DSC_0246_R
先週末のゲート前

H15,17が全検を終了し、ゲート前に姿を現しました(手前)。今週中にも出場試運転を実施し、営業に復帰するでしょう。さらに、Depok電車区に全検入場していたハエ26もDepokを出場し、こちらに回送されてきています(奥)。おや?ハエ26のHMステーが何故か黄色になっていますね。なお、Depokでは早速ハエ14が7月度分として、全検入場したようです。今回、この位置からでは車輪削正のための臨時入場車は見当たりませんが、相変わらず車輪のフラットには神経をとがらせ過ぎているようで、先週にはマト52も暫定的に8連化(ただし週末には既に12連復帰)、さらにH13も暫定8連になっています(今週に入り、H18も8連化を確認)。ちょっと最近やりすぎですよね、これは。やらないに越したことはないのですけど、限度というのがこの国の人たちにはわからないのでしょうか。
・6121F,6124Fデビュー

DSC_0922_R
LED表示はまだ未設置の6121F

既に別記事でお知らせしている通り、7月10日より2017年譲渡分第二陣の6121F、6124Fが運用を開始しています。まあ、それだけなのですが、既報のとおり6124Fの行き先表示器が稼動しているのですが、驚くべきことに、その後さらに車内のドア上表示器の稼動も確認されています。このいきなりのLED使用開始には現地ファンにも衝撃が走っています。とりあえず、まずは6121Fから。

DSC_0925_R
撮影地を変えてみたのですが、いきなりやってきてちょっと失敗・・・
メトロ6000は引きで撮ると、なんか格好悪い・・・

そして、この後続いてきた6124F。メトロのLEDは205以上に切れるという印象ですので、さあ果たして上手く行くか、一発勝負でしたが、なんとか写りました。↓↓

DSC_0975_R
JakartaKotaは省略されて、JKT KOTAになっています

DSC_0981_R
夕方まで影が出なさそうだったので、ここにしてみましたが・・・
次回来るかは微妙;;

さて、問題の車内LEDなのですが、乗ってみないことにはなんとも言えず・・・。明らかにデビュー時、車内LEDは点灯しておらず、おそらく表示し出したのは、目撃情報がちらほら出始めた週後半あたりから。私も、そんなのを知らずに出社してしまい、なんだかネット上が騒がしいと見てみると、「まもなくデポック」とかいうのがインドネシア語で表示されているではないですか!!これは見てみなくてはと、怪社帰りに目撃情に則り、時間に合わせ駅で待っていると、本当に点灯しているではないですか!!ちょっと感動モノです;;あいにくケイタイ画像でしかないのですが、参考までに掲載しておきます。また後日、カメラで収めておきます。

DSC_0349
側面表示。まあこれは205でも始まってますし、それほど驚く必要もないと思いますが・・・

とにかく気になるのが車内のドア上ディスプレイなのです。6124F等の大窓改造車の場合、行き先表示、自動放送・ドア上表示の操作は一括だそうで、前面・側面の行き先表示を出したなら、車内表示も復活というのは、確かに納得のゆく話なのですが、いざ観察してみると、車内の表示はKCJが現地化改造時に搭載しているGPSに全て則っているのです。つまり、自動放送の切り替わるタイミングと車内表示が連動しているのです。国内ではGPSなど信頼できないものは使わずに、列車位置は車輪回転数で検知しているわけで、ということは今回の改造は単にROMを書き換えただけでは済まされず、全面的にシステムを現地でいじっている可能性が高いと言えそうです。しかも、車内のLED、見てみるとこれメトロのオリジナル3色LEDではないのです。どうやら車内側の中身は現地製のものに交換されているようです。

Lenovo_A1000_IMG_20170715_183709
「Hati hati pintu akan di tutup」
アナウンサーによるマニュアル操作に連動しているようですが、まれに表示されない。
(ドアが閉まりますご注意下さい)

KC4A0041
「対応する放送なし」
ここからがGPSによる自動表示ですが、どうも認識が甘いのか、これも表示されないことあり。
(※※※に向けて走行中です)←日本語訳が難しい;;

KC4A0060
「ピンポーンSesaat lagi kereta akan tiba di stasiun ※※※」
自動放送と同時にこれはほぼ確実に表示されます
(まもなく※※※)

KC4A0040
「ピンポーンStasiun※※※」
これも自動放送と同時に確実に表示されます
(※※※です)

KC4A0038
「Hati hati pintu akan di buka」
アナウンサーによるマニュアル放送。流さなければ表示もない。
(ドアが開きます。ご注意下さい。)

以上が、駅間のデフォルト表示。ただ、次の表示に移行するタイミングを失うと、前の表示が表示され続けるのはご愛嬌・・・。

その他
Lenovo_A1000_IMG_20170715_183722 (1)
伝送に失敗するとCommuter Lineで固定になります

KC4A0058
始発駅でのみ表示??
(※※※行き)
アナウンサーのマニュアル操作で行き先放送がありますが、あれとは別なのかな?
Lenovo_A1000_IMG_20170715_195123
ちなみに現地LEDを拡大するとこんな感じ
緑の文字は写真で撮ると、こんな色に見えますが、実際はもっと濃いです


またこうなると、どのように指令を行っているのか気になってくるわけで、運転台を見学させてもらいました。すると、オリジナルの指令器は使っておらず、操作はこちらの機械から↓↓

KC4A0053
GPS速度計が進化しました。ダイヤデータ等の通信機能も当然付いているのでしょう。

KC4A0057
運転台側の速度計も今のところ生きた状態です

始めはGPS速度計が、フルカラー液晶になったものとだけ思っていたところ、タッチパネルで画面が切り替わり、乗務員コード、列番を入力すると、自動で全て切り替わるという・・・(行き先表示の操作はアナウンサーではなく、運転士がやるのですね)。これ、現地製にしてはなかなかやるな・・・。日本で言う運転支援装置とかいうやつに何だか近いです。後はGPSが全部自動でやってくれるから~と運転士談。確かに終点に着いたときも、到着時には自動でCommuterLine表示になっていましたね。一体、ここまでの仕組みを誰が構築したのか。しかも6124Fの現地入り、そして改造後すぐに稼動しているというのは事前に他編成で機器構成調べて、今回本格設置されたという可能性が高いと思います。社内関係者にこの件について問い合わせているのですが、曰く、今回日本メーカーは絡まず全部自分たちでやった。各表示器への指令は指令器からの無線(Wifi)で転送しているとのことで、それ以上のことはすっかり口を閉ざされているのですが、果たして本当でしょうか?前面・側面表示器はオリジナルのままですから、やはりROM交換は必要かと思いますし、そもそも各表示器に受信機付けるとか無理な気がしますけど・・・。それでも段階的に表示される箇所が増えていったという部分には納得できてしまうのですよね。この件については、もう少し調べてみる必要性がありそうです。でも、このシステムが多編成にも波及したら、それは画期的なことですね。

・5817F10連化
DSC_0312_R
初心に立ち返りSudirmanストレートで10連5817Fを賞味

DSC_0314_R
5000系10連フル編成!!こんなの見るのいつ以来だろう;;
(当方、地下鉄博物館にでも行かない限り、東西線にはご縁がありませんでした・・・)

DSC_0319_R
今回増結された1092,1093

前回、皆様よりコメントを頂いた通り、当地に渡った5000系と1000形の間には機器的な大きな相違はなく、編成に組み込むのに大きな問題はないのでしょう。その後も、順調に連日運用に入っています。

念のため、新組成を再掲。
◆5817Fの10連化:5817,5246,5632,5359,5127,5927,1092,1093,5251,5017

とはいえ、1090Fも5817Fも検査期限が切れており、あくまでも次期10連ものが投入されるまでの、繋ぎでありますので、撮影はお早めに。もってあと1年でしょうか。

・H13編成8連化
DSC_0196_R
今回も4M4Tの8連でした

冒頭で書いたとおり、新たにH13も8連化されています。本来、7,6号車となるMM'209が欠車しています。車輪交換なのか、車輪削正なのかは不明です。とりあえず、組成は以下の通り。
◆H13の8連化:204-73,204-113,204-206,205-206,205-133,204-205,205-205,205-73

DSC_0204_R
MM'205に新たなラッピング

また、モハ205-205,モハ204-204に広告ラッピングがなされています。携帯通信のSIM広告ですが、KCJロゴも見えます。Info KRLも、電波弱いと動きませんからね。また、現在KCJが各駅(一部除く)でGrabCarを呼び出せるように整備しており、それとも絡みがあるのか、Grabのロゴも見えますね。

なお、ナハ10,13も引き続き8連のままで、時間がかかっています。こちらは車輪交換なのかもしれません。
DSC_0965_R
今週はサボなし・・・

・ナハ3,36撮り直し
DSC_0075_R
前面・側面ともに幕を設置したナハ3,36

前回、駅撮りで済ませてしまったナハ3,36の撮り直しです。それだけ、なんですが・・・。

DSC_0084_R
側面もしっかり稼働中

DSC_0086_R
え?早くも白幕に・・・。貴重な南武帯側なのに・・・。

DSC_0082_R
モハ204-58

なお、モハ204-58が毎度のペンキ屋のラッピングになっています。毎年、レバラン前後になると、これ出ますよね。

幕装備といえば、ついでにナハ39,34なのですが・・・。

DSC_0136_R
あ~あ、ナハ39の幕、破れてんじゃん・・・。

DSC_0143_R
ナハ34側は当然白幕のまま

いくらなんでも、幕はKCJにレベルが高すぎますよ・・・。とりあえず、JREさん幕の整備方法をもう一度教え込んで下さい・・・。

・上記以外の広告車の動き

DSC_0847_R
ナハ7,8

DSC_0856_R
モハ205-354

先週撮りそびれた分です、はい。スマホの広告です。

DSC_0019_R
被られたので後追い、ナハ2,4

DSC_0016_R
モハ204-21

さっきと同じペンキ屋です。

・その他、ネタ編成

DSC_0993_R
8連で残る5809Fはこの後どうなる?

DSC_0222_R
週末の時点で12連に戻っていたマト52

DSC_0045_R
なんだか、最近ネタに上がらないので、05系でも貼って終了。
05-104F

DSC_0055_R
05-108F

DSC_0295_R
05-109F