DSC_0792_R
恒例となりつつある、KAIの季節ラッピング
公式からはベージュだったはずですが?何故緑に?

4月13日から今年も始まった断食月ラマダン。私が初めてインドネシアに来た頃、ラマダンはまだ9月上旬とかそこらでしたから、年月の経過を感じさせますね。そして、およそ1か月後には断食明け、レバランを迎え、民族大移動が始まり、KAIでは臨時列車を大増発して対応にあたるわけですが、なんと問題児ブディカルヤは今年のレバラン帰省解禁を前言撤回。ことさらKAIについては、5月以降の運転計画が立てられない状況です(主に医療従事者など不要不急利用者向けのKLB号以外再び1本も動かない可能性が出てきました)。




そんな中ではありますが、KAIディディック社長肝いりの季節のラッピング罐が13日より運転を開始しています。クリスマスだけやって、ラマダン/ラマダンをやらないというのでは流石に鉄ヲタからも大ブーイングになるでしょうから・・・。しかし、鉄ヲタにSNSで画像を拡散してもらって、KAIの宣伝に一役買ってもらおうという社長の戦略は思い通りに進んでいるようで何よりです。


毎度公式より早いお漏らし上は社長さんから
このときの色はベージュでした

さて、インドネシアにおけるラマダン/レバランの風物詩、クトゥパットをイメージした今回のデザインですが、2日後の15日にはこれとは別に冒頭の緑色のデザインが追加で登場しています。当初からベージュと緑、両方が予定されていた可能性がありますが、どうもヲタ界隈の話によると、ベージュがパッとしない理由から、順次緑に変更されるのではないかという話(日本的にはあり得ない話ですが、インドネシアではよくある話で、とにかく装飾には金を惜しまない人種ですので)も。確かにクトゥパット自体は乾燥させたヤシの葉ですからベージュなのですが、地の色を同じにしては同化して見えにくいですよね。加えてイスラム教最大の祭りごとに、ヤシの葉の色とは如何に!?とイスラムの象徴色≒ラマダン色でもある緑に変更されたというのは大いに考えられる話です。毎年発売されてきたKCIの限定KMT(コメット)もだいたい緑か黄緑が地の色でしたし。一部のヲタが主張するように、写真映えしないから変えてくれというヲタのクレームが受理されたということでは流石にないでしょう。よく見ると、色を変えただけではなく、左右に描かれていたクトゥパットが片側のみとなり、もう片方が中東風の飾り物になっていることからも、よりイスラム色を前面に出したデザインに変更されていることがわかります。まあ、理由はどうであれ、ベージュが消える可能性があるならば、過渡期の今に撮るしかありません。なお、今回、ラマダン/レバランラッピングは以下の11両が対象。

CC2061330 YK
CC2061362 YK
CC2061363 YK
CC2061381 BD
CC2061388 CPN
CC2061394 BD
CC2061395 BD
CC2061398 BD
CC2061502 CPN
CC2061505 CPN
CC2061506 BD

公式リリースによると、前回同様にArgo Wilis,Argo Bromo Anggrek,Argo Lawu,Argo Parahyangan,Bimaを中心に運転しますとのことですが、今回、上がって来る画像を見てみると、貨物や工臨に入っていることもあり、かなりアバウトな運用になっている模様。しかも2色コンプリートしないといけないわけで、難易度高めです。レバラン期間の大増発があれば良いのですが、それもなく、そもそもベージュはいつ消えるかわからないという・・・。


クリスマスラッピングは好評のうちに終わったようですが、
本命はラマダンとばかり難易度高め・・・

ならば、少しでも運転本数の多い日に撮らなければなりません。引き続きのコロナ運休の嵐ですが、ブディカルヤのレバラン帰省禁止宣言を受けて、早期帰省が活発化しており(好きな時に自由に休めるのがインドネシアですので、レバラン禁止宣言など何の意味もありませんw)、日によって列車が満席近くなっていることもあり、定期列車の一部運転再開と臨時列車が設定される日が増えています。オンライン予約画面を見ていると、何故か4月19日(月)の午前中の運転本数が多かったのでチャレンジしました。この日の運転状況は以下の通りで、これだけ見るとだいぶ増えてきたなという印象ですが、火曜日以降は本数が減っています。詳しくはKAIオンライン予約画面からご確認下さい。

午前ガンビル発 特急
6:50 Argo Parahyangan
8:00 Argo Bromo Anggrek
8:30 Argo Dwipangga
9:10 Taksaka 指定日運転
9:50 臨時GMR-SLO 指定日運転
10:10 Argo Parahyangan 指定日運転

午前スネン発 急行
6:30 Bengawan
8:50 Dharmawangsa 指定日運転
9:20 Tegal Ekspres
9:30 Serayu

2月のダイヤ改正以降、7:50発の元バンジャル延長スジのバンドン止の特急Argo Parahyanganがコロナ運休対象(ダイヤ改正以降は7:35発)となり、朝のParahyanganは6:50に変更。撮れなくもないスジなのですが、家を5時に出なければならず、仮にこれにラッピングが入っていなかった時の喪失感が大きく、撮影地での待ち時間が長すぎるので、10:10のスジが月曜日だけ設定されているのは大きいです(土日ですら運転されていません)。それでも旧ダイヤならば、特急Argo Parahyanganと特急Argo Bromo Anggrekと対象列車を立て続けに撮影出来たのと比べるとかなり効率が悪いです・・・。特急Taksakaはもう最近はほぼ毎日運転までに運転日が増えていて良い傾向ですが、もう一つ、この日のネタは9:50の無名臨時特急。これもこの日以外での設定が今のところ確認出来ず、よほどソロ方面の発売状況が好調だったのでしょうか。仮に10:10がラッピング無しでも、この謎の臨時列車を撮れれば、まあ満足としましょう。ちなみに、今週末からは7:00の特急Argo Muriaが運転を再開するようです。スネン発では、最近、急行Dharmawangsaがほぼ毎日運転に回復しており、冬光線で未撮影でしたので、こちらも今回のノルマとします。これだけネタがあれば、最悪ラッピングが来なくても・・・ですね。

では、早速8:00の特急Argo Bromo Angrekからスタート。そういえば、ダイヤ改正で特急Argo Dwipanggaと発車順序が入れ替わり、8時丁度発になったんですね。

DSC_0794_R
幸先よく一発目からラッピング
ただし緑色・・・

そんなわけで、予定通り特急Argo Bromo Anggrekはラッピング罐、CC206 13 62 YKが充当。ひとまずのノルマ達成ですが、問題はベージュ罐です。が、なんと、オールエグゼクティブの特急Argo Parahyanganがベージュ罐で上って行ったではないですか!!実はこの時間、立て続けにParahyanganが上っており、駅から撮影地に歩いている間にもエコノミ、エグゼクティブ併結のParahyanganも緑罐で上って行って行きました。ダブル緑か・・・と落胆していましたが、確か10:10はオールエグゼクティブ(Argo Wilisの昼寝運用でしょうね)だったよなぁと思い出し、やる気アップ。Parahyanganの罐は着発で折り返すのが基本ですからね。先の緑罐はコロナ臨時ダイヤでJAKKに回送で引き上げ、夕方まで出て来ないはず。あとは、このまま曇ることなく、被るも無いことを祈って、あと2時間半待ちましょう。

DSC_0819_R
特に・・・ですが8:30の特急Argo Dwipangga
75周年記念ロゴの記録として残しておきましょう

DSC_0851_R
今や貴重な2000年代初頭の懐かしK1・K2併結特急の雰囲気を残す
ネタ列車、急行Dharmawangsa

続いて、第一事業部で一番のネタとも言える急行Dharmawangsaが、本日はCC201牽引で通過!!この組成に喜ぶオジサン世代は多いはず!!

DSC_0876_R
特急Taksaka
こちらもステンレスになって久しいですね

DSC_0890_R
オールエコノミー急行、Tegal Ekspres

DSC_0904_R
みんな大好き、短い組成の山線急行Serayu
レア罐ブルドックなCC204が牽引

DSC_0947_R
そして、無名の臨時特急ソロバラパン行き
堂々の元Argoの大窓がズラリと!!

DSC_0956_R
サボ
「臨時列車」

今年もレバラン臨が走る気配もない中(いくら早期帰省といっても、定期列車運転率100%程度に増発する程度で終わりでしょうね・・・)、おそらく本日一番のハイライト、無名特急ソロ行きはステンレスではなく、オール元Argoの鋼製車で組成されていました。昔のDwipangga編成そのままですね。それでも、臨時Dwipanggaを名乗れないのは、もはやステンレスではないとArgoを名乗れないとか、もうそんな時代なんでしょうね。2年前のレバラン臨ではこの組成(もちろん旧塗装ですが)で臨時Argo Dwipanggaで設定されていたと思いますが。

この日は罐のバラエティも富んでおり、だいぶ満足感が高いですが、いよいよお次が大本命。ベージュ罐のParahyanganです。とにかく被りさえなければ・・・。

DSC_0976_R
待ってました!!10:10発の特急Argo Parahyangan

時間も時間ですので、だいぶ大気も濁ってきましたが、雲の乱入もなくベージュ罐を確保!!CC206 13 98 BD。2時間張った甲斐がありました。しかし、曇ってもいないのに先頭部が暗く見えるのは、このデザインの仕様なんでしょうね。そりゃ鉄ヲタが文句をいうわけですな(笑)ただ、これはこれで良いデザインだと思いますし、せっかく2パターン作ったのなら、こちらもそのまま残してもらいたいものですね。公式からの画像もこのところ緑しか使っていないのを見ると、緑に統一されそうな気がしますが。チピナン機関区を車窓から眺めたところ、他に2両のベージュ罐も寝ていましたので、余剰車を使って是非、並び撮影会を期待したいところですね。社長さん、お願いします!!

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします
鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット