DSC_0264_R
Djoko Tingkirに引き出されてきた8518,0811

205系とメトロ6000系の大量導入で、年々影の薄くなる東急車・・・。当ブログでも、出現回数が年々少なくなっています・・・。12連化こそが起死回生の大チャンスと見られたものの、8604F,8003F以降全く動きが見えず・・・。もっとも、現時点では廃車の予定もなく、冷房換装等で金をかけられているのも事実ですので当面の活躍が見込めそうですが、いよいよ使い勝手が悪くなってくる8連車ですので、12連化工事が再開されることを強く願います。
DSC_0266_R
8618Fも冷房が換装されてます
わかるかな?

国内ではいよいよ本格廃車が始まる8500系。大井町用5連車は、今のところ嫁ぎ先なく廃車解体の運命を辿っており、10連車についてもお先は明るくないように見えますが、せめて機器類だけでも輸出されることを願いたいものです。そうすれば、1年近くDepokの肥やしとなってる8608Fも復帰出来るでしょう。オリンピック特需?で、KCIとしては選り取り見取りな状況(仮に来年度以降も中古車導入が可能ならば)。12連化出来るというメリットを最大限に打ち出さなければ、より新しい車両に目が行ってしまうのは、自然な流れでしょう。しょせん、相手はインドネシア人ですから。

DSC_0274_R
この後、Bukit Duri電車区に押し込まれた模様

さて、2両だけBalaiyasa Manggaraiで何の整備をしていたのか気になるところですが、単純に故障修理とかなんでしょうか。これまで、東急車のメンテナンスはDepokが主にやっていましたが、近年Balaiyasa Manggaraiに入る姿も目撃されており、私もDjoko Tingkirと東急車の組み合わせは初めて撮った気がします。
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット