DSC_1032_R
帰ってきた6117F

2019年最後、12月分の検査明け出場車が出そろいました。205系H7編成に遅れること、約1週間、Depok電車区に全検入場していたメトロ6000系6117Fが1月14日に出場試運転を実施、翌15日から運用に復帰しています。6117Fが10連に復帰するのは実に2018年3月以来、約1年10か月ぶりのことです。なお天気がクソですが、それでも真っ暗になってしまったTebetから急遽避難して、なんとか撮れた結果です・・・。


車輪限度値割れの為、長らく6717,6817の2両を欠車し、暫定8連になっていた6117Fですが、昨年の8月頃からは編成丸ごとDepok Baru駅中線で長期休車状態(現在は、6117Fと入れ替わりで7117Fがそちらに休車留置されています)で、約半年ぶりの営業復帰です。H7と共に10連編成が純増していますので、利用者にとっては朗報です。Bogor線でも8連車の置き換えが進みそうです(Jatinegara直通運用の10連化が始まっています)。いよいよ5817Fも潮時かもしれません。

DSC_1042_R
長らく欠車していた6717,6817の2両
窓開いていますが、冷房大丈夫??

DSC_1052_R
車輪は全車交換されず

メトロ車は一斉に車輪を交換する例(T車だけ交換しないなどということもありましたが)が多かったですが、薄い車輪は薄いまま残っていました。これでは、また一時的に離脱することになるでしょう。

DSC_1054_R
片側のみKCIロゴ残存

たしか、末期に6017側のKCIロゴが欠落していたかと思いますが、今回6117側の撤去は行われず、入場前と同じ状態です。6117Fは2019年1月に前面塗装の化粧直しを実施しており、その後長らく休車して塗装乱れも少ない関係から、おそらく先月のH12編成と同じく前面再塗装は実施していないものと思われます。それにしても、故意に撤去した分のKCIロゴは、結局いつになったら貼り替えが実施されるのでしょうか。2020年予算にでも計上してあるのでしょうか・・・。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット