DSC_0058_R
Rail Twoとの並びはこれが最後??

先日アップしたばかりの巡察車、Wijaya Kusumaですが、やはり再びの出番がありました。1月27日にバンドンで国営企業関係のイベント(TOD開発か、休止線リハビリのセレモニーでしょう)のため、関係者輸送用にRail Two, Rail Threeが仕立てられていましたが、それとは別にKAI Edi社長がバンドンに前日入りすることになったようで、Tanah Abang~Manggarai~Gambir~Bandung間でWijaya Kusumaが運転されました。

ちょうど、ルミネ前から低床TJでTanah Abangに乗りつけると、機関区の中から日本式を警笛が響いてきたものですから、こりゃWijaya Kusumaだ!と急いで連絡通路に上がりますと、エンジンを始動したWijaya Kusumaがゆっくりと動き出したではありませんか。

DSC_0079_R
1番線には出発信号機がないため、入替信号機に従い、4番線へ

DSC_0097_R
停目が邪魔ですが、Serpong線の205系と。

DSC_0106_R
信号さんの合図で発車

DSC_0114_R
幹部の待つ、Gambirに向けて発車してゆきました

どうせ、前回撮ったし、特に今回は・・・と思っていたのですが、まさかこんなタイミング良く出て来るとは思いもしませんでした。どうも、コイツにはご縁があるようですね;;しかし、カミンズエンジンで行くバンドン線山登りはどんな感じなんでしょうか。Rail Twoでも良いので、団体貸切用に売り出してもらいたいものです。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット