6131f_ujicoba                       6131F2度目の試運転
                          Foto:Mas Pascal

2016年度譲渡分の6本目、最終編成となる6131Fが前回の社内試験から約1ヶ月を経て、ようやく運輸省試験を実施しました。運転区間はDepok~Manggarai~Bogor~Depok。年末年始期間でKAI、運輸省とも忙しく試運転が設定できずにいましたが、これでようやく昨年度分6本の6000系が出揃うことになります。画像はいつもお世話になっております、Pascal様から頂きました。ありがとうございます。

Bogie_6031                  車輪が交換されている模様??

しかしこの一か月間何もしていなかったわけではなく、Pascal様によりますと、車輪が新しくなっているっぽい??とのお話でした。直接見てみないとなんとも言えませんが、確かに画像を見ても肉厚そうに見えます。

なお、KCJからRangkasBitung電化開業の公式ガセ情が上がりまして、それによると電化延長は2月1日とのこと。もうあと1ヶ月を切っているわけですが、未だ試運転も設定されていない中、可能なのでしょうか。またこれと同時に、TanahAbang~RangkasBitung間のEkonomiLocalは全廃となり、丸々電車で置き換えることになります。とはいえ、昨年度の車両増備はこの6本に留まり、逆に一部車両が廃車になっているわけで、本数足りるのか・・・。そのためにも、Tangerang線を削減したりするのでしょうけど、反面KFWがFeederやTanjungPriokから撤退しており、それでは差引ゼロではないですか。それとも今のうちにKFWをメンテナンスして、ダイヤ改正からまた運用復帰なんてこともあり得るのでしょうか。いや、運輸省の公式SNSによれば、総本数は881本から904本に増加するに留まるようなので、案外KFWなど使わなくても、もはや大丈夫なのかもしれません。

コメント

コメント一覧

    • 野津田車庫
    • 2017年01月13日 00:28
    • 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もまた詳細かつ濃ゆい内容の現地レポート楽しみにしております。
      最終導入分の5M5T改造車も運用入り間近のようですが、取り敢えずは小窓の6M4T編成共々何とか動いているようで、先ずは一安心ですね・・・。とはいえ、密閉機器でかなりの経年車なので予断は許さないことに変わりはありませんが。
      それよりも、前回の記事で触れられていたように、2017年度分の車両計画で中国中車製新型車導入が現実になりそうで恐ろしくなりますね。シンガポールでのやらかしがあったとはいえ今や合併で同社はBIG3を凌ぐ規模になっている上、そこそこ使えて安価な新車はこの上なく魅力的な存在なはずですし、色々不安要素だらけの年になりそうです。
    • パクアン急行
    • 2017年01月14日 00:51
    • <野津田車庫様
      いえいえ、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
      さて、2017年年明けから波乱の幕明けです。というのも昨年運輸省から出た、経年30年以上の客車は順次廃車せよ、のお触れなのですが、それを電車にも適用するとの通達が出ているようで、KCJ社内はこの1週間てんやわんやです。そんなことをしたら、使える車両が1両もなくなってしまうわけで、背後には中韓の影がちらついています(今のところどちらかはわかりません)。1000両規模のマーケットがみすみす日本に取られているというのには中韓の鉄道業界が内心穏やかなわけはなく、虎視眈々とジャカルタ案件は狙われており、運輸省に30年廃車を吹き込んだのも奴らでしょう。恐れていたことが現実となりました。JRE海外事業部はこの逆境の中どう舵を切るのでしょうか。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック