DSC_0075
画像はイメージです

先日お伝えした通り、コロナ禍における大規模社会制限の大幅緩和を受け、KCIは10月19日に終電の大幅繰り下げを実施(平常ダイヤと同一)するダイヤ修正を実施しています。運転時間帯が拡大する一方、一部日中の特発、及び一部定期列車を削減し、極力走行距離を抑えようとする動きが見えましたが、やはり、タンゲラン線の1時間毎化はやりすぎだったようで、修正が入っています。



10月20日からの時刻表は以下のリンクからダウンロード下さい。


こちらで書いたことがほぼ反映されているという感じで、タンゲラン線、スルポン線の日中大穴になっていた箇所が再度設定される一方で、やはりというか何というか、タンジュンプリオク線が毎時3本中1本が日中設定取り消しとなっています。その為、運転間隔が20分、40分毎といびつになってしまっています。元の30分毎のダイヤに戻せば良いのに・・・。ボゴール線とブカシ線はぱっと見、変更が無いように見えます。1175列車のデポック~ジャカルタコタの運休もそのままですが、念のため、アプリの駅時刻表で調べると運行になっているので、誤植のようですね・・・。

このご時世、こんなものをアップしても需要があるのかどうか知りませんが、忘備録として残しておきます。コロナなんてなければ、今頃ジャカルタは日本人鉄ヲタだらけになっていたのでしょうが、こればかりはどうしようもないですね・・・。

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします
鉄道コム
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット