DSC_0264_R
6105Fで出発

このところ、ほとんど増発していないのにも関わらず、車両不足という謎の流れ・・・。どうやら8連車に故障が続発しているようです。しかしそのあおりで、このところ運用機会の少ない6105FがTanjung Priok線に入ったとのことで、意味もなく乗り鉄してきました。晴れていたらTanjung Priok線内で撮ったんだけどなぁ・・・。
DSC_0282_R
青空の下で撮りたかった・・・

こんな天気ですし、アプリで接近情報を見ると05-102FがJatinegaraから戻ってくることがわかりましたので、1駅だけ乗ってKampung Bandanで下車。アプリの力は偉大です。ちなみに、最近日本でもてはやされているどこトレアプリよりも、数年早くこちらでは実用化しているのですから、流石です。会社が若いという証拠ですね。

DSC_0296_R
階段を降りると、ナイスタイミングで05-102Fが到着

DSC_0300_R
Kampung Bandan名物、足元注意な隙間
その先では10連化対応工事を行っています

全検明け後、初めて乗る05-102Fですが、モケットが交換されたくらいで、大きな変化はありませんね。もちろん、冷房はガンガンに効いています。せっかく、座れてしまったので、チョッパサウンドを楽しみながらBogorまで居眠りしても良かったのですが、Duriに6107Fが止まっていたので、ここでお乗り換え。空港線も停車するようになったDuriですが、引き続き工事を行っており、空港線用の3・4番線ホームをKampung Bandan寄りに延長する工事をしていました。3番線の出発信号機が、配線の関係上かなりホーム中ほどにありますので、今後コタからの直通を走らすにはホームを伸ばさないと、停車出来ませんからね。コタの改修が済んでも、こちらが完成しないとコタからの直通は無理ということになります。かくいうコタも、超スローペースで、いつになったら出来るのかというレベルなんですけどね。

DSC_0002_R
Tangerang着

DSC_0014_R
カンプンを取り壊し、留置線の工事が!!

Duriでは席取りレースに参加しないとなりませんので、画像はナシ。一気にTangerangです。以前来たときには、分岐器だけがポツリを置かれ、何やら今後の工事を暗示していたのですが、いつのまにか電留線が姿を現していました。元々2面2線だったTangerang駅、どこまで拡大するのでしょうか・・・。というか、駅の周りの土地って、全部KAIのものだったのか?というのが最大の謎です。しかし、空港線の開業で本数を減らしたTangerang線、留置線なんて作ってどうするのと思います。あと、1運用増やして、ラッシュ時を毎時4本にしてくれれば良いのですが。

たまには、路線観察もしないと、特に普段利用しない路線は浦島太郎になってしまいますね。そんなわけで、無事Jakarta KotaからTangerangまで、非常にスムーズな乗り継ぎで到着です。いずれもメトロチョッパ車というのがラッキーでした。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット