WhatsApp Image 2021-05-06 at 14.06.40
オンライン業務の順次終了で、中間駅でも入場制限が拡大していますが、
終電繰り上げなんてして大丈夫?

本日5月6日からのお盆期間中、KAI長距離列車(特急・急行)の大規模な運休を伴う運行計画については、昨日の投稿でもお知らせした通り、なんとか直前までに公式リリースが為されました。一方、ジャカルタ首都圏及びジョグジャ地区のKCIの運行計画は何らお知らせのないまま。果たして今年のお盆、レバランはKCIは通常運行なのか否か注目されていたところですが、昨夜19時過ぎ、ようやく公式より5月6日からの終電20時台へ大幅繰り上げ、及びスルポン/バンテン線末端部(ティガラクサ~ランカスビトゥン~ムラク)の全列車運休が案内されました。





こちらも合わせてご参照下さい

とにかくタナアバンでの乗降禁止と言い、最近踏んだり蹴ったりのスルポン線。乗客の客層からか、このところやり玉に挙がっているので仕方ないですが、お盆とは言え正式にレバラン祝日となっているのは5月12日~16日ですから、ランカスビトゥン~チコヤ間の新興住宅地から通勤している人はどうするんでしょう??一番かわいそうなのはマジャ利用者で、2月のダイヤ改正で当駅の折り返し扱いが廃止されたことで、ティガラクサまで区間短縮、今回の運休区間に・・・。KCIも乗客の反発はわかりきっているため、この件に関するお知らせは、本当にシレっとやってのけました。メディアも全然食いついていない為、利用者も今朝も通常通り駅に行ったら電車が無いと大混乱だったものと思いますが、そのあたりも今のところ伝わってきません。ただ、これも実際には回送扱いで運行されている為、いざとなれば客を乗せることも出来ますので、確認せねばならず、当ブログも朝更新が出来ませんでした・・・。


スルポン線沿線民は苦難の2021年5月です・・・


E0n9Fq1UcAQwqQD
あまりにも突然の決定だった為か、発券済のランカス~ムラク間
のチケットがあるようで、払い戻しに応じるとの案内

昨日お知らせした通り、域内普通列車のプルワカルタ鈍行が運休対象になっていることから、かつてのランカス鈍行が分断されKCIに移管された、バンテン線末端部のランカスビトゥン~ムラク間が運休というのは予想通り(電車と列車を乗り継いで、スマトラ島に渡れてしまうわけですから・・・)でしたが、まさか電化区間も運休になるとは、よほどジャカルタ州政府からの圧力があったのでしょうか。

E0rP0T_UUAMtzYH
一般乗客向けにリマインドされているリリースには
スルポン線ティガラクサ以西運休に関する文言は無く・・・
ランカス~ムラク運休のお知らせは当然掲載されていますが

ランカス
投稿を漁っていくと、UI駅の信号トラブルとジョグジャ地区の
運転計画の間にこっそり書かれています
重要な案内はイメージ画付きで何度も告知されるのですが・・・
これぞ陰湿インドネシア人の骨頂;;

もっとも、それ以外の区間では大きな影響はありません。だいたい同一域内の帰省は認められているわけですから、ジャカルタ首都圏(問題は首都圏が拡大し過ぎて、どこまでをジャボデタベックと見なすか・・・ですよね)内で減便してはかえって逆効果というものでしょう。とはいえ、終電20時台まで繰り上げというのは、昨年の4月~5月のコロナが一番深刻だったころに逆戻り・・・ですね。ただ、この頃は終電を繰り上げる中、日中の特発を実施しており、マニア的には美味しい展開でした。となると、このお盆期間中も、もしかして日中特発があるのか?と期待してしまいますが、時刻表に載らないこともあり、現時点では公式から何らお知らせがありませんので、実際に線路際に立って、朝だけ運用のレア編成が突然やってきたらラッキーと思うしかありません。

しかし、レストランも店内飲食が解禁されて久しく、22時まで営業している(ラマダン中は21時までとからしいですが、従っている店ないですよね?)のにも関わらず、終電が20時に終わってしまっては、落ち着いて食事出来ないですよね・・・。マンガブサルで飲んだくれる方はご注意を。なお、MRTJからは、現時点で何らお知らせは無く、今日も23時台までほぼ平常通りに運行されるものと思われます。これまで、国鉄KCIよりもジャカルタ特別州傘下のMRTJの方が、厳しい制限内容だったにもかかわらず、今回は逆転ですね。ブロックMで飲んだくれる場合、店が22時閉店で終電23時ですから、まあ安全です。MRTJも突如、リリースを打ってくる可能性はありますが。

感染者は右肩下がりで、世間ではコロナなど過去のものとなっているのにも関わらず、ここでまた急な引き締めとは一体?姉妹都市だからと言って、何でもかんでも東京のババアの真似事をしてりゃ良いってもんじゃないんですよ!!

5月6日から5月17日までのKCIの運行計画(始発終電前後の時刻)は以下の通りです。

E0rP2dCVIAIgoI9
ボゴール線、始発は平常通り
終電は特にボゴールからの上りコタへ繰り上げっぷりが半端ないのも去年と同様
上りマンガライ止まりは夜まで(おそらく22時くらいまで?)
存在していますが、省略されています


E0rP4vvVgAIp8kg
ブカシ線 始発は平常通り
チカラン行き最終がコタ発19:51とは・・・こりゃまた早い
普通に会社員も影響しますよね、これ

E0rP8TZUUAABQQ_
問題のスルポン線他
しれっと注意書きも無くランカス行きが消えています
タンゲラン線最終は今回、真面目に?19:33になっていますが、0時過ぎの
マンガライからの送り込み運用は今年は回送化??

E0rQAntVgAE31Kq
第6事業部ジョグロ線
先日、5月中は臨時列車毎日運転!!上下計23本運転!!とアナウンスしていましたが
臨時含めて20本に減少・・・
E0rQCbkVIAMbg8x
ジョグロ線非電化区間
もともと本数が少ないので、特に変化なしですね
※なお、KAIの快速エアポートYIAは全列車運休
快速BIASは一部のみ運転

エクセル版時刻表がアップデートされましたら、またご案内します

◆いつもご覧いただきありがとうございます◆
1日1回のTETSUDO.COMバナークリックにご協力お願いします

鉄道コム

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット