DSC_0347_R
メトロ5000系が運用に入らない今、大ベテランの域に達した東急8500系

ジャカルタで東急8000/8500系が走り出して早いもので15年が経過、先代にあたる都営6000、メトロ5000、東葉1000、それに103系亡き今、東急車が最古参の系列となっています(製造年で言えば、圧倒的にメトロ6000ですが)。最盛期には8連11本、計88両というジャカルタで最大勢力であった東急車も、年々数を減らし、12連4本(うち2本は暫定8連)が残るのみ。

もっとも、末期の冷房のヘタリ具合(唯一の分散冷房のためメンテが面倒)と電圧降下に弱い複巻電動機 が嫌われ、当初予定では2015年~2016年までに205系南武編成と置き換えられるかたちで全廃される予定でした。しかし、突如降って湧いた205系の12連化計画で、実質本数が減少したことで当面の置き換え計画はストップ。さらに東急車自体の12連化が可能と判断されたことから、KAI所属車であるものの例外的に延命が為される結果となり、状態の良い車両での組み替え、さらには【8612Fの脱線損傷事故の絡み】もあり、現在の12連4本の陣容に落ち着いた次第です(結局12連化が実施出来ず、あえなく離脱した5000/1000とは対照的です)。【今や、ピカピカの姿で疾走している8003F】など、2015年時点の廃車リストに入っていたわけで、奇跡の復活とも言えるでしょう。問題の冷房はオリジナル品の再整備及び一部韓国製冷房への換装で過去の汚名を返上しています。冷蔵庫のような寒さではないものの、205系程度にはほどよく冷えるようになっており、快適な車内環境が復活しています。

それでも、Ekspres ACとしてデビュー~Ekonomi ACの登場~全車Commuter Line化~Ekonomi全廃という激動の時代を渡り歩いてきた東急車はさすがにガタが来ているのも事実で、先日の記事でも紹介した通り、雨漏り問題が顕著になっています。これまで応急的に防水塗料を塗ったくることで、なんとか凌いできましたが、屋根材そのものが劣化している車両もあり、見るに堪えない状況でした。そんな中、現存4本のうち、8610Fが今年1月頃からしばらくの間、謎の休車期間となっていました。Bogor電車区で一部屋根上にブルーシートを被せられた状態で留置されているのが目撃されており、廃車なのではないか?と様々な憶測が飛び交いました。本来8610Fは12連化の対象外で、2019年内に廃車予定でしたが、事故廃車となった8612Fの代替えで生き延びることになりました。そのため、現状の8500系の中で、かなり状態が悪いのも事実であり、なんらかの緊急的な処置が実施されたものと思われます。特に営業復帰後、明らかに屋根上が綺麗になっており、前例の通り防水塗料を塗ったくったのだろうと容易に想像が付きました。

が、8003Fの出場と前後して、現地鉄がSNS上に8610Fの屋根材が剥がされているという謎の投稿をしており、まさか合成画像を作るとも思えず、仮に屋根材を剥がしたのならどのような処理をしているのか気になっていました。タイミングを長らく見計らっていたのですが、わざわざこれのために歩道橋で待つというのも・・・で、ズルズルと先延ばしになってしまったのですが、先日Jatinegara機関区を観察しに行くと、ちょうど環状線ホームに8610Fがスタンバイしており、チャンス到来です。

さっそく観察してみました。

DSC_0230_R
確かに屋根材が剥がされ、屋根鋼体が見えています

つまり、腐っていた屋根材を剥がして、屋根鋼体に直接防水塗料を塗ったということになるのですが、問題はこの塗料に絶縁性能があるのか、ということです。過去には屋根上の絶縁不良で落雷時に屋根に穴が開いたなんてこともわるわけで・・・。もっとも、腐った屋根材では絶縁もへったくれもないですので、何も変わらないと言えば変わらないのですが。

DSC_0228_R
パンタ回りとか、大丈夫なんですかね?

DSC_0219_R
なお、屋根材に再塗装しているだけの車両も

屋根材を剥がし、屋根上のビートが露わになっていたのは8両中4両で、その他の車両は屋根材の上に再塗装をして綺麗な屋根になっていました。おそらく、腐ってどうしようもない号車だけ、やむなく剥がしたということでしょう。

◆屋根材を剥がした車両は以下の太字の号車
86108710・8951・0817・0717・8927・88108510

このように見事に経年車の4両が剥がされています。初期の車両は布?製のような屋根だったかと思いますが、日本時代に交換されずにインドネシアに来ていたのでしょうか。まあ、その劣化ぶりは目で見て明がでしたので、仕方ないのかもしれません。

参考
DSC_0862
8518のボロボロの屋根材

なお、残る東急車3本についても、今年中に全検入場が予定されており、8604F、8618Fにどのような対策が施されるのかも注目です。

◆爆音電車は動画でも是非お楽しみください◆


ちなみに個人的には8604Fが一番美しい音色だと思います。電笛が残存しているのも8604Fですし♪8610Fは静かすぎますね・・・。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット