DSC_0092_R
屋根上に注目!!

昨年7月頃より車輪限度値割れの為、8連化されていた205系埼京線ハエ11編成ですが、2月上旬ようやく車輪交換を終え、10連に復帰しました。これにより、埼京編成はハエ25を除いて全て10連に復帰。10連の205系全体でも残るは横浜線H9編成(2月に入ってから全く見かけない為、そのまま運用に入らず入場の可能性も)のみとなりました。

これでカツカツだったSerpong線入線対応車も、少しはゆとりが出てきました。Bogor線でもときおり10連の205系を久しぶりに見かけるようにもなっています。逆にこうなってくると203系のSerpong線代走運用はほとんど見られなくなるのではないかと思われます。

DSC_0093_R
フィリピンに続いて2例目!!

さらに!!なんと10連復帰と同時にクハ205-99にINKA製冷房が搭載されています。もうこのブログの読者の皆さまなら重々承知かと思いますが、スカルノハッタ空港特急車に初採用され、2018年製ステンレス客車から本格採用されている42000kcalの集中冷房装置で、その後のKRDEやLRTも含め、INKA製車両のデフォルトとなっています。INKAとしては車両と共にこの冷房装置の売り込みを強化しており、昨年末には輸出向け気動車と共に、フィリピン国鉄にも引き渡されています。既にフィリピンの203系に実装されており、特急客車向けとしては完全オーバースペックでしたが、いよいよ本領発揮といったところでしょうか。明らかに国産通勤車向け(空港特急の3ドア版)としてAU75を元に開発されていたと見え、今後INKAのコア商品となるに違いありません。従来KAI、KCIは新車発注以外にINKAからの備品供与を受けることは滅多になく、リニューアル時の冷房装置もTermorail社製に換装するのが基本でしたから、今回の方針転換はINKA冷房の優秀な実力を認められたということでしょうか。既にKAIにはこの冷房を備える新型客車が200両以上いるわけですから、メンテナンスを考えたら、既に部品の枯渇しているAU75を騙し騙し使うよりも、更新してしまった方が手っ取り早いはず。ただ、こうなると、もやは追加譲渡があるようには見えませんが、分散冷房の東急8500は益々肩身が狭くなってしまいますね・・・。


INKAも冷房の宣伝に力を入れています

DSC_0100_R
車輪交換されたMM'268

しかし、まさか細帯のハエ11編成にわざわざ試験冷房を搭載するとは・・・。識別ポイントとしては絶好のチョイスです。ハエ4編成が入場を待たずして通常帯に戻されていますので、現状細帯はハエ11編成が唯一の存在ですから。しかし、前回の入場が2017年5月ですから、順番的には近く入場の可能性があります。細帯10連×INKA冷房の組み合わせは最後の姿になるかもしれませんので、撮影はお早めに。

なお、今回欠車していたのは毎度ながらMGのない中間ユニットMM'268ですが、同時にMM'269の車輪も交換されていました。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット