DSC_0314_R
通電状態の車両がTanjung Priok3番線に

2月2日、205系M24編成がCM撮影を行う為、Manggarai~Jakarta Kota~Tanjung Priok間で回送されました。撮影修了後も、同じルートで回送されています。Tanjung Priok駅でのCM撮影というと
 
が、伝説的ネタとなっており、今回もなんらかの装飾がなされるのかと期待しましたが、トホホなM24編成はトホホな姿のままでした・・・。残念。

DSC_0229_R
淡い期待を抱いていると、フツーの姿のM24が入線・・・

まあ、でも特に大きなネタもなかったので、電車で涼みがてらTanjung Priokに行ってみました。これがRajawali~Ancok間の連絡線経由で送り込まれようもんなら、大ネタだったのですが、私が記憶している限りこの区間を電車が通過したのは、2011年だからの鉄道の日イベントが最後と思いますので、近年は客レと貨物、それにパソソからの配給しか通過せず、架線のメンテナンスが実施されていないため、無理というものでしょう。Tanjung Priok線が復活してしまったので、そちらから送り込めば十分ですから・・・。

さて、Tanjung Priokに到着すると、さきほどManggaraiで見送ったM24編成が3番線に通電状態で留置中。日本車の水切り後、日中留置されるあのホームです。撮影は、ホーム側を中心に行っているようで、これでは前面装飾は期待出来なかったですね。それでも、運転士はスタンバイしていたので、どこかのタイミングで、動いたのかもしれませんが。あいにく、撮影側には回れず、側面に何か装飾があったのかは不明。完成してアップされるのを待ちましょう。

DSC_0320_R
Tanjung Priok駅が、ちょっとだけお洒落に?変身。
このボンボリは常設してもらいたいですね

DSC_0310_R
スタッフが何やらセッティング中
Koreaと大書きされたシャツが気になります!

その後、監督の掛け声と共に、エキストラさんたちが乗ったり降りたりを繰り返していましたが、オレンジステップ使用ですので、なかなか大変ですね(笑)

DSC_0350_R
側面幕は回送(撮影側はどうなっていたのでしょう?)

MIZONE撮影時の2012年当初は、当駅がまだ非営業中でしたので、旅客扱いを再開している現在、あのように大規模にやるのは難しいのかもしれませんね。4・5番線ホームも、Purwakarta行きローカルが発着しているわけで、ちょうど発着のない昼前後に撮影を終えてしまったのでしょうかね。それとも、蒸し風呂Purwakarta Lokalから降りてきたエコノミーの客は、あの撮影現場を通ったのでしょうか。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット