DSC_0544_R
20分遅れでGambirに到着するArgo Parahyangan19号

4月12日に供用を開始したものの、逆に列車詰まりを助長し、Bekasi線に致命的な遅れを発生させていますが、週が明けても、全く遅延解消の目途が立ちません。長距離列車を優先させることで、そちらの遅延は30分程度に収まるようになっていますが、Commuterには最大2時間程度の遅れが発生しており、収拾の付かない事態になっています。

しかも、その遅れはBogor線~環状線直通電車にまで波及し、Cikiniまで伸びたBekasi線の列車渋滞も相まって、Bogor・Bekasi両線で遅延のオンパレードになっています・・・。これでは、もはやジャカルタで撮り鉄する気になれず、週末は田舎に帰っておりました;;まあ、それにしてもGambirから特急に乗らねばならず、当然遅れに巻き込まれたわけですが、Commuterの比ではありませんので、複々線化後のBekasi線を車内から眺めてきました。

DSC_0548_R
遅れ8分で発車した折り返しArgo Parahyangan21号

一旦、Jakarta Kota客車区に引き上げる長距離列車は、遅れを引きずってきてもそこで回復出来ますが、Gambir機回しで、着発で折り返すArgo Parahyangan、Argo Jati、Cirebon Ekspres、Tegal Bahariの類はどうしても遅れを取り戻せず発車することになります。単線区間のあるバンドン線のやりくりは大変なことになってるでしょう。さて、当方の乗るArgo Jatiですが、30分遅れで到着・・・。もう発車時間なんですけどね。まあ流石に駅でも、複々線プロジェクトの影響で遅れが発生し申し訳ございませんとしきりに放送しており、今度の列車は〇〇を通過しましたと案内してくれていますので、許してやることにしましょう。放送がCipinangを通過しましたから、Jatinegaraを出ましたに、いっこうに変わらないのには、イライラしますけどね(笑)


30分遅れで入線するArgo Jati
入線メロディと遅れお詫び放送をお楽しみください

迅速な機回しは流石ですが、結局15分遅れで折り返し発車。通常、特急の前は2閉そく空けですが、この混乱の中ですので、5分前の発車チャイムが鳴ってからも、本線側の信号は開通したまま、じゃんじゃんCommuterが通過していきます。ですので、発車してからも、Manggaraiまでずっとノロノロ運転。で、Manggaraiを出ると、ついに抑止されてしまいました。Manggarai~Jatinegaraで何本詰まっているんだよ・・・という話ですが、じっくり配線を見ていると、トンでもない事実が発覚しました。


JNG配線
正確さは保証しませんが、たぶんこんな感じ

わかる人にだけわかっていただければ、と思いますが、先日お知らせしている通り、1・2番線はJatinegara駅改良工事の進捗により、使用停止中。Bekasi線(Commuter)下り、長距離列車下りは3番線に、Bekasi線(Commuter)上りは4番線、長距離上りは4番線と場合によっては環状線の5・6番線にも入ることがあるようです。しかし、遅れの最大の要因は、同じホームに長距離とCommuterが入り乱れることではありませんでした。この配線図を見ると、それよりも大問題となる、最大の欠陥があるのです。そう、Bekasi線の上下線がJarinegara駅のManggarai方の渡り線部分で競合しているのです!!実質の単線です。そりゃ、列車が詰まるわけですよ!!いくら、選挙前の複々線化を完成させる必要があったとはいえ、運輸省は何を考えているんだ!?

FB_IMG_1555316872042
Bekasi線沿線民の知り合いがSNSに投稿してたスクショ
当の本人はJuandaからBekasi Timur行きの直通TJに乗ったそうで・・・

FB_IMG_1555316881095
15分経っても全く進んでいません
1424列車はManggarai~JakartaKota運転打ち切りのパターンでしょう

FB_IMG_1555316896504
30分経って、ようやくJatinegara
ちなみに、下に小さい赤字で出ているのは遅れ時分です

そんなわけで、JuandaからTJに乗った方が早くBekasiまで着けるというあり得ない事態になっています。Bekasi Timur到着時に1422列車は未だにManggaraiだったということで・・・。


ちょっと長いですが、Jatinegara手前からBekasiまでを
ちなみに、Cakung~Bekasiの工事再開の兆しは見えませんね・・・

さて、当方も特急に乗っているにも関わらず・・・ManggaraiからJatinegaraまで30分近くかかりましたが、ようやく信号が開通したので、動画を回してみました。もう、Jatinegara前後で電車が数珠つなぎになっているのがわかります。この日は休日だったこともあり、貨物がないので、列車線側はだいぶガランとしていましたが、それでも渋滞が発生しているというのは、前述の通り上下線の支障があるからに他なりません。Cipinang機関区は6月からの供用開始とのことで、現Jatinegara機関区はその後の取り壊しとなることが予想され、それまではJatinegara付近の配線に手を加えることは出来ず、あと2か月間もこの暫定ダイヤ?で乗り切らなければならないのです・・・。本末転倒もいいところですね。

さすがに事態を重く見た、KCIはKAI・運輸省と今後のオペレーションについて協議すると、遅れのお詫びをしきりにSNSにアップしていますが、協議したところで解決する話とは思えません。一時的にPasar Senen経由のBekasi線を増やせば、若干ではありますが、上下線支障を解消させることは出来そうですが、Cikini、Gondandia、Juandaに通勤する圧倒的多数のBekasi線民から総スカンの予感。オール12連化で減便なんてことにもなるのかもしれません・・・。

おまけ

DSC_0550_R
Bekasiより先でも一部複々線用地の先行買収が始まっています

上の動画の通り、Cakung以東の工事再開の兆しはいっこうに見えません(問題はBekasi駅前後、特にCikarangの電留線が完成しないと旧Bekasi電留線の完全廃止が出来ません・・・)が、Bekasiより先では、KAIが黙認していた国鉄用地を中心に、家屋の解体作業が始まっています。とはいえ、Cikarangまでの用地取得にこれから年々かかるんだよという、気の遠くなる話ではありますが・・・。

DSC_0556_R
複々線化用地が確保してあるTegala Murni新駅付近

また、駅舎の建設がほぼ完了したTegala Murni新駅(Cibitung~Cikarangの間)も、将来の列車線増設を考慮した設計になっており、この一帯を開発する不動産会社も、複々線化用地を確保した上(その辺はKAI,運輸省と取り決めをしているのでしょう)で開発を進めています。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット