DSC_0780_R
というわけで、6ドア組み込みネタ最終回

3月7日~8日にかけて一気に組成変更が進んだ武蔵野0番台車ですが、最後の1本M52編成が3月9日から、6ドアを組み込みの上、運用に復帰しています、どうもM52編成とは相性が悪く、これまた曇りカットばかりでしたが、やっとこさ16時の馬鹿晴れで回収出来ました・・・。

DSC_0787_R
反対側はKCIロゴ欠落済

床下の色を見ていただければわかる通り、M51とは異なり今回は純粋に中間MM’ユニットとサハの差し替えとなっています。今回組み込まれたのはナハ10+13編成のサハ204-30,サハ204-121で、0番台・100番台の混成コンビです。一応、組成は以下の通り。

M52編成の4M4T化:204-130, 204-273, 205-273, 204-121, 204-30, 204-355, 205-355, 205-130

これで6M2Tで残っていた武蔵野8連車は消滅しましたが、今後どのような形で12連化が実施されるのか、それとも実施されずに8連のまま運用を続けるのか。ジャカルタの編成表は永遠に完成させることが出来ません・・・・

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット