DSC_0486_R
久々のこの感覚;;
実は今、ジョグジャがアツい?

205系の組成変更ばかりダラダラ上げていても仕方ないので、気分転換にジョグジャに足を延ばしてみました。先日のシンカンセン巡視で触れた通り、もはや10年前のユドヨノ政権下にてほぼ決定していたジョグジャ~ソロ間の電化工事ですが、結局ジョコウィ政権になってからというものの、我が地元はテコ入れせずとも支持は取り付けられると言わんばかりに(まあ実際問題、得票率ほぼ100%ですからね;;)、トーンダウンしてしまい着工の兆しすら見られませんでした。そんな状況ですから、KAIとしても都市間快速用気動車への本格的投資をするわけにも行かず、ジャカルタ地区でお役御免になったHolec改造の電気式気動車(KRDE)を騙し騙し使ってきました。

酷いのはこのKRDEは完全に使い倒し要員で、ほとんどメンテナンスを受けずに運用されているということ。いつ乗っても見るに堪えない状態でした。初期導入編成の黄色い非冷房車は全検を受けることなく、約5年後に登場した赤い冷房車に置き換えられる形で1編成(共食いで生き残ったのがこの1本ということになります)を除き運用離脱。で、その2012年に登場した赤い冷房車もデビューから早いもので8年経過。いい加減ボロさが目立つようになり、そろそろメンテナンスしてやれよ・・・といいたいところでした。おそらくKAI/KCIとしては、このタイミングで電車に置き換えることを考えていたはずです。いっときネットで蔓延っていた05系のジョグジャ転属という話からしてもタイミング的にぴったりでした。が、結局2019年末まで架線柱の1本も立つことはなかったのです。

それに加え、世の中で全く話題にすら上がっていませんが、ジョグジャ空港線、ソロ空港線という2路線がほぼ同時に開業することとなり、快速気動車が絶対的に不足するという事態に。もちろん空港アクセス線用に2018年には緑の新型KRDE2本を用意して空港線開業前までソロ~ジョグジャ間のPRAMEKS救済臨、Solo Ekspresとして暫定的に運用していました。とはいえ、両空港線で最低でも2本ずつが必要で、車両の需給バランスが全く取れていませんでした。その後、不足分を補うため、南スマトラから快速Way Umpu用のKRDI(客車化により用途なし)をジョグジャに転属させるという強引な技にも出ています。

あくまでも個人的な運用調査に基づくものですが、2019年初めの時点で、稼働可能なジョグジャ地区のKRDE及びKRDIはおよそ以下の通りでした。

冷房KRDE(Holec赤):4本 ただし1本は長期休車中
非冷房KRDE(Holec黄色):1本
新型KRDE(Solo Ekspres):2本
非冷房KRDI(元Madiun Jaya):2本

3運用しか存在しないPrameks(+Solo Ekspres)のために、これだけの本数を持っていたと言えば持っていたのですが、問題は非冷房車の存在です。KAI公式には2012年にインドネシアから非冷房車は消えたことになっている(ジョーナンの完全冷房化宣言)のですが、冷房改造するにはカネがかかるが、廃車するのは早すぎるこれら気動車は特例的に運用が続けられていました。とはいえあくまでもPrameks予備車という扱いで、今回開業した空港アクセス両線に投入するわけにも、Prameksを非冷房化するわけにも行かず、Ekonomi Lokalにカネはかけないという従来の方針を変えざるを得ない状況に至ったのです。

そういう差し迫った事情があり、KAIは重い腰を上げ、昨年10月頃から冷房KRDEの検査入場を開始。さらには非冷房車の冷房化にも着手と、急転直下、ジョグジャ地区の気動車系列がここ数か月で目まぐるしい動きを見せており、今ジョグジャ地区にインドネシア人鉄もアツい視線を向けているのです。

そんなわけで、ジャカルタの雨続きの日々にも嫌気がさし、現地鉄の流行に乗ってジョグジャカルタウォッチングに出てきました。今後数回に分けてジョグジャネタをお送りしますが、まずはそんな過渡期の光景と言うことで、今回の気動車メンテナンス、改造を請け負う東南アジア最大の機関車メンテナンス基地、Balaiyasa Yogyakartaのゲート前画像をお届けします。

DSC_0494_R
ジャカルタにも顔を出すという衝撃的デビューを果たした赤いHolec KRDEも
検査入場によりまもなく見納め
(検査後の姿は後日お届けします)

DSC_0492_R
私は結局乗る機会の無かった非冷房KRDI
この編成も、今後冷房化されることでしょう
(冷房化後の姿は後日お送りします)

DSC_0497_R
おお、旧塗装のCC200が!!(右)
左のBB304保存機も近くで撮りたい!!

DSC_0491_R
さらに左奥には動態復帰を果たしたD1410の姿が!!
実は訪問の数日後に出場を果たし本線を走ったという・・・

ジャカルタにいても205系しか来ないし天気もダメダメだし、こんな状況ですとしばらくジョグジャに浮気してしまいそうです。今後、電化された場合はこのブログでもカバーしなければならないのでしょうし(そのときには社名の如く、ここのタイトルも変えなければならないのかな)、下地作りという意味でもネタの無い間に通っておくのもいいかもしれませんね。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット