Dsc_0018_r              だいぶすっきりした電留線。休車状態だった05-108Fが消え、
 さらにこのところ運用実績のない7117Fもピットに取り込まれました。6115Fは本日の予備。

このところ組替えもパターン化さて、着々と進んでいますので、橋の上から軽く更新です。マンガライレポートでお伝えしている通り、H21がばらされ、H18,H19が10連化されておりますので、H21が南武編成いずれかのMM’ユニットを組み込み、12連化される時分ですので、ウォッチングするにはちょうどよい頃合いかと。

Dsc_0006_r                  ナハ35,44、6M4T化(5月26日)

そんなわけで、朝Depokに寄り道しながらの出発となりましたが、のっけから6M6T化されたナハ35,44にお見舞いされました。ということで、H21はナハ35との間で、サハ,モハの差し替えがすでに実施されています。やはり、ハマの組替え時には本線試運転が設定されるにもかかわらず、南武の組替え時には構内試験だけで済ませてしまうのですね;;
Dsc_0012_r               H21から組み込まれたサハ204-121,サハ205-141

新組成は以下の通り
・ナハ35,44:204-19,204-57,205-57,204-121,205-141,205-19+204-28,204-84,205-84,204-82,205-82,205-28

いやいや、まさにナイスタイミングでした。週末は週末でネタに忙殺されそうですから、先に上げておきます。


で、Depok着。まずは廃車置き場から。特に変化なし・・・ですが、1063号がポツンとだけ取り残されています。
Dsc_0031_r   毎度の廃車置き場。1060Fの屋根も確認出来ますが、編成を解かれています。
Dsc_0026_r                   置き去りになっている1063
Dsc_0041_r                         逆サイド
Dsc_0048_r                     H4はこんなところに・・・・

ズームしてみると、H4はヤードの真ん中で放置状態でした。車輪交換して、さっさと8連と
組み、12連にすればいいものをと思いますが、どういう優先順位なのか。

では先に進みましょう。
Dsc_0060_r                  奥の橋より、動きのない、H27・・・・

H27は相変わらず先頭のみの抱き合わせで放置中。パターンに従えば、ナハ10のMM’を組み込み、4連化されるはずですが、当のMM’はH14の10連化に使われてしまい・・・。但し、H14の組成は非常に奇怪なものになっており、すぐに増結されたMM'が抜き取れるようになっているとも見え、205-30,204-30 の修繕完了次第、H27+H14で12連化されるのかもしれません。

そして注目のH21ですが・・・

Dsc_0065_r              既にナハ35からMM'55を組込み通電中!!

これは撮りがいのありそうな混色。週末に運用に就くといいのですが!!隣は8610Fで既にパン上げされていますので、修復完了でしょうか。

そして最後にピット側を。
Dsc_0049_r             向かって一番左の倉にいるのがおそらく05-105F

また、向かって正面の7000がおそらく7117Fと思われます。05-105Fは今週中の運用入りはなさそうですね。
Dsc_0054_r                          全検棟

あれ?1060Fが。別に1080,1090Fが入っているわけでもないのに何をしているのでしょうか。中間車復活で、10連化?いや、まさかね。
Dsc_0057_r                     車輪削正は05-109F

とまぁ、こんな感じのDepok電車区でした。

おまけ
Dsc_0083_r          Depok行き、そのまま入区のH22(H22最後の8連運用ですね)

話には聞いていたのですが、H22が来たので、とりあえず後撃ち撮影。この編成がそのまま入区し、H21と組み、午後スジのDepok~Bogor間で12連試運転を実施しています。新組成は以下の通り。

・H22+H21:204-82,204-122,204-224,205-224,205-142,204-223,205-223,205-82+204-81,204-55,205-55,205-81

今回も4連はBogor側に連結されています。またこれで今週分の一連の組換えが終了しました。こんなのがあと数週間続くと思うと、気が滅入りそうです;;

コメント

コメント一覧

    • 丸太
    • 2016年05月27日 20:42
    • こんばんは。
      8連で残っているのはクラH9,23,24,25の4本だと思いますので、これらがパターン通りに組み替えられるのならクラH4のモハ2両はどのみち余りですね。横浜線編成が22本なので4で割り切れないわけです。
      クラH4,27のクハ4両は10連の8+4連化に使ってもいいように思いますが…
    • パクアン急行
    • 2016年05月28日 02:06
    • <丸太様
      そうですね。あっという間に残り4本です。あと一巡したら、205の8連単独編成は消滅です。問題はH4,H27をどのように使うかですね。さすがに寝かしておくままにはしないでしょうから、何らかの形で活用されるでしょう。H27はH14と組み12連化するとしても、おっしゃる通り、H4は余りですね・・・。やはり、埼京のオール4扉編成あたりと組み、12連化ですかね。モハも付随車扱いとして、増結するかもしれませんね。
    • 野津田車庫
    • 2016年05月28日 23:01
    • こんばんは。
      南武線の12両編成運転の衝撃から間もない気がしますが、今度は元横浜線8両編成が消滅とは・・・少し期間が経つと本当にワケの分からない状態になってしまいますね。
      今月のRF誌の記事も拝読しましたが、この膨大な変化を纏め上げる取材力にはただただ脱帽です。
      ところで、千代田線からは6000系の2次試作車が運用離脱し今後が注目されていますが、VVVF制御車初の譲渡にはどの編成が当地に渡るのか気になるところですね。
    • パクアン急行
    • 2016年05月31日 11:09
    • <野津田車庫様
      全くです・・・。一つ片付くと、次の案件が入ってくるの繰り返しで、本当に休み暇を与えてくれません。まあ半分趣味でやっているようなものですから、良いのですが。にしても疲れます。KCJがちゃんとした公式情報を出してくれればいいのですが、それが間違っているので自分でやるしかありません。
      6101Fはすでに陸送されましたね。あんなボロ要らないですよ。検査切れ順から離脱して、輸送されるのでしょうが、編成毎にシステムバラバラ、挙句の果てに6M4Tと5M5Tが入り混じるとなればもはや手に負えません。メトロが技術支援するわけでもなく、チョッパですら苦労したのに、Vとなれば、1年も走れば御の字というところでしょうか。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック