DSC_0908_R
スカート・網付きとなったM35編成
床下の塗装も完了ですね

9月10日、205系武蔵野線M35編成がDepok~Jakarta Kota~Depok間で運輸省試験を実施。武蔵野線第五陣編成では初の運輸省試験設定となりました。社内試運転時にはM64編成と共に、スカート・網無し姿での走行でしたが、これにて現地化改造が完了です。スカートは205系オリジナルのものに準じたものをDepok電車区で製作しています。なお、オリジナルのものは中央のバンパー部がFRPですが、現地版のものは全て鉄板となっています(既存の205系も既に多数が現地仕様のものに交換されています)。

DSC_0916_R
メルヘン顔は前面の赤色面積が少ない為、
赤いスカートがよくマッチしていて格好いいですね

スカート付きメルヘンの姿を拝みたいと、Depok駅は今日も現地鉄が大集結でした。しかも、久々に朝からバリ晴れの撮影日和。運転報上はDepok~Jakarta Kota~Bogor~Depokでしたので、フルコースで撮影しようと皆さん意気込んでいたのですが・・・、一発目の中央線内で渋滞にはまり、遅延約50分・・・。予感は的中、Depok~Bogor~Depok間は運転打ち切りとなってしまいました。

従来、運輸省試験では必ずBogorまで入線していましたが、第四陣の運輸省試験から、Jakarta Kota
までの設定に変更になっています。Manggarai~Cikini及びJakarta Kota~Jayakartaへの高架アプローチ部で勾配上での試験を実施しているとのことですが、その分、Depok以遠の山登り区間での試験は不要と判断されてしまったのでしょうか。

当方、Jakarta Kota入線中のPercobaanサボを撮ったことがないので、後続でJakarta Kotaまでの追いかけを行いました。12番にだけは入らないでくれと祈っていると、9番に入っているようで、これはラッキーと思っていたのですが、8番線にTanjung Priok行きが入ってしまっていました・・・。

DSC_0975_R
05との並びも悪くないと思いますけどねぇ

DSC_0965_R
面をアップ
投石防護網は、曲面窓に追従させず平面タイプのままです

DSC_0987_R
せっかくこんなに晴れたのにロゴが!!

このときに、ちょうど乗務していた知り合いの運転士から、Bogorまで行くと言われていたのですが、途中で打ち切りが決まってしまったようですね。とりあえず、再び後続で追いかけを敢行していたのですが、Pondok Cinaを過ぎたところで、現地から入区してしまったとの見たまま情報が入ってきまして。とんだ無駄足になってしまいました。

ちなみに、M35編成は引き続き、編成が逆転したままですので、近いうちに方転回送が実施されることでしょう。方転実施後、すぐに12連に組み替えるとも言われており、8連の姿での走行は貴重なものになるでしょう。あとは中間運転台に封じ込めにならないことを願うばかりです。

鉄道コム

コメント

コメント一覧

    • 平成電電
    • 2019年09月11日 15:52
    • メルヘンがハイパーイケメンになっているだと!?!?!?!?
    • パクアン急行
    • 2019年09月11日 16:05
    • >平成電電様
      20年以上前に205系に初めてスカートが設置されたときはなんだかなぁと思いましたが、近代的な顔をしているメルヘンにはまあまあ似合うのではないかと思います。特に、KCI色のメルヘンは予想以上の出来で、びっくりしています。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット