IMG20200131163303_R
ついに撤去されたBekasi駅5番線

昨年、Jatinegara~Cakung間の複々線化が完成してもなお、全く着工の気配の無かったBekasi駅ですが、ようやく駅前土地ヤクザとの決着がついたのが、1月下旬頃より工事が開始されています。それに伴い貨物側線として存在し、石炭貨物の廃止後は架線を張って夜間留置線として活用されていたBekasi駅5番線の撤去が始まっています。この夜間滞泊分はJakarta Kotaにでも振り分けているのでしょう。

IMG20200131163306_R
さらに2月中頃からは、南側の旧駅舎の使用も停止され、解体が始まっています
(空港線用のラウンジとかいったい何のために作ったんだって感じです)

IMG20200131163346_R
この渡り廊下の先に、新しい改札口が新設されています

本来ならば、昨年までにBekasiまで複々線化開業されるはずだったのに、今更着工なわけですが、駅前の土地利権で相当揉めたものと思われます。上の写真にある渡り廊下と仮設の新改札口自体はかれこれ2年前には建設されており、ずっと使われぬまま放置されてきたという経緯があります。

IMG20200131163443_R
ようやく立ち退いたアンコタ待機場
以前はここが石炭荷役のヤードでした

Bekasi駅の線増は、旧石炭貨物ヤードを流用(石炭の荷役機能はNamboに移設済)して行う予定だったものの、石炭ヤード時代から、アンコタ及びエルフの車庫兼待機場になっているという不思議な(ヤバイ)空間で、ちょっと近寄りがたい雰囲気を醸していましたが、石炭貨物廃止後もアンコタ・エルフの類が消えることなく、それよりも完全に占拠している感じで、インドネシアの駅では珍しく、駅前にアンコタターミナルがあるという状況でした。KAIは敷地内へのアンコタ乗り入れを認めておらず、通常ではあり得ない光景なわけですが、つまり、石炭ヤードはKAIの土地ではなかったということなのです。おそらくこの貨物ヤード、厳密には石炭会社の専用線扱いで、石炭会社が小遣い稼ぎに駅前ヤクザに土地を貸していた、ないしは既得権益に土地ヤクザが間借りしていたということなのでしょう。それが今回、ようやく決着がついたという格好です。

しかし、待機場がなくなったものですから、アンコタ、エルフはただでさえ狭いBekasi駅前の道路を占拠しており、より一層カオスな状態となっています。Bekasi駅前はKCI管内で一番ヤバいです。Tanah Abangの方がまだマシ。

というわけで、毎度の完成予想ジオラマを紹介します。2月下旬にBekasi駅仮設改札内に、突如出現しました。

DSC_0563_R
こちらは北口
こちら側は現状でも改札前には駐車場が広がっており、南側ほどのカオスさはありません
この位置関係からして南側への線増は無いものと思われます

DSC_0555_R
カオスな南口
幹線道路に直接面するのは変わらずで、完成後も酷いことになるでしょうね

DSC_0553_R
電車線、列車線共に2面4線を有する巨大な駅に
Cikarang側から望む

Cakungまで南側2線が電車線なわけですので、Bekasi駅も線増する南の2面4線が電車線となります。それにしても、列車線まで2面4線とかどう考えても必要ないだろう・・・だったら駅前広場でも整備しろよと思うのですが、すでにJICAの手も離れた独自設計ですので、何を言っても無駄でしょう。でも、これが完成すれば長距離列車はArgo Bromo Angrekのような一部を除いて、Bekasiに全列車停車になるでしょう。しかし、北側に列車線がありますので、いよいよBekasi電留線を廃止せねばならないのですが、その代替えとしてCikarang電留線もあわせて完成させなければなりません。Cikarangの方も、昨年12月頃から工事が再開(貸切列車の前面展望画像でご確認下さい)しており、今年中には本来の形になりそうな雰囲気です。

DSC_0559_R
Jatinegara側から望むとこんな感じ
電車ホームの方が短く見えますが、列車ホームは16両対応なので

IMG20200228154825_R
2月中旬頃から供用が開始された新しい仮設改札からホームを望む

IMG20200228155057_R
新しい改札口

IMG20200228155138_R
出口付近、奥が切符売り場

案の定、駅前は酷い状態になっており、写真を撮れる状況ではありませんでした。アンコタ同士でぶつけまくって、ガチャガチャやっているの初めて見ました(笑)

ちなみに141駐イ日本大使が2022年にジャワ北本線の電化・複々線化が完成するととあるセミナーで発言したようですね。おいおい、スラバヤまで電化複々線化するんですか、そうですか。是非ともやって頂きたい。それはさておき、ブカシ線の電化・複々線化はとっくに日本は手を引いており、インドネシア予算と中国資材で建設しているんですけどね。オッサン、何を言ってるんだか。ともあれ、2022年にブカシまでの複々線化は完成予定のようです。Manggaraiの重層化含め、あと2年、まあそんなところでしょう。

鉄道コム

コメント

コメント一覧

    • いずみ中央
    • 2020年03月23日 23:12
    • こんにちは、何時も拝見しております。

      最後の文、適当な事を言う日本大使ですね。
      2025年頃迄に単線非電化特急専用線路を作ると言う計画は日本とインドネシアで合意しています。ですが、電化計画なんて有ったんでしょうか。
    • パクアン急行
    • 2020年03月24日 14:01
    • >いずみ中央様
      まあ、役人なんてそんなもんですよ。実務をしているわけではないですから。こういう何もわかってない人が鉄道インフラをなんちゃらとか言っているから、税金を湯水に投げ捨てる結果になるんでしょう。ブカシまでの電化を北本線の電化をごっちゃにしているんでしょうね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット