DSC_0378
2017年度分編成、ついに到着

4月19日に東京木材埠頭を出港していた貨物船が、5月8日夜TanjungPriok港着岸、翌朝までにかけて6119F、6132Fの水切りが実施されました。20時頃から作業が開始され、翌7時には全20両のオンレールが完了、稀に見る手際のよさで、お見事!!の一言です。


611901
21時過ぎに1両目の6119が到着
撮影:Kucing様


611902
オンレール後はいつもの通り、人力で移動させます
撮影:Kucing様

DSC_0026
みんな大好き中間運転台、6519

いつもお世話になっておりますKucing様より、上記画像の通り、既に1両目が21時にオンレールしたとの見たまま情を頂き、会社からそのまま直行するも、すでに4両目がPasosoで玉かけ待ちでした。1時間ちょいで4両というのはかなりのペースです。

DSC_0083_R
6519も順調にオンレール

このときに普段とは違う何かを感じましたが、先導車の運転手から、5両目もすでに陸送中、6両目以降もすぐに出ると伺い、こりゃ急がないとアタマが上がってしまう・・・と相変わらずコンテナの山で光源が遮られているPasosoでの撮影は端から諦め、5両目の6719の到着を待ち、埠頭へ移動します。

DSC_0102_R
6719。本当に暗い・・・

DSC_0133_R
あ~あ、6819行っちゃった・・・

それでも移動中にも6819とすれ違ってしまいました、いつもの流れですと、この辺でちょうど鉄板タイムで、歩留まりゼロなのですが、これは仕方ないですね。

DSC_0141_R
6619もそそくさと出発

埠頭に着くや否や、6619も出発。作業開始約3時間で既に7両がつり上がっているというのはハイペースです。そんなわけで、今回は横に5両ずつ、上段15両下段5両の布陣です。だから、当分鉄板作業なし。船の大きさ、そして他の積載物との兼ね合いも絶妙だったのでしょう。こういうノリはなんだか埼京の205以来のような気もします。

DSC_0191_R
どんどん吊り上ります、6219

そんなこんなで、6119F残すところあと2両しかありません・・・。6019の頭の向きを先に見ておきたいので、港湾仲間と船内へ下見に行くことに。

DSC_0239
この積み方が速さの秘訣?ですね。

DSC_0268_R
船内から6919

DSC_0338_R
6919onトレーラー

そしてあっさり迎えた、本日のクライマックスです。

DSC_0399_R
新木場側での積み込み向きの関係から、ぐるっと1回転パフォーマンス

DSC_0422
4時間で10両目の水切りです

続いて、間髪入れずにそのまま鉄板タイムなしで、6132Fに突入。積み方からしても、順当に6132が上がる気配でしたので、6132の水切りを見てPasosoに戻ることにしましょう。

DSC_0514
船内より6132。

DSC_0587
Pasosoへ

本当に今回は短期決戦のTanjungPriok深夜の決闘!でした。で、既にオンレールしている6119Fをどう撮るかなのですが、既に引き出し試験が行われており、すぐに発車するとのことで、これではJatinegaraまでの先行はかなり厳しそうで、DjokoTingkirクルーのお言葉に甘えて、Kucing様と仮眠がてら乗車することに。なお、Depok電車区までの配給ルートが、2015年度よりJatinegara駅有効長の関係から従来のPasoso~Jatinegara~Manggarai~Depokが、Pasoso~PasarSenen~TanahAbang~Manggarai~Depokに変更となり、編成が10連の昨年も引き続き、それを踏襲していましたが、今年度より従来のJatinegara経由に戻っています。

まあ、でもさすがにどこまでも順調というわけには行かず、PasarSenenで約1時間程度のバカ停。これはSenen~Jatinegara間で深夜保線作業が実施されていたことによるもので、単線運転を行っており、上ってくる長距離客レを優先した結果でした。で、Jatinegaraに着いたのはなんだかんだで3時過ぎ・・・。おいおい、せっかく1時過ぎにはPasosoを出ていたのによ・・・。これではDepok到着時に始発がもう出てしまうではないか。

DSC_0623_R
久々のJatinegaraバルブ。が、PP編成になって本当に撮りづらいです。

Jatinegaraで決まれば、ここで撤収予定だったのですが、なんだかなぁ・・・な画ですので、一か八かでそのままDepokまで同行させていただきます。Depokで中線に入る保障なんて五分五分なんですけど。

で、果たして結果は・・・。

DSC_0637_R
無念の4番線・・・

まあ、もう始発始まる時間だから、ヤバイよなとは思っていましたが。よりによって3番に6123Fが入っており、せめて赤・緑並びでもと思いましたが、なんと、罐の切り離しを行わず、運転停車のみで、PP編成のままDepok電車区へ!!ありゃりゃ。考えてみれば、この時間帯、5分毎に出庫スジが引いてあり、2番・3番・4番フル稼働なんですよね。ここで切り離し作業なんてしていては、定期列車に大支障を来たすため、そのまま入区になってしまったわけです。ここの作業手順も見直されてしまったのでしょうね。従来のように、洗浄線まで押し込まなければ、電車区内で罐の切り離しは出来るのですから。

さて、この後どうするか、なのですが、どうせもう始発電車が動いているならと、もうやけくそになって、リベンジPasosoです。Bogorから来る電車はたとえ5時台でももう座れないため、Depok始発を待ちます。それでも既に始発待ちの列が出来ており、こりゃまるで日本と同じだな;;座席争奪バトルもなんとか制し、JakartaKotaまでほとんど記憶がありません・・・。

で、再度のPasoso。

DSC_0660_R
6132Fの10両のオンレール完了。お迎え罐も来ているように見えますが・・・。

DSC_0678_R
DjokoTingkirが戻り次第、入れ替え作業を実施し、10連を組成です。

我々がDepokに行っている間も、徹頭徹尾、作業は順調に進み、翌朝までにこちらでの作業は全て終了してしまったのですが、今年度分からはこの後Depokまでの輸送で若干変更点があるということで・・・。

当初、10時くらいにはPasosoを6132Fも出発し、どっかで沿線撮影でもしてから、怪社に行けばいいやなんて目論んでいたのですが、なんと!!2017年4月改正より、日中の配給列車の設定が全面禁止に!!昨年度より、定期列車への影響を考慮し、朝夕ラッシュ時間帯への配給設定が禁止となりましたが、今年度よりさらに厳格化され、夜21時~翌初電前後以外の時間を除き、設定が禁止となったそうで。そのため、日中時間帯の配給走行の撮影は事実上不可能に。但し、日中Pasosoに放置するわけにもいきませんから、組成完了後は日中の間、TanjungPriok駅にて留置となります。こちらの方が狙い目になるかもしれませんね。

そんなわけで、私はここで一時戦線離脱。Kucing様がDjokoTingkirのお戻りを待ち、10連組成まで粘られました。
6132
10連組成された6132F
撮影:Kucing様

私はといえば、怪社上がりに、Jatinegarani再出撃です。前夜、罐側からの撮影が全然出来ていませんでしたので。しかし、今回も長い一日でした。

DSC_0699_R
ハイビームされてしまうと、私のような素人には無理ですね・・・。

DSC_0715
定番の駅名標と。メトロ6000との組み合わせは実は初。

CSC_0785
後追いなら、なんとか撮れました
(停車中は完全に罐出しです)

Jatinegara駅は罵声軍団様のおかげ?で堂々と撮っていてもそこまで文句を言われないのが救いなのですが、罐と救援気動車のPPでは罐出しが基本。罐側の撮影はなかなか大変です・・・。

次回に向けて、何らかの作戦を立てなければなりません・・・。