Dsc_0390_r_2              人知れず、姿を消した神奈臨DD55と再会!

2006年頃、メトロ5000と共(川崎から一緒に積み込まれたのでしょう)にインドネシア入りしたDD5512ですが、Cikampek~Cirebon間の複線化工事に従事した後は、Jatibarang駅に隣接する運輸省保有の資材置き場に長らく放置され続けてきました。Jatibaran留置の姿は既にお世話になっておりますおっとっと様はじめ、皆様がアップロードされていますので、特にこちらではアップしてきませんでしたが、見える位置にありながら、しかも入ろうと思えば入れそうな場所にも関わらず、いざ撮影しようとすると、思うようにゆかず、なかなか歯がゆい思いをされたのではと思います。そんなDD5512なのですが、今年に入ってから定位置から姿を消しているとの現地鉄道ファンの間で囁かれ、その後すぐにCirebonで再稼働に向けた整備を行っているらしいとの情報が出回りました。インドネシアではもはや少数派となってしまい、KAIの毛嫌いする液体式ディーゼルに加え、数年間の間雨ざらしになってきたわけで、さらに保守部品の確保なんてとうてい不可能と思われ、Cirebonに送り込まれたにせよ、本当に復旧できるのかと半信半疑でした。密かにBekasi線の複々線化工事で活躍してくれないかと期待したものですが、果たして真相は・・・。先日、Cirebon出張のついでに見学する機会がありましたのでレポートいたします。なお画像は全て許可を得て、警備員同行のもと撮影しています(全然自由に動けませんでした・・・)。


Dsc_0436_r            CirebonPrujakan駅に隣接するBalaiyasa Mekanik

と、いうわけで向かった先はDD5512が送り込まれたBalaiyasa Mekanik。マルタイをはじめとする保線車両をメンテナンスするインドネシア唯一の施設です。保線車両は基本的に運輸省の保有ですが、旅客車両と同じくメンテナンスと運用はKAIが行っているようですね。しかも最近は、KAIも自前でマルタイを購入しているようで、毎度のことながら、業務の線引きが曖昧になっています。

それはさておき、交渉の後なんとか撮影OKとなりましたので、日が暮れる前にさっそくDD5512を激写してきましょう。柵の向こう側のDDが目の前に!!
Dsc_0383_r         一昨年前に同じく日本からやってきたMatisa製マルタイと並ぶ

Matisaは相変わらず調子がよろしくないようで。再度修理中・・・。
Dsc_0394_r          逆サイドより。ちょうど良い位置に止まっており最高でした。
Dsc_0405_r           手前には日本時代のままの塗装を保つマルタイも

気になるDD5512の去就ですが、とりあえず修理はほぼ完成したとのことで、後日なんとAmbarawaに運ばれるとのこと!!日本車がAmbarawa鉄道博物館で動態保存!?と思いきや、Semarang口からAmbarawaまでの旅客営業再開に向けての工事用車両として活用されるとのことでした。工事終了後、使い道がないのであればぜひとも博物館で動態保存を!!

おまけ

せっかくCirebonまで来ましたので、これも撮影しておきました。まあフツーにCirebonと言ったらこちらですよね、CC200。DDだけ撮って帰ったら落花生。様に怒られそうですし(笑)CC200はGEとKAIの蜜月の付き合いの礎を築いた車両であり、インドネシアの鉄道近代化を語る上で、欠くことの出来ない車両です。現在はCirebon機関区で、一応エンジンは始動できる状態(走行は??)で保管されていますが、こちらも近くAmbarawaに運ばれるとのことでした。
Dsc_0169_r            手前のD301も一緒にAmbarawa送りかな?
Dsc_0196_r            こんな位置からしか撮れませんでしたが・・・

いずれ博物館で展示されるのなら、そのときに撮りなおせってことでしょうね。しかし現物を見ると、これも模型で作りたくなっちゃいますね;;