DSC_0261_R
引き続き8連のままの8604F
方向幕部分に注目

8618Fが全検(P48)出場したことで、昨年から始まった現存する東急8000/8500系に対する保全は一通り完了。全編成がピカピカに磨き上げられただけではなく、マニア的には4車4様の異なるデザインになったという点でも注目度が高いでしょう。そんな中、冒頭の8604Fに小変化が。2012年~2013年頃の全検入場時、前面行き先LED部分に再度蛍光灯が設置され、KAIロゴを掲げるように(幕車の8607Fと8610Fを除く)なっていましたが、それもKCIカラー化に合わせ2017年頃までに“白幕”状態に戻されていました。



そんな中にあって、8604FのみはKAIロゴが残存したまま、KCJからKCIへの移行も乗り切り、前面に2社のロゴが掲出されたままという珍現象が発生していました。しかし、KAIロゴ本体の新ロゴへの切り替えには耐えきれなかったようで、3月上旬、ひっそりとKAIの旧ロゴが撤去されました。駅の看板はもちろん、ちょっとした場所に掲出されているロゴですら、新ロゴの発表1週間以内には全て更新というのが常でして、普段は見落としだらけのいい加減なインドネシア人が、何故かロゴ更新になると(KAIに限らず)、物凄い勢いで旧ロゴがステッカーで封じられてゆきます。旧ロゴ=前任の権力者の象徴という部分も大いにありますので、ロゴ更新が過去の一切のゴニョゴニョとの決別という意味を持つために、早急に取り替える必要があるのではと思います。そんな中、所有こそKAIにあるものの、完全にKCIに貸し出し状態の8604Fは忘れ去られた存在で、帯部分に新ロゴが掲出された後も、貫通扉上には旧ロゴも引き続き残置と言う、面白い状態になっていました。

DSC_0479_R
KAIの新旧ロゴが共存していた頃

しかし、流石に幹部の目に留まってしまったのか、この度粛清となりました。なお、この蛍光灯むき出し部分には、現地製行き先LED表示器の設置計画もあるようです。ちなみに、ご承知の方がほとんどと思いますが、種別・運番表示部のLEDも撤去されており、電気を点灯するとPT.KAIの文字が浮かび上がるようになっています。KCIカラー化後はほとんど点灯していつ姿を見てませんが、KCIのブランド愛称がKAI Commuterとなったことから、こちらの文字盤は命拾いした格好です。今後再点灯もあるか?

さて、8610Fが12連復帰したことで、次は8604F!!と12連復帰を待ち望んでいる人も多いと思いますが、最近音沙汰がなくなってしまいました。どうやら、8007(元8039)号のMGが故障しているようで、全検用に日本から届いたパーツ類で対処しきれていない模様です。8039号の機器構成は特殊ですからね・・・。

せっかくですので、この機会にその他の3本の状況もおさらいしておきましょう。

DSC_0214_R
こちらも暫定8連が続く8003F

昨年3月分の全検(P48)出場をしている8003Fですが、このときに雨漏り対策工事は実施されず、昨年末に再度臨時入場し、屋根上コーティングを実施しています。このときに、欠車していた4両も同時に復帰するのかと思いきや、こちらは後回しになっているようで、これまた12連復帰の音沙汰がありません。ちょっと心配ですね。

DSC_0048_R
めでたく12連に戻った8610F

昨年8月に全検(P48)出場している8610F。しかし、このときにはコロナ他の影響で部品一式が日本から到着しておらず、水没4両の回収は見送られ8連で運用復帰していました。その後、ようやく予備部品が到着し、今年1月に12連に戻っています。しかし、悪天候続きで、全くちゃんと晴れた画像が回収出来ていません・・・。ようやく天候が回復してきたと思いきや、どうも不調のようで3月中頃から運用に入っておらず・・・(その前も入っていても朝夕運用ばっかり・・・)。※3月26日からとりあえず運用復帰しました。

DSC_0184_R
そしてお待ちかね、8618F

出場試運転、運用復帰と直近でも紹介したばかりの8618Fですが、これまた撮ろうとすると、曇ったり、被ったりと・・・散々な結果・・・。ならばと、乗り鉄を楽しんできましたので、先日紹介出来なかった車内の様子を紹介します。

DSC_0597_R
三角形の2020系タイプつり革へ全車更新

予備部品到着後に12両丸々が入場した初の編成と言うことで、かなり手を加えられているものと察しますが、目に見えるところでは8610Fの増結4両に採用された2020系タイプの新品のつり革が目を引きます。今回、12両全てが交換されていました。一方で、座席モケットは前回入場時に更新したままで変化ありません。まあ、物持ちがよさそうな生地で、まだまだ使えそうですので、節約できるところは節約ということなのでしょう。

★今週の動画です★

爆音電車の活躍は動画でもお楽しみください

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします

鉄道コム

コメント

コメント一覧

    • 野津田車庫
    • 2021年03月27日 23:05
    • 5
      こんばんは。

      すっかり少数派になった東急車が全編成とも整備されたのは朗報ですね。
      本家の8500系は続々と帰らない旅に出てしまっていますが、廃車のタイミングが合わず譲渡が終わってしまったことが実に悔やまれます。
      今後はJRからもE217系の廃車が進行するのと、遠くない将来205系500・600番台の置き換えが具体化すると思われますが、難しいと分かっていても情勢の変化で渡らないものかな、とアレコレ夢想してしまいますね。
    • パクアン急行
    • 2021年03月28日 22:34
    • >野津田車庫様
      メトロチョッパ車のトラブルは予見できたにも関わらず、せっかくの出物の東急を逃したのは痛いですね。2階建てのE217などと浮かれている場合ではなかったのです。結局、残存12連4本が延命されたのも、現場からの信頼あってのことですから。

      根本的な車両不足は続いていますので、何かの拍子でのどんでん返しを期待したいですが、今の大統領がいる限り無理な気がします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット