DSC_0081_R
従来に比べて格好良くなった検測車、Kereta Ukur

2月17日~21日にかけて、KAI保有の検測車Kereta Ukurによる恒例の線路検測が実施されています。検測区間は第一事業部管内の全線で、遠くはSukabumi、Merak、そして空港線、Tanjung Priok線にも入線しています。運輸省保有の検測車が年に1度も走っていない状況ですが、KAIのKereta Ukurは非常に働きものです。こんな図体で100㎞/hも出せるというのも驚きです。


DSC_0087_R
前後で違うデザイン

なお、Kereta Ukurは長らく青と水色のツートン塗装でしたが、昨年末に所属先のBandungにて塗装変更が実施されています。従来はいかにも保線機材といういで立ちでしたが、それに比べたらまだスマートになった感じです。保線機材には変わりはないのですが。保線機材が日中に走れるのは、保安装置が無いからこそです。

こんな短尺車では、いつもの撮影地ではこんな画にしかならず、環状線と中央線の4線区間で撮ろうと思い、あくまでも保険でこちらで撮っていたのですが、本番は見事に被りました!!

DSC_0093_R
ああ、行ってしまった・・・

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット