DSC_0062_R
化粧直しされず12連復帰

12月下旬頃より車輪限度値割れの為、暫定10連化されていた205系武蔵野線M12編成が車輪交換を終え、12連に復帰しました。これまでの流れで行けば、12連復帰時に前面再塗装もあるか?と思われていましたが、そのままどす黒い赤を維持することになりました。本当に基準がさっぱりわかりません。それとも新塗装への以降で、赤の塗料はもう発注しない、いや在庫処分の為に化粧直しが相次いでいたのでしょうか。




DSC_0069_R
交換された車輪

今回車輪交換が実施されたのはサハ205-113,サハ205-99の2両で、上の画像の通り、車輪交換後はこれら2両が隣同士で組成されています。というわけで、12連復帰後の組成は以下の通りです。

◆M12編成の12連復帰:204-43, 204-5032, 205-5032, 205-113, 205-99, 204-5024, 205-5024, 205-114, 205-100, 204-5020, 205-5020, 205-43


仕様変更前のM36編成はこちらからご確認下さい

DSC_0406_R
ロゴ付き仕様変更車はやはり貴重な存在

特にそれ以外にネタもありませんので、前回同様、M36編成も同時にアップします。というのも、M12編成の化粧直しが見送られた一方で、M36編成には例の仕様変更が施されているのです。おそらく205系5000番台で仕様変更が入ったのは以前アップしたM34+M29編成とこのM36編成の模様です(1月下旬現在)。これも残りわずかな赤塗料の在庫処分ということなのでしょうか。引き続き10連車に全く波及していないところを見ると、ブキットドゥリの塗料が余り気味なのかもしれません。

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット