Dsc_0081_r                         先週末のゲート前

どうせ動きなしなので、この位置からで失礼します。わざわざ、危険を冒してまで行く必要もないでしょう。BalaiyasaManggaraiではH6+H8、Depokでは7122Fが引き続き入場中です。ですので、特に大きな動きはありませんでしたが、去る8月17日は71回目の独立記念日でしたので、コタ駅でイベントがあったりと、まあそこそこ充実した1週間でした。最後の最後で、6101Fの試運転(前回の記事を参照)もありましたしね。ただし、昨年205の大半の編成に掲出されたような記念ステッカーの掲出はなし。そもそも電車への国旗掲揚もほとんどないまま、独立記念日を終えてしまいました・・・。去年の70周年が特別だったということか。今年の71周年デザインなんて、円形でちょうどヘッドマークに良さそうだったのですけどね。

Dsc_0888_r                DIRGAHAYU Republik Indonesia ke 71 !!
Dsc_0421_r              電車への国旗掲出は本当に僅かでした・・・

Dsc_0042_r             あの71デザインのヘッドマークが見たかった!!


では先週の動きを。

・メトロ5000関連続き
Dsc_0887_r                   5817F車輪交換、運用復帰

前回マンガライレポートで5809Fの運用復帰をお知らせしていますが、先週に入り5817Fも車輪交換後初めて、営業列車に充当されました。また同時に投石防護網が黒塗装化しております。
Dsc_0903_r                   5000系では初のグレー台車

なお、今回車輪が交換されたのは5017,5251,5927の3両で、2016年度分の波うちグレー台車が初めて5000系にも採用されました。従来品ではメトロ系列に全て共通に使用されていましたから、波うちが既に05等で使用されている時点で問題ないのでしょう。
Dsc_0057_2_r               銀縁時代にほとんど撮れなかった5817F・・・
Dsc_0069_r                  連続で上ってきたので5809Fも再掲

ん?色調が微妙に異なるのですかね?5817Fはもしかして、前面のみ塗装なのか?

・8618Fも黒縁化
Csc_0195_r                 なんと東急車にもこの流れが波及・・・

何が起こるかわからないのがジャカルタ・・・。このまま行くと、銀縁姿は過去帳入り。こうなると8612Fが最後の銀縁編成となりますが、このところ運用に入っておらず、メンテナンスと同時に黒縁化される可能性が高いでしょう。

・ナハ35,44方転
Dsc_0148_r                たまたま混色編成なので気づきました

KCJがまたまた斜め上を行く施策を打ち出しています。せっかく組成変更の際に、極力クハ205をBogor側に固定していましたが、なんと今回あえて方転を実施しており、他編成においても方転回送がしばしば目撃されています。これは、従来8両編成は、運用の都合から頻繁に方転していたものが、10連になり、通常編成向きが変わらなくなり、これが車輪摩耗の偏りを助長しており、結果車輪削正の頻度が上がり、車輪の寿命を縮めているというのです。これまで車輪削正しいをロクにやってこなかった分際で、何を偉そうなことを・・・。というかメンテナンス効率を高めるためには編成向きを揃える方が優先でしょうに。ただ確かに、今年に入り、車輪に関し、神経質になっているのは確かで、ここまで車輪交換が頻発している裏には、また何か黒幕が存在するような気もしないでもありません。フラットの次は摩耗かよ・・・。鋳鉄制輪子の採用のように、本末転倒な結果に終わらなければいいですが!!なお、今後も方転が断続的に続くものと思われ、このデータ取りは行いません。

・広告車の話題
Dsc_0295_r                   ナハ3,36にラッピングが増える

先々週あたりからじわじわと増え始めている映画のラッピングですが、ナハ3,36にも出現していました。
Dsc_0303_r                     当該はモハ205-233
Dsc_0306_r       またモハ204-60には一足先に殺虫剤の広告がお目見えしていました

一見強力そうな殺虫剤ですが、正直日本製のアースとかの方が強いです・・・。
Dsc_0187_r                ナハ37,42の映画ラッピングが増える・・・

前回、混色編成のナハ37,42への広告掲出をお知らせしていますが、さらに2両追加され、横浜線編成から組み込まれたサハ204にもラッピングが為されてしまいました。これで、南武の6M6T編成のうち、KCJ帯が2両連続で入る編成は消滅してしまいました。
Dsc_0180_r                        モハ204-78
Dsc_0183_r                         サハ204-115

Dsc_0185_r  再掲ですがモハ204-63(帯が剥がれ山手帯が見えていたのは解消されましたね)

まあ、混色時代はそこそこ撮影出来ましたからまあいいかな。
Dsc_0053_r                    ハエ23に独立記念ラッピング
Csc_0061_r                  サハ204-40にMerdekaラッピング

なかなかナショナリズムを高揚(?)させるデザインですね。TJがMerdeka atau Macetなんていうしょうもない洒落で出してきたのですから、こっちは正当にMerdeka atau Matiと書いて親中勢力に見せつけてやればよかったのにと思いますが。もちろん、カラーはあの客車と同じ、緑・クリームのツートンで(笑)
Dsc_0341_r                      車内の広告も統一
Dsc_0335_r                         戸袋部
Dsc_0351_r_3 なお、車内装飾は隣のサハ204-12(KCJ7周年記念ラッピング)に実施されていました

・独立記念日イベント@ジャカルタコタ
Dsc_0941_r                 このところ間隔の開いた記念Commet
Dsc_0986_r                      ファディラ社長も登場

8月17日、JakartaKota駅で、独立記念日限定MulutiCommetの発売と、非売品のもらえる利用者参加型のイベントが開かれました。
Dsc_0947_r                     準備中の記念カード売り場

カードを買うと、隣のブースで写真撮影の特典が付きました。よほどこの国の人にとって写真撮影は特別なものなんでしょうね。
Dsc_0011_r                    Commet利用MVP表彰式
(アプリの不具合修正されなかったのにどうやって産出したんだろうね?ヤラセ疑惑が。)
Dsc_0961_r                       Eva嬢を探せ!!

まあとにかく、ファディラ社長も終始一貫して、Muliti券を買いましょうと連呼していました。それほどまでに窓口の混雑緩和は課題なんでしょうけど、この国の人の乞食根性に電子マネーは馴染まないのですよ。TJのようにシングルトリップの発売を停止にしてしまえば事済む話なのですが、そこはKCJの優しさ、ですよね。
Dsc_0957_r_3                  本社のお姉さんとのるるんKaReL

この手のイベントになると、客より先に社員が楽しんでいる気がしますけど、それでいいんですかね。逆に客は冷めた目で見ていますよ。
Dsc_0012_r_2            司会のおばちゃんもやたらMuluti券をアピールします
Dsc_0027_r                  囲み取材を受けるファディラ社長

突っついたって、何も出て来やしませんよ!!
Dsc_0044_r      その美貌からイベントにひっぱりだこの本来なら広告事業部のこのお方。
        そして威勢のいい司会のおばちゃんも普段はどこにいるのでしょう。

当方、シャトルランで頑張って、記念品を袋一杯ゲットし、満足でした。にしても、インドネシア人入るの遅い・・・。

・営業屋からのお知らせ

2831f26a.jpg
           たかだかRp.1000の値上げに反対する連中って何なの?   

8月18日、これまでたびたびその可能性が示唆されてきた運賃改定ですが、10月1日から実施と公式発表がなされました。しかしその値上げ額はわずかRp.1000。近年の物価上昇率からしても、あまりにも安すぎるこの運賃、この際思い切ってドカンと一発値上げてしまっても問題ないのではないでしょうかね。日本円で10円にも満たない額の値上げなど、焼け石に水です。なお、この値上げ分は、Bekasi線の改良工事などに充当されるようです。
Dsc_0082_r        駅にあった詳しい案内。約半分は補助金で賄われている状況・・・
Dsc_0087_r         Manggarai駅のイメージ図もついに公開されましたね(左上の図)

本気で二層式になるようです。

以上