DSC_0384_R
変態スカートは反対側(クハ205-58)です

昨年11月上旬より車輪限度値割れの為、4M6Tによる暫定10連化、さらに1月上旬から暫定8連化が為されていた武蔵野線205系M18編成ですが、3月下旬に一部車両の車輪交換が完了し、まずは6M4Tによる暫定10化が達成されています。今回、車輪交換が実施されたのはMM'5036。ただ、これは一時的な組成のようで、4月3日には4M6T化されマンガライからデポックへ回送されている姿が目撃されており、昨年から続くパズルのように続く暫定組成はまだ終わったわけではありません。





ここまでの複雑な動きはこちらからご確認下さい


DSC_0387_R
まさか1週間で組成が変わってしまうとは・・・

3月下旬に1週間ほど見られた暫定組成は以下の通り。
◆M18編成の暫定10連化(6M4T)
・204-58, 204-5059, 205-5059, 205-115, 204-5036, 205-5036, 205-105, 204-5035, 205-58 

DSC_0392_R
車輪が交換されたMM'5036

なお、4月3日に新たに4M6Tかされた組成は、目撃情報によると以下の通りです。

◆M18編成の暫定10連化(4M6TⅡ)
・204-58, 205-106, 204,5059, 205-5059, 205-116, 205-115, 204-5036, 205-5036, 205-105, 205-58

今回復帰したサハ2両(106,116)は車輪交換を実施している模様です。そして、MM'5035が新たに欠車しました。こちらも車輪交換が実施されるものと思われます。この復帰で、ようやく元の12連に戻ることになるでしょうか。

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします

鉄道コム


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット