんので、すぐに作業に取り掛かったものと思われます。試運転時にはいずれの編成も、KCI色化が完了してしまっていることでしょう。

鉄道コム



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット