DSC_0005_R
とりあえずピット線に収容された1080F

DLマーケット、もう復活の兆しはなしか⁉といっても、今更マンレポをこっちに書く気にもなれず(ゲート前に行けないのでは、意味がない)、こんな調子でネタが切れたら気が向いたらデポック通信くらいはアップしてゆきます。そんなわけで、先週末は土日ともドン曇り!という、もはや笑いが止まらない結果になりまして、土曜はMRTJウォッチング、日曜はDepokウォッチングに割きました。ええ、昼まで寝ているのもたまには良いものですよ。

とくにネタなしのDepok電車区ですが、やはり気になるのは先日車両故障が発生した1080F。公式SNSにある落雷というのは正しかったようで、大電流は断流器を破壊し、制御器にまで至ってしまっているようです。現状、復旧はかなり絶望的の模様。唯一あり得るのは、休車中の5809F又は1090Fから当該部品を根こそぎ持ってくるという方法。既に過去の部品取りで、無くなっている可能性もありますが・・・。

DSC_0012_R
引き続き、定位置に留置中の5809F

ですので、5809Fや1090Fのピット側への移動なども期待していましたが、この時点で特に動きなし・・・。1080Fはピットに突っ込まれているのですから、修理する気はあるものと思いますが、どうなるのでしょうか。

DSC_0011_R
見にくいですが、6125Fもこちらに留置中

同じく、雷雨による異常電圧で、AVRを損傷した6125Fも改造線に突っ込まれていました。こちらも、当分運用復帰はないでしょう。車輪削正にはいっているのは8618Fでしょう(※3月3日現在の様子)。この他、洗浄線には6130Fが通電状態で留置中。というか、いつになったら運輸省試験が実施されるのでしょうか。運輸省鉄道局の人間が、全部MRTに割かれていて、KCIの面倒を見れていないとか、そんなオチってあるのでしょうか??

DSC_0003_R
全検棟には05系。104F??

さて、メトロ車の入場があると、とにかく検査スケジュールが延びに延びます。1月出場分が先日運用復帰したばかりで、未だに2月の入場編成が明らかになっていませんでした。おいおい、もう3月ですよ・・・と言いたいのですが、05-104F?が入ったのか??入ったとしても、これが2月分として出て来るのか、3月分として出て来るのかも気になるところです。

DSC_0015_R
そんなわけで、武蔵野編成にも変化なし・・・

KFWもINKAに突き返されるとか言われつつも、全く動きが見えませんね。7122Fもいつになったら入場するのか。

DSC_0030_R
車輪交換待ちの欠車中205

そんなわけで、手前の橋に移動。一時、全車復帰した205系ですが、あれよあれよという間に暫定編成が出現しまくっているのは既報の通り・・・。見たところ、車輪削正ではなく、いずれも車輪交換待ちのようですね・・・。

DSC_0034_R
橋の真下にもさらに4両・・・

DSC_0037_R
マト66の2両もそのまま・・・

DSC_0036_R
そして、未だに留置される6117Fの2両

面白いのは6117Fで、前回すでに2両の車輪交換が確認されていたにもかかわらず、未だにこの位置に・・・。ちょうど、両サイドに挟まれ車輪が見えなかったのですが、もしかして、6119Fに台車流用していませんか??6117Fは引き続き薄い車輪で運用中であり、何だか差し替え差し替えで、車輪の延命を図っているようにも見えます。Depok Baru疎開中の6106Fの今後にも注目ですね。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット