DSC_0168_R
今まで気づきませんでした

8連車の前面投石防護網撤去が続いています。6000系の網撤去には、網ありの姿に慣れ過ぎていることから、何だか違和感を禁じ得ないわけですが、一方、割としっくりくるのがこの7000系7123Fです。網が付いている頃には、全く気にも留めていませんでしたが、KCIは7000系に対して窓の縁取りを黒く塗っていたのですね。ワイパー部分が黒色になることで、ぐっと印象が異なります。7122Fも同様の処理になっているか確認してみましょう。




DSC_0173_R
下側の留め具は残ったまま

是非、6000系も新塗装化までにはまだまだ時間があるのですから、旧塗装の“仕様変更”でこのスタイルにしてもらいたいものですね。顔が引き締まると思います。逆に新塗装の場合、どんな感じになるのでしょう。未だに新塗装・網無しスタイルの6000系を見ていないだけに気になります。ウチにあるマイクロの7000系も黒く色差ししないとなりません(笑)


同時点で撮った6000系はこちらから

で、気になる7122Fですが・・・

DSC_0032
色差しはありませんでした・・・

つまり、7123Fは前回の入場時にひっそりと黒塗装されていたんでしょうね。

☆今週の動画です☆

金網撤去×新塗装の美しい姿を映像でもお楽しみください。

◆いつもご覧いただきましてありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット