DSC_0319_R
ついに12連化された8618F!!

先日、車輪交換を終えDepok電車区からBalaiyasa Manggaraiに回送されていた8618Fですが、予定通り8607Fと組み合わせた12連化を完了し、Manggarai~Bogor~Manggarai間で試運転を実施しました。8604F、8003Fに引き続き3本目の東急12連の登場です。丸1年以上の空白期間を経て、ついに東急車最後の組成変更が再開でしょうか。
DSC_0329_R
オール8500系の12連は今回が初

8604Fでは8000系の先頭車を活用することで、無駄なく8M4Tを組成していましたが、今回8500系同士で12連を組むわけですから、果たしてどのような形態になるのか注目されました。増結用タネ車となった8607Fは、今後別編成の12連化にも充てられるわけで、サハ8900を2両とも供出するわけには行きません。で、どのような組成になったのかと言うと・・・

・8618Fの12連化:8618,8724,8911,8828,8734,8948,8807,8855,8753,8954,0811,8518

おそらく、8807を電装解除し、8M4Tを組成しているものと思われます。残った8607Fは8607,8707,8924,8507ですので、8507も電装解除し、もう1本の12連化に充てられることでしょう。気になるお相手は8610Fか8612Fですが、前にも書いた通り、冷房換装を実施している8612Fとみられています。

DSC_0336_R
車輪交換を終えた8618Fの8両

DSC_0339_R
電装解除されたであろう8807
ちなみに、8607Fの4両は車輪交換せず

電装解除時の予備品を利用して8608Fも復帰できればいいのですが、どうなるでしょう。全車復帰は無理でも、8610Fと組んで12連化するくらいは出来るような気もしますが、無理なのでしょうか・・・。このところ影の薄かった東急車ですが、しばらくの間、楽しませてくれそうです。

鉄道コム

コメント

コメント一覧

    • nano115
    • 2019年03月18日 21:23
    • 8612Fから脱線した3両とデハ8512の計4両を廃車しても、8612Fの残った中間車と8607Fの余り、8608F、8610Fで綺麗に12連2本。8608Fが修繕に入った様子と別記事にありましたが、丁度廃車部品も出ていますし、直して使わないと足りないですよね。
      あと、8607Fの余りに、曰くつきのサハ8924がいますが、これを活用した車種調整(こっそり振替?)があるかどうか、ちょっと興味があります。

      状態の良い8500を選んで持って来られるタイミングだったのに、全く興味を示さなかったあたり、東急車はあまり好まれてなかったのでしょうか。
    • パクアン急行
    • 2019年03月21日 20:06
    • >nano115様
      返信が遅くなりまして申し訳ございません。

      今、使用可能な8500は、8607Fの余り4両・8610Fの8両・8612Fの5両?ということになります。8612Fで使えなくなった3両?は廃車前提休車だった8608Fと差し替えることになるでしょう。つまり、新8612Fになるわけで、予定通り12連1本と8連1本に組み替えられることになると思います。巡り巡って、8608Fの残り5両のうち、一部を復活させ、8610Fを10連化などが行われれば面白いのですが。ちなみに、8924については新たな動きがありましたので、近々更新いたします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット