Img20170203wa0024                       電車はついにRangkasへ
                            Foto:Mas Farouq Adhari

2月3日、かねてより噂されていたRangkasBitung電車入線試験が実施され、Maja~RangkasBitung間を1往復した。画像の通り、充当されたのは6108Fで、VVVF車のSerpong線入線試験も兼ねていた模様。なお6108Fは当日朝にDepok電車区から回送され、試験後は最後Depok電車区に返却されてます。また、非常時に備えて、牽引車DjokoTingkiriがMaja駅で待機し、返却時のMaja~Manggarai間は6108FのTanahAbang寄りに連結されました。このとき、6108Fのパンタは上昇したままで、マニアは歓喜していたようです。ただでさえ、RangkasBitungに電車入線、しかも6108Fが入るとなれば、沿線は祭り状態だったようです。が、さすがに平日日中に怪社を抜け出しRangkasへ・・・というのはさすがに無理があり、今回は貰い物で、やりすごします。詳細は、いつもお世話になっておりますKaori Nusantara様がアップしていらっしゃいますので、そちらをご覧ください。

https://www.kaorinusantara.or.id/newsline/68909/momen-bersejarah-layanan-krl-commuter-line-diuji-coba-sampai-stasiun-rangkasbitung

Img20170203wa0022             雰囲気はBogorに似ていますが、ここはRangkasです
                       Foto:Mas Farouq Adhari

上記画像の通り、電化されたと言っても、駅構内はまだ低床のままで、オレンジステップで暫定的に対応しています。また現時点では、このように2番線ホームのみにステップが設置してあります。よくもまぁ、また車両ステップのなお6108Fなんかを充当しましたね。というか、最近ステップ撤去がまた滞っているのは、RangkasBitung入線対策??

試運転に特に問題はなかったようで、運輸省許可が下り次第、EkonomiLokalの1運用を置き換える形で、1日2往復のスタートから電車運転が開始されるようです。2月中の運転開始予定。ということは、しぶとく残ってきたRangkas鈍行(EkonomiLokal)はいよいよ終焉のときが迫ってきたということになります。まあ、当方、飽きるほど乗ったし、撮ったし、わざわざ慌てて撮る必要はもうないかなといったのが正直なところです。それよりも、Maja~RangkasBitung間の電車走行が楽しみですね!

コメント

コメント一覧

    • おっとっと
    • 2017年02月05日 09:33
    • おはようございます、速報どうもありがとうございます!
      ランカスの電化開業入線試験一番乗りが、まさか田の字6108Fとは……事実は小説よりも奇なり!
      とにかく、ランカスビトゥン・ヲタ (←何それ?) としては感無量です……。
      私も、客車のランカス鈍行は既に2度お名残乗車のつもりで乗っていますので (一昨年の8月が最後のつもりだったところ、昨年8月にもご一緒できてしまった ^_^)、「常磐線上野口客レみたいな列車がよくもまぁ今まで残っていた!」ということで、静かな気持ちで電車化を迎えたいと思います。
      むしろこれからは、チテラス前後の駅間がメッチャ長いところを、205系がどんな感じで走るのか?!という点に注目したいですね〜。(東急がランカスに来ないのは残念!)
    • パクアン急行
    • 2017年02月05日 23:45
    • <おっとっと様
      コメントありがとうございます。公式ガセ情からも、2月から開始!!(ただし日付は未定)とのことで、今か今かと楽しみにしております。しかも、お試しダイヤは客レのスジをそのまま使うので、Angke直通という・・・(但しTanahAbang等、全駅に停車)。詳細は次のマンガライレポートでお知らせします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック