DSC_0246_R
広告ラッピング撤去が進むMRTJ

MRTジャカルタ開業から早くも1年が経過しています。順風満帆にも思えたMRTJ、わずか1年後にコロナ禍に直面し、このように閑古鳥が鳴いてしまうとは誰が予想したでしょうか・・・。KCIとは対照的に中間層以上のマイカー利用者の転移を目指しただけに、在宅ワークの拡大、さらにはウイルス感染を懸念したマイカーへの出戻りで、今後の経営に大きな影響を与えるのは必至です。

一方で阿鼻叫喚のカオス状態が続くKCIと異なり、ソーシャルディスタンスの徹底は実現しており、さらに大規模な社会制限(PSBB)の最盛期には事実上ほぼ運行を止める(終日30分毎、主要駅以外は非営業)ことに成功しています。

ちょうど開業から1年を迎える4月~5月の間にほぼ運行がストップしていましたので、周年イベントなどはことごとく見送られ残念な限りでしたが、実はコロナ禍の暗い話題の陰で、タイトルの通り現地ヲタを楽しませるささやかな話題を提供しているのです。

MRTJでは収益確保のため、KCI以上に広告ラッピング営業を強化しており、開業ブームに乗っかったのもあるでしょうが、5月の本開業時には16本中およそ半数にわたる早期引き渡し編成グループが全て広告ラッピング化。さらに5月以降に住友商事から引き渡された後期組にも順次ラッピングが為され、6月には全16本が広告ラッピング化されるというマニア泣かせの状態になっていました。MRTJ開業を受けて、日本から乗りに来たマニアたちも、オリジナル色が1本もないことに衝撃を覚えたのではと思います。

WhatsApp Image 2020-07-05 at 09.47.56
ドア、座席裾仕切りなどにもラッピングが貼られていましたが、
綺麗に剥がされています



なぜラッピング痕を残さず撤去出来たのか?
その秘密はこちら

しかし、それからちょうど1年を迎え契約更新の時期、折しもPSBB期間と重なってしまい順次撤去が進んでいます。各企業ともコロナ禍の影響をモロに受けており、まして動かない電車に広告を出しても意味が無いと判断されてしまったのでしょう。確認した限りでは契約更新が為されたのはMRTJラッピング第一号となった前面にまで広告カラーが回り込んでいるレ・ミネラルの1本のみで、他の編成は全てMRTJ帯が復活しています。そもそもラッピング解除後に接着素材の問題から、オリジナル帯に戻ることはないと言われていたくらいですから、マニアのみならず、関係者の皆さまも驚いているのではないでしょうか。

DSC_0253_R
MRTJも日々の記録が重要なわけです

また、同時に5月下旬、車体先頭部へのJak Lingkoロゴの設置が全編成に進められました。Jak Lingkoとは、ジャカルタ州内の電車・バスをカード1枚でスルーに利用できることをアピールすることを目指して付けられた愛称であり、トランスジャカルタ、ICカード対応のアンコタ、LRTジャカルタにもこの愛称が与えられており、一部の車両にはロゴが掲出されています。なお、6月8日のPSBB規制緩和以降、MRTJは全駅での営業再開、さらに平日ダイヤはほぼ平常通りに戻っています(終電繰り上げを実施20時台で運転終了)。土日は6時~19時までの終日20分毎という減量ダイヤですが、経済活動が戻ってくれば広告出稿も増えるでしょうし、Jak Lingo×オリジナル帯は今だけの限定になるかもしれません。



先日のタナアバンの式典でもJak Lingkoロゴが掲出されていましたが、駅前ロータリーや乗り換え円滑化の取り組みも、このJak Lingkoプロジェクトの一環です。当然、Jak Lingkoや銀行発行の各電子マネーを利用すれば、既にKCIを含む電車、バスが共通利用できるわけですが、タナアバンで正式に協力覚書が調印されましたので、KCIのKMTとMRTJのKMTでの相互利用化も進むことになるでしょう。そして、気になるのは現在進んでいるKCIロゴ撤去との関連性で、根本原因はロゴの劣化と自然欠落なのですが、今後新たにロゴを設置することになれば、KCIロゴが再設置されるのか、それともJak Lingo入りになるのか、はたまたMITJ色なるものが登場するのか、非常に楽しみなところです。

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット