Dsc_0058_r                     今夜は5816Fが旅立ちました

マンガライレポートのゲート前画像の通り、12月12日深夜、廃車のため5816FがCikaumへ回送されました。5000系から編成単位での廃車が出るのは初。5816Fは2011年中頃から補助電源故障により長期離脱していましたが、Depok電車区にて修繕の後、2012年7月に運用復帰しており、これと同時に当時としては画期的だったGPSによる自動放送と、それと連動する液晶画面が各車両4カ所に設置され、DjokoVisionの愛称が付与されていました。しかしながら、2014年9月に残る2編成の延命のための部品取り名目で運用離脱。皮肉にもDjokoVision化された2012年の全検が最後の検査となってしまいました。

Dsc_0005_r         もう手慣れたもので、5016を先頭に7番線に推進運転で入線
Dsc_0020_r             今日は釜も到着済みで、すぐに連結作業開始
Dsc_0087_r          Bekasi線終電遅れのため、そちらを先行させるため抑止中
Dsc_0088_r                霧雨降りしきる中、Cikaumへ向け発車
Dsc_0101_r                      本日の緩急車はこっち
Dsc_0115_r                    
                         最後尾5816

しかし、ホント5000系って現地のヲタ受け悪いんですね。こんなに優秀な車両だったのに、お見送りは中の人を除いてはゼロ。まぁ、この前のHibahのときが異常だったといえば異常なのですが。わざわざ睡眠時間削ってまで動こうとする人たちじゃないですからね・・・。

コメント

コメント一覧

    • おっとっと
    • 2016年12月13日 15:06
    • こんにちは、連日の廃回ラッシュ撮影どうもお疲れ様です!
      次から次へとチカウムに送られて行く車両を画面で眺め、チカウムで103系を含めてどんどん積み上げられているという話に触れるにつけ、ひとつの時代の終わりを感じます。
      Djoko Visionは、正面のロゴが良いアクセントになっていただけに、早々の廃車は残念です。お疲れ様……と思います。
      しかし……都営6000よりもメトロ5000の方が人気がないというのは意外ですね! 切妻なのは東急8000系列も同じなはずですが……。静かすぎて面白くないとか?! 日本での人気度はメトロ5000>都営6000では?と思うにつけ、ここらへんの感覚の違いは不思議です (^^;
      ともあれ、残るメトロ5000系2編成や、全検入りしたという8607F (祝!) をはじめとする東急8000系列の長寿を祈りたいですね……。
      そして、マンガライ駅の地下道ですが、あのドロドロ工事ですので、まさか完成するとは思っていなかったです (汗)。マンガライ駅は冠水しないという自信があるのでしょうか?
    • パクアン急行
    • 2016年12月15日 03:40
    • <おっとっと様
      いつも励ましのコメントありがとうございます。懲りずに深夜のマンガライとチカウム通いを続けております。正直体に応えますが、チケットの取りづらい時期にもなりつつありますので、年末までのチカウム行きのチケットは全て押さえ済みです(笑)タイ、マレーシア、サバ州とネタな列車が山ほどあり、そろそろインドネシアを抜け出してリフレッシュしようかなんて思っていたのですが、もろくもそんな企みは崩れ去りました・・・。それにしても毎年のように廃車は年末というのが決まっているあたり、年度予算の余りをここで消化しているような気もしてなりません。これじゃいつまで経っても、解体費用なんて捻出できないような気がします・・・。
      5000系は本当に人気がないですね。都営6000系導入時のようなインパクトがあったわけでもなく、インドネシア人にとって、単純に地味過ぎるのだと思うんですよね。ちょっと日本人との感覚のズレを感じます。
      マンガライ地下通路は年明け早々、冠水しような気がします・・・。こうご期待、でしょうか・・・。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック