DSC_0048
2017年度分、第2陣着岸

5月25日に東京木材埠頭を出港していた貨物船が、6月17日深夜TanjungPriok港着岸、翌昼過ぎまでにかけて6124F、6121Fの水切りが実施され、19日早朝に6121Fが、20日早朝に6124FがDepok電車区まで配給されました。毎度のことながら、まずは速報版で。
DSC_0095
1両目6124、Pasosoへ

今回、埠頭で撮影をしていたところ、いつもは何でもないセキュリティから撮影するなと言われ、(おい、こっちは5年間もここで撮り続けているんだぞ!と言ったところで、奴らには当然通用するわけもなく)面倒くさいので、この後は基本的にPasosoでの撮影となりました。翌朝までに1本目の6124Fのオンレールと編成組成が完了し、一旦の鉄板タイムとなりました。断食中ということもあり、このあと炎天下での撮影続行は困難と考え、一旦戦線離脱。ひとまずの休憩と、マンガライレポートのネタ回収の後、2本とも夜間配給まで留置されているPasosoに再度足を運びました。前回は日中TanjungPriok留置となったため、ひそかに期待はしていたのですが、既に先週末からレバラン臨が設定されており、TanjungPriok駅構内は満線。逆に貨物列車の大半がこの期間中、設定取り消しになっているため、Pasosoでの2本留置が可能でした。また、今回配給経路が再度変更され、Pasoso~PasarSenen~TanahAbang~Manggarai~Depokに戻されました。PasarSenen~Jatinegara間の線路容量が、臨時列車運転のため切迫していることへの対策のようです。

DSC_0496
Pasosoで配給を待つ、6121Fと6124F

DSC_0509
オリジナル姿での編成写真が撮れただけいいか・・・

DSC_0520
2017年度分、40両目までがインドネシア入りです

そんなわけで、これで深夜配給になってしまえば、もはや撮れる箇所はほとんどなし・・・。今回は夜間の追いかけは見送りました。

の予定だったのですが、当初予定されていた18日夜間の配給が、レバラン臨のためにスジが引けず、1本目の出発が深夜0時を回り、Depok到着が初電間際の4時(ちなみに、Depok電車区からの出区列車が10分サイクルの時間帯は4番線のみ使用、この時間帯なら自ずと配給列車は3番に入る仕組み)。そのため、もう1本の配給は翌日に持ち越されることになりました。上の画像の連結状態からして2本目に水切り、組成された6121Fが先に配給されており、またまた6124Fながら(6121F撮りたかった・・・)、ものは試しにと3時半にDepok駅にタクシーを飛ばしてみました。と、なんとまあ着くや否や、駅員氏曰く、もう入ってくるよということで、さっそくスタンバイすることにします。タクシーぶっ飛ばしている間に、途中で追い抜かしてきたようですね;;ともあれ、早起きが無駄にならずよかったです。

CSC_0588
CC201罐に牽かれて到着。ブルドック顔で当たりでした。

CSC_0584
今回は罐を予定通りこちらで切り離し、推進運転で入区。
いやいや6124Fとはまたまた再開です;

DSC_0552
入れ替え後の罐との並び

DSC_0555
一瞬ですが、2017年度分第一陣の6119Fとも並び

後日、再加筆・修正いたします。